2013年7月23日火曜日

吉野家vsすき家「うな丼の戦い」

 昨日の土曜の丑の日あたりから、気のせいか蒸し暑さがぶり返してきたような気がします。
 ふだんはもっぱら牛丼やカレーを食べに利用している吉野家とすき家で、ほぼ連続して「うな丼」を食べたので、食べ比べをレポートしてみます。
 ただし、2食続けて食べると1400kcal近いカロリー摂取になりますので、良い子はマネをしてはいけません。あなたの健康を損なうおそれがあります。

 まず、吉野家ののれんをくぐってみました。
 「夏は鰻丼 夏季限定」と書かれたのぼりが立っており、ものすごく美味そうな鰻丼の写真が載っています。
 蒲焼が一切れ載った並盛が680円なので、みそ汁とサラダが付いたAセット(120円プラス)で注文してみました。
 待つこと1分。出てきたのは驚くべき鰻丼でした。

 
 これです。
 一瞬、うなぎの蒲焼ではない、何か別のものが乗っかっているのかと思いました。
 わしは魚とか干物をよく食べるので、この二等辺三角形の物体を見て、あの「ひもの食堂」で見たようなアジかサバの干物を連想したのです。

 
 
 しかし、食べてみると間違いなくウナギでした。吉野家のサンプル写真をまじまじと見ると、普通の蒲焼、つまり背開きしたウナギを横に短冊状に切った蒲焼ではなく、短冊状をさらに縦に切って(つまり、1/2の短冊に切って)、それを3切れ乗せるデザインになっていることに気が付きます。(リンクはこちら。よーく見てください。)
 わしは運悪く、3切れとも大きさがバラバラで、しかも右端の一切れは尻尾の部分だったので、こんなふうな「川」の字のような盛り付けになったのでしょう。
 
 正直言ってあまり美味しそうな盛り付けではありませんが、味はちゃんとしています。歯ごたえがあって食感が楽しめる感じです。ギリギリ、まあ680円なら許せるか、と思います。同時に「二枚盛にしなくて良かった」という感想も率直に抱きました。
 
 しばらく間をおいて、今度はすき家のうな丼並盛(780円)を食べてみます。やはり、みそ汁とサラダをつけたセット(プラス100円)です。
 待つこと1分。こちらは見た感じがかなりマトモです。蒲焼がどんぶりの左上にずれているのは、最初からこうなっていました。ちなみに、ホームページのサンプルはこんなふうになっています。

 
 すき家の蒲焼はふっくらしていて柔らかく、箸でサクサクと身を割ることができ、食べやすかったです。ご飯にかかったタレがやや多めだったので少々辛くは感じましたが。


 最終的には個人の好みだとは思いますが、わし的には100円高くてもすき家のうな丼が、吉野家の鰻丼に比べて圧勝でした。

 次回の土曜の丑は8月3日らしいので、今度は大観亭とか、はし家とか新玉亭とか、きちんとした鰻屋(津市ローカル情報ですが)で食べてみたいと思います。

0 件のコメント: