2012年12月15日土曜日

モクジュ・ブレスレッドを購入してみた

 先日のブログで紹介したおわせカンパニーのオンラインストアを使って、世界遺産・熊野古道の森の尾鷲ひのきを使ったブレスレットであるというモクジュ・ブレスレッドを購入してみました。

 今日、自宅に届いたのでレビューしてみます。(ブログ記事は 2012年12月9日付け おわせカンパニー オンラインストア開店!


  モクジュとは「木珠」、すなわち木の球の意味です。ひのきは広葉樹などと比べ柔らかい樹木であり、微細な製品に加工することが難しい素材だそうで、このモクジュ・ブレスレッドは数珠メーカーとのコラボによって世に出たもので、職人がひとつひとつ手作りしているとのことです。
 オンラインストアで注文したのは今週の火曜日。サイト上の買い物かごから商品購入を決定すると、振込先が書かれた購入確認のメールが送られてきます。

 現時点では支払方法は、ゆうちょ銀行への振込(前払い)しかなく、クレジットカードや代引きは使えません。
 注文翌日、ゆうちょ銀行へ振り込みに行ったのですが、実はここで意外と手間がかかりました。ゆうちょのキャッシュカードを使って自分の口座からおわせカンパニーの口座へ振り替えたら素早く決済できたのかもしれませんが、うっかりカードを忘れて現金で振り込もうとしたらATMが使えず、やむなく窓口に。
 昼休みで郵便局が混んでおり、しかも振込先の口座を読み替えなければならない(窓口の担当者談)とのことで、結局10分近く要しました。手数料も数百円必要です。

 振り込みが完了すると、すぐに入金確認のメールがおわせカンパニーから送られてきます。そして待つこと2日。土曜日の午前中に配達されました。スピーディーです。

 ゆうパックで届いたのですが、袋の裏側にはなぜか「お茶」と書かれていました。はて?


 開けてみると、さらに小さな袋が出てきます。「夢古道おわせ」のシールで封がしてあります。 


 それを開けると、クッション材で丁寧に包まれた商品が現れます。


 よく見ると、枡(マス)が容器になっており、その中に(おそらくヒノキ製と思われる)薄いシートに包まれてモクジュ・ブレスレッドが入っています。


 中身はこんな感じです。
 わしが購入したのは、モクジュ・ブレスレット ミドリという商品で、尾鷲ひのきの木珠の間に、リグナムバイタという木材を使った碧色の小さめの木珠が入っているデザインです。


 実際に手につけると、全体に球の径が大きい(13mm)ので、ややゴツゴツした印象ながら、驚くほど軽く、しかもほのかにひのきの芳香がします。
 白木の仕上げなので、使い込むとだんだんツヤが出てくるそうです。これから長く楽しめそうです。

 実際に手にしてみると、ほんとに小さな木工芸品で、使っているひのきの量も微々たるものでしょう。しかし、確かに尾鷲ひのきの森の保全に役立っている実感は湧いてきます。
 どうせ同じようなアクセサリーを買うなら、おわせカンパニーで、尾鷲の(三重県東紀州の)産品を選んでみるということもありかもしれません。

 ただ、正直言って、おわせカンパニーのホームページ自体は、オンラインストアとしては発展途上である感は否めません。決済手段のことは書きましたが、アイテム数もまだまだ少ないし、ブレスレッドの商品ラインナップの説明文はどれも同じなので、違いがよくわからない点も気になります。(商品の写真は大きく、きれいに撮ってあるので判断材料には十分ですが。)
 また、商品には説明書や納品書が同封されていないので、希望がある場合は事前にショップに伝えておいた方がいいかもしれません。

 もっとも、ブレスレッドにしろ床材にしろ、アイテム自体はオンリーワンで魅力的なので、これらの点を改善すれば、林業とか難しいことはよくわからない消費者にとっても魅力が伝わりやすく、買い物がしやすいショップになると思います。みなさまも一度、ショップをのぞいて見てください。

■おわせカンパニー  http://www.owase-company.com/

0 件のコメント: