2013年9月26日木曜日

尾鷲高速道路開通記念イベント

 尾鷲高速道路開通記念イベントのご案内なるチラシをいただきました。

 三重県尾鷲市は紀伊半島の南東、三重県でも南部に位置しており、リアス式のか複雑な海岸線で熊野灘に面しているため、台風が接近すると必ずテレビで中継されるという微妙なポジションにあります。
 しかも背後には急峻な紀伊山地の山塊が迫っており、つまりは眼前が外洋、背中が高山なので、湿った海風が山の斜面に当たって冷やされ、それが直ちに激しい雨となって降り注ぐ、本州で有数の多雨地帯でもあります。

 このような環境は木の生育には適しており、良質な「尾鷲ひのき」が有名です。また、多種多様で豊富な海産物があり、地理的に他の地域と隔絶され、独特な食文化が色濃く残っていたせいもあって、魚介類の加工品の多様さ、味わいの深さもまた特筆すべきものがあります。

 そのような自然豊かな尾鷲市に、今年、一大革命が起ころうとしています。

 それが、高速道路(紀勢自動車道)の延伸全通と、高規格道路(熊野尾鷲道路)の開通です。

 紀勢自動車道の全通は平成25年度中に予定されていますが、これにより名古屋から2時間程度で尾鷲に来ることができるようになります。しかも、途中の紀伊長島IC以南から尾鷲に至る区間は、いわゆる「新直轄方式」での道路整備のため通行料は無料です。

 さらに、熊野尾鷲道路は、尾鷲市からさらに南の熊野市に至る現国道42号のバイパス道路で、所要時間は何と「半減」され、尾鷲から約20分で熊野市まで、それからさらに40分ほどで、温泉やマグロで有名な和歌山県那智勝浦まで行くことができるようになります。

 そこで、これらの開通を記念して、尾鷲市や尾鷲観光物産協会では、さまざまな記念イベントを企画しているようです。

 このチラシには、うら、おもて、多数のイベントがてんこ盛りで掲載されていますが、これまた驚くことに、尾鷲市や尾鷲観光物産協会のホームページには、このチラシとリンクした内容が一切なく、ここのイベントが散発的に紹介されている状況です。

 それでは、尾鷲市民以外の人はいったいどうやってこのチラシを入手したらよいのか(このチラシの掲載イベントの情報を得たらいいのか)は全く不明で、要するに、本当に外から観光客に来てほしいのか来てほしくないのかがよくわからないのですが、それが尾鷲の秘境たるゆえん、人を寄せ付けない気高さと奥ゆかしさの象徴でもあるので、尾鷲に関心がある一部のマニアの方に、チラシの内容をべた打ちにしてネットでリリースしたいと思います。
(ただし、もう終了しているイベントは除きます。)



1 尾鷲まるごとスタンプラリー
 開催期間 2013年10月1日~2014年3月31日
 尾鷲市内の飲食店や宿泊施設でスタンプを押印してもらい応募すると、抽選で豪華賞品が当たるそうです。
 ちなみに、1等は「尾鷲まるごとヤーヤ便」(年4回配達)が3名に当たります。

2 第1回尾鷲旬のコツまみバル
 開催 2013年11月2日(土)12時~24時
 5枚つづり(前売り5千円)のチケットを購入し、市内の割烹料理、居酒屋で1フード+1ドリンクが楽しめるというもの。まあ、最近はやりのイベントですが、尾鷲はユニークな飲み屋が多いので、これはわし的には期待できると思います。

3 第10回おわせ海・山ツーデーウォーク
 開催 2013年11月16日(土)、17日(日)
 世界遺産である熊野古道をはじめ、市内の歴史と自然が満喫できるウォーキング大会。2日間で各3コース、計6コースが設けられており、日程や体力に合わせてチョイスできます。
 わしも何年か前に参加したことがありますが、けっこう楽しいです。参加費大人1500円。
 くわしくは、こちら

4 魚まつり
 開催 2013年11月2日(土) 時間不明。
 尾鷲魚市場にて、体験競り市、マグロ解体ショー、おさかなタッチプールなどを開催。

5 第28回全国尾鷲節コンクール
 開催 2013年11月3日(日) 時間不明。
 尾鷲市民文化会館せぎやまホールで、全国から尾鷲節(民謡)の愛好家が集結。歌い手全国一を競う。参加費大人3000円。

6 尾鷲ヒノキふれあいフェスタ
 開催 2013年11月9日(土) 10時から15時。
 三重県立熊野古道センターにて、尾鷲ヒノキ火鉢製作体験(要予約)や、製品展示など。

7 おわせの海教室
 開催 2013年11月23日(土)
 ブリ養殖場でえさやり体験、海博士から尾鷲の魚や漁について学ぶ、干物づくり体験などの参加体験ツアー。日帰り。旅行代金7000円。要予約。

8 第27回尾鷲磯釣大会
 開催 Ⅰ部 2014年1月4日~2月9日  Ⅱ部 2月23日
 市内各磯にてグレ、チヌなどの大きさを競う大会

 ほかにも毎月第1土曜日の午前、尾鷲魚市場で開催している「尾鷲イタダキ市」なんかもありますが、省略します。
 というか、今気が付いたのですが、第10回とか、第28回とか、毎年やっているイベントで、別に高速道路開通記念イベントではないんでは・・・・・。

■問い合わせ先
 尾鷲市役所商工観光推進課 0597-23-8223
 協同組合 尾鷲観光物産協会 0597-23-8261
 
 
 

2 件のコメント:

まろ さんのコメント...

たまたま開通後のイベントを羅列しているだけですね。なんの戦略性もない。
しかも観光協会のHPにもこのチラシの情報がない。
おっしゃるようにいったい誰に向けたチラシなのか、たぶんそういう議論をしていないのが見え隠れします。

半鷲(はんわし) さんのコメント...

 もうこのブログでは何十回も書いているのですが、どうして尾鷲観光物産協会はマスコミにリリースした記事や市内で配っているチラシの内容をホームページに転載しないのでしょうか。なぜこのひと手間が掛けられないのか本当に不思議でなりません。
 せっかく尾鷲の良さをがんばって情報発信しているのに「もったいない」としか言いようがないです。(まさに戦略性がないのです)