2012年2月28日火曜日

日本公庫のソーシャルビジネス支援

日本政策金融公庫、という現在の名前より、かつて「こくきん」と呼ばれていた国民生活金融公庫の名称の方が今でも浸透しているかもしれません。
 その日本政策金融公庫(略称:日本公庫)は、国民生活事業部門で、現在も小規模事業者と創業者向けの融資を行っています。
 わしは今まで気づかなかったのですが「NPO法人等、ソーシャルビジネス支援」という専用ページが立ち上がっています。(ソーシャルビジネスは、わし的には「コミュニティビジネス」と呼ぶ方がふさわしい気はしますが、一般的にはほとんど区別は意識されていないので、同義とみなしていいと思います。詳しくはこちらを)


 地域の課題を解決するために、地域の資源(地域に住む人材ももちろん、ここでいう地域資源です)を使ってビジネスの手法で行う事業がソーシャルビジネス(コミュニティビジネス)ですが、従来の担い手の中心だったシニア層や主婦層などに加えて、最近では20代~30代の若者にもSB志向が強まっているようです。

 SBやCBにご関心がある方は、ぜひ日本公庫のホームページをご覧ください。
 関連してお勧めするのは、創業期に日本公庫(国民生活事業)を利用した人などの実際の創業事例を紹介しているページ「特色ある創業事例」です。
 金融機関の立場なので、いわゆる「良い話」しか書いてはいないでしょうが、それでもこのような体験談は貴重です。創業・起業を考えている方のケーススタディとしても活用できるのではないでしょうか。

■日本政策金融公庫(国民生活事業)  http://www.jfc.go.jp/k/index.html

0 件のコメント: