2012年11月12日月曜日

「朝ラーメン」に向ているラーメンは、これ!

最近、朝カレーとか、朝ラーメンとかが流行っているようですが、先日わしが大人買いしてきた東紀州(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)の産品のうち、有限会社モリタが製造している権兵衛ラーメン(乾麺タイプ)の塩味バージョンは、朝ラーメンに最適だと断言できます。

 モリタの麺は、国産のニシノカオリの小麦粉と、おわせ海洋深層水を使って製麺した独特のコシが特徴ですが、塩ラーメンは魚介スープのあっさりしたうま味がさらに引き立つ感じでオススメです。

 ただし、これはインスタントラーメンではなく、麺茹でとスープ作りは別々の鍋でやらなくてはならないので、忙しい朝は不向きです。


 日曜の朝とか、まったり過ごせる時の朝ラーメンにいかがでしょうか。(販売サイト楽天市場「熊野水軍」へのリンクはこちら

もうひとつ、はんわし的にマイブームなのは焼酎の新姫(にいひめ)割りです。焼酎の水割り、お湯割り、ソーダ割りに、新姫の果汁を数滴落とすだけですが、レモンでもなく、ライムでも、シークワーサーでもない、新姫独特の柑橘の香りがわかります。

 このブログでは何度も書いていますが、新姫とはヘスペリジンなど抗アレルギー性の成分を多く含む高機能性の香酸柑橘。
 品種登録により熊野市が独占的な育成者権を持っており、現在、市の主導で栽培農家を増やしており、搾汁やポン酢、キャンディー、アイスクリーム、マーマレードといった関連商品がリリースされています。

 三重県には、宮崎本店(キンミヤ焼酎)、伊勢萬(ステラ光年)といった有名な焼酎メーカーもあるので、こういったところとタイアップして販促できないかなー、なんて思います。

 最後は、毎年この時期に恒例の、尾鷲市のめでたい屋の真鯛ギフトです。

尾鷲市三木浦の美しい海で養殖された尾鷲市の特産である鯛を加工した食品を製造しているメーカーで、鯛一匹を独特の製法でまるごと塩焼きにした「めでたい焼き」が有名です。

 わしが買っているのは鯛めしの素とか鯛茶漬けとかの、わりと日常使いのものなのですが、正直、値段はやや高いものの味は抜群で、大変満足しています。(鯛めしを土鍋で炊いたときはこんな感じでした)

 ただ、いつも惜しむらくは、段ボールに宅配便の伝票がベッタリと貼り付けられてるために、せっかくの凝ったデザインが全然見えないことです。
 伝票をはがしていくと、こんな感じになります。これが届いたときに見えているのと隠れているのと
では印象が全然違うと思うのですが。(めでたい屋のホームページはこちら) 

0 件のコメント: