2013年10月30日水曜日

おととがプレリニューアルオープンへ

 尾鷲市にある「おわせお魚いちば おとと」が、9月下旬から行っていた、食堂、売場、厨房、トイレ等の改装工事を終えて、11月2日(土)にプレリニューアルオープンすることが、東紀州(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)の地域ポータルサイトである 東紀州ほっとネットくまどこ で告知されています。(リンクはこちら

おととは、尾鷲市の特産品(鮮魚、干物、練り物といった水産加工品やお菓子、尾鷲ヒノキの木工品など)の売店と、簡単なフードコートが一体となった施設であり、要するにドライブインと考えればいいでしょう。

 国道42号沿い、高速道路(紀勢自動車道)尾鷲北ICと、自動車専用道路(熊野尾鷲道路)尾鷲南ICとの中間地点にあって、周囲にはコンビニ、スーパー、ホームセンター、回転すし、マクドナルド、パチンコ屋などが集積しており、その中で「おとと」は事実上、尾鷲市の「道の駅」の役割を果たしていると言えます。

 スケジュールは
11月2日(土)~4日(月) 11:00~
 おとと(三重県尾鷲市古戸野町2-10 電話:0597-23-2100)にて、生マグロ試食会、マグロ解体ショー、即売会
・店内試食会:11時より、先着300名様にビンチョウマグロ(トンボシビ)を提供。
・鮮魚コーナー:11時より、随時、解体ショー、生マグロブロック・冊の即売会。
・おわせ食堂:11時より、良栄丸の生まぐろの他に尾鷲の地魚などお好みの魚が楽しめる『がいな丼』(500円)を販売。他、マグロ丼・マグロ漬け丼、マグロご飯・マグロ握寿司などの販売。

 となっています。

 この中で、「良栄丸」とか「まぐろ」などとあるのは、「おとと」の運営会社である中堅水産会社の尾鷲物産(株)が先般新造したマグロはえ縄漁船のことで、グアム沖での3回目の操業を終えて10月30日に尾鷲港に帰港することを受けてのもののようです。
 以前このブログにも書いたように、水産会社が新たに遠洋漁船を建造して、漁獲から加工、販売までを一貫して行い、高付加価値の商品市場に参入することは全国的に見ても比較的めずらしいことのようであり、熊野灘に面してリアス式の長い海岸線を有しており、海産物が豊富な尾鷲に、新たな「尾鷲マグロ」のブランドを作る試みとして業界からも注目されています。

 「おとと」のホームページによれば
 迷った!今ここにいるけど、あと何時間ぐらいで着く?など・・・わからないことがあれば、お電話下さい。
 とのことであり、尾鷲市は高速道路の延伸によって名古屋方面からのアクセスが劇的によくなっているので、地理感に不安な方も安心して向かうことができるようです。

 この連休は、尾鷲市をはじめ、東紀州にお出かけしていただいてはどうでしょうか。

■おわせお魚いちば おとと  http://e-ototo.jp/

(補足)
 それにしても、「おとと」のリニューアルのニュースが自社ホームページより先に、くまどこに載るというのはヘンではないでしょうか・・・
 あと、プレリニューアルって何だ? プレということは、また後で別に本格リニューアルするっていう意味? それとも尾鷲の方言?

0 件のコメント: