2012年6月19日火曜日

すでに完売「鯛まんじゅう」

以前、尾鷲市にある「めでたい屋」こと三和水産の通販で購入した 鯛まんじゅう についてレビューしたいと思います。

この鯛まんじゅう、実は今年の1月ごろ、MBS(毎日放送)系の情報バラエティ番組 ちちんぷいぷい で取り上げられてから大ブレークし、一時は生産が間に合わず入手が困難になっていたという人気商品です。




尾鷲市はマダイの養殖が盛んですが、鯛まんじゅうはその尾鷲産の焼きマダイのほぐし身と、蒸し白菜を、アラから取っただしで味付けした餡が入った蒸しまんじゅうです。
皮は三重県産小麦ニシノカオリを100%使用し、ひとつひとつていねいに手包みして、もっちりふわりとした食感に仕上げられているそうです。
一袋4個(1個40g)入りで、価格は525円。


通販で購入すると冷凍の状態で届きます。食べるときはまんじゅうを凍ったままさっと水にくぐらせ、ラップしてレンジで数分温めるとほかほかの鯛まんじゅうが蒸し上がります。
生臭さはなく、肉まん(豚まん)にくらべるとあっさりとヘルシーです。味付けはやや甘口で、皮はが確かに噛みごたえがありますので、これ1つでけっこうお腹が膨れます。

ところで、ここまでお読みになった方はお気づきのように、この鯛まんじゅうは完全に「冬の商品」です。もう梅雨になり、晴れた日は初夏の日差しが射す6月。このレビュー半年遅れでした。
実際、めでたい屋のホームページを見ても「完売いたしました。来シーズンに又、よろしくお願いします。」と書かれています。

というわけで、このブログを見て食べたくなった方は、恐れ入りますがあと数か月お待ちください。


■ めでたい屋(三和水産)  http://www1.ocn.ne.jp/~medetai/
(現在は、夏のマダイ関連商品がラインナップされています。)

0 件のコメント: