2013年12月31日火曜日

大切な、このレトロメモリー

 平成25年、2013年もいよいよあと数時間で終わろうとしています。
 先輩たちから聞いていた、年齢を重ねると共にだんだん月日の経つのは早く感じられるようになるというのはまったくの真実で、月並みですが本当にあっという間の1年でした。

 個人的には、仕事は正直言ってそんなに忙しくなく、現場に出たり、セミナーや勉強会に出たりする機会が多く、たいへん有意義な、インプットの一年でした。
 しかし、恥ずかしながら、以前のブログに書いたように生まれて初めて突然の片頭痛に襲われたり、暗いところで細かい字がいよいよ見にくくなってきたりと、体力的には明らかにとっくにピークを過ぎ、今や下り坂を順調に加速しているようなスピード感に苛まれ出した一年でもありました。
 いずれにしろ、未来は予測不能なので、まずはリアルに、自分と、家族と、そしてまわりにいる友人・知人の皆さんのご多幸とご健康をお祈りしたい(もちろん、そのための努力もしたい)と思います。

 年の終わりに、この曲、capsule(カプセル)の「レトロメモリー」を聞きたくなりました。





 中田ヤスタカ氏はマルチな天才で、まさに時の人といった感じです。一発屋の匂いがどこかした、Perfumeや、きゃりーぱみゅぱみゅ(さん?、ちゃん?)もNHKの年末の歌番組に連続出場するなど押しも押されもせぬ大スターになっています。彼女らをプロデュースしている中田さんの才能は本当にすごいと思います。

 しかし、わしが好きなのは、もう10年近くも前にアルバムを買った、この曲です。モダンジャズ風の4ビートのアレンジですが、なんだか不思議な歌詞、サウンド、そして映像です。(音声にはご丁寧にレコード盤のようなスクラッチノイズが入っています)
この時はまだ中田さんもこしじまとしこさんも20代前半だったはずなので、若いこの二人がイメージする「レトロ」とは、黒くて、真ん中に穴があいていて、針を落として聞くレコード盤や、電球のようなオレンジ色の照明や、そんなイメージなのかなあ、つまり昭和だなあ、と不思議な感慨に打たれたものでした。

 では、どちら様もよいお年を。
 

0 件のコメント: