2013年10月21日月曜日

これ、なんだ?

 これ、何を写したものかおわかりでしょうか?

 

 
 知っている人は当然すぐにピンと来たことでしょう。
 三重県熊野市の特産品であり、三重県指定伝統工芸品でもある、那智黒石です。
 那智黒石は、和歌山県の那智勝浦で産出する石だとよく誤解されていますが、実は三重県熊野市の神川町一帯でしか採掘されない硅質頁岩(けいしつけつがん)であり、独特の深い黒色が古来から珍重され、高級なすずりや碁石、置物などに加工されていました。
 
 那智黒の碁石を作るためには、頁岩の原石を板状に薄く割って、その板から小さな円盤状に碁石をくり抜きます。その小さな円盤を扁平な球形に磨き上げると完成するわけです。
 
 この写真は、碁石をくり抜いた後の「副産物」の那智黒石で、先日わしが行った、鬼ヶ城センターの販売コーナーで展示されていたものです。

 
 色違いのおしゃれな棚に展示されていて、なんだか垢抜けた感じがしました。
 この那智黒石の板は特定の呼び名がないらしく、商品説明にも「碁石を取った後の副産物」と紹介されています。
 価格は1枚、何とたったの315円(税込み)です。


 
 天然のものなので、大きさや形状、厚みはバラバラです。穴も効率よく抜きやすいように抜いてあるため、やはり数も、位置もバラバラです。つまり、同じものは二つとありません。
 
 わしも選びに選んだ挙句、1枚購入しました。
 レジの方に聞いたところ、価格が安いせいもあるのか案外よく売れているそうで、使い方も、鍋敷き、瓶敷きといった単純なものから、花活け、庭のオブジェ、盆栽鉢代わり、などアイデアしだいでいろいろ考えられるそうです。
 
 那智黒石の製品は種類がさまざまあって ~最近は熊野三山のシンボル、八咫烏(やたがらす)のノベルティなんかもあります~ 値段もピンきりなのですが、この「副産物」はまた別の意味で熊野らしい、産地である熊野市でしか入手できないものなので、皆様もお土産にいかがでしょうか。
 
 ところで、これ、どう使おうか??
 
 
■鬼ヶ城センター ホームページ  http://onigajyo.mie.jp/
 

0 件のコメント: