2013年11月22日金曜日

熊野を贈る。


 誰だかわからないのですが、今週のはじめ、わしの留守中に職場に届けてくれた人がいたようなので紹介しておきます。
 三重県熊野市で特産品の開発・生産・販売を行っている 熊野市ふるさと振興公社 がお歳暮商戦向けに作った「熊野を贈る。」というカタログです。

 今や全国的に名前が広まりつつある 熊野地鶏 や、熊野市でも山間部にある紀和町で飼育されている 紀和のきじ 、さらに、熊野市が品種登録しており熊野市内でしか栽培されていない香酸かんきつの 新姫(にいひめ) などを原料としたお歳暮用の加工品がたくさん紹介されています。

 セットものなので、実際に価格はかなりお値打ちなようです。カタログの内容はWebでも見ることができるので、ちょっと気の利いた目新たしい食材 ~しかも、安全、安心な~ を探している方は、ぜひご覧になってみてください。



■熊野市ふるさと振興公社 熊野を贈る  http://www.kumano-furusato.com/shop/oseibo.html

 ここからは蛇足。
 ご記憶の方もいるでしょうが、熊野市は平成23年9月1日から4日にかけて紀伊半島南部を襲った大型の台風12号によって、河川の氾濫、土砂崩れなど甚大な被害をこうむりました。
 2年経ってかなり復旧はしていますが、それでもまだところどころに爪あとが残っていると聞きます。

 もちろん、ふるさと振興公社はこんなことは言いません。なので僭越ながらわしが言うわけですが、熊野市から物産を購入することは、これを通じて地域が経済的な対価を得られ、間接的に復興を支援することにつながります。このようなこともほんの少し頭の片隅に置いていただければ、と思います。

0 件のコメント: