2014年2月8日土曜日

創業フォローアップセミナー&起業家交流会 in 桑名

 桑名商工会議所が主催した、創業フォローアップセミナー&起業家交流会 in 桑名に行ってきました。
 これから起業・創業をめざして商工会議所の「創業塾」を受講した方や、起業後間もない方、さらには起業家を支援する立場のコンサルタントや金融機関関係者などが一堂に会して交流するイベントで、おりから雪の降り続く中、ざっと50~60名が会場のくわなメディアライブに集まっていました。

 内容は盛りだくさんだったのですが、メインイベントはセミナー冒頭の、桑名出身で居酒屋「てっぺん」の創業者である大嶋啓介さんのミニ講演会(15分間!)と、それに続いての大嶋さんと伊藤徳宇桑名市長とのパネルディスカッションだったでしょう。
 全国で数多くの起業・創業を支援しているコンサルタントの武田秀一さんのコーディネートで行われたのですが、歯切れよくサクサク進行していき、この人たちは短時間でもきっちりポイントを押さえる、「時間の使い方がうまい人たちだなあ」とまず感心しました。

 ディスカッションのテーマは、
1.桑名は創業(起業)しやすい環境か? その環境を整えていくには何が必要か?
 についてと、
2.地元を良くするために自分たちにできることは何か?
 という2つでした。

 1については、伊藤市長から「桑名はまちもコンパクトであり、人のきずなやつながりが強い地域であって、このような風土は企業環境としては望ましいもの」とコメントがありました。
 大島社長も、人のつながりが強いことは同意したものの、良いことは良いふうにすぐに伝わるが、悪いこともすぐに伝わってしまう点は商売には怖いことである、みたいなことをおっしゃっていました。(時間切れで、これ以上深まらなかったのが惜しまれます。)
 また、市長からは、起業環境を整えるには行政の役割が重要であるが、それは補助金を出すというようなことでなく、起業家を必要な人にマッチングしていくような「コーディネート機能」を果たしていくことだ、という発言もありました。

 2については、大嶋社長から「三重県内の小学生にアンケートしたところ、将来の夢があると答えた子供は49%しかいなかった」との問題提起があり、この理由は、こども達の前で親や周りの大人たちが疲れているから、と分析し、解決のためにはこの会場にいる起業家たちが進んで、仕事は楽しい、大人になって社会で活躍できるのは意義のあること、と身をもって示すことだ、という熱い発言がありました。大嶋節炸裂という感じで、「てっぺん」の朝礼は非常に有名ですが、確かにこの人には人を引きつける魅力があると思いました。
 伊藤市長もそれを受けて、自分が市長に就任してから桑名市の小中学校の教育目標を「子供たちが夢を持ち、その夢の実現に向かって努力できるようにする」ことに設定したという話があり、地元を良くするには、小さなことでもいいので、皆が具体的な行動レベルで何かに取り組もう、と結論付けられました。

 コーディネーターの武田さんのコメントにもあったように、三重県内では桑名を始め、四日市、鈴鹿、津、松阪、伊賀、伊勢などで創業塾などが開かれており、どこの市でも「官と民が一体となって起業創業を支援する」ということが枕詞になっています。しかし、桑名のように市と商工会議所がきっちりとタッグを組んでいるところは実は多くありません。ましてや市長が自ら起業家のイベントに参加する例は、わしの知る限りほとんどありません。
 桑名市は、先日施行された「産業競争力強化法」の目玉の一つである、市区町村による創業支援事業計画についても、早々に国に認定申請をしているとのことで、積極的なバックアップの姿勢が大変注目される自治体だと思います。

 パネルディスカッションの後は、起業家によるプレゼンテーション大会と、出展ブースでの事業紹介が行われました。いろいろ興味深いビジネスが発見できましたが、

・NPO法人 子どもアイデア楽工(がっこう)  https://www.facebook.com/kideagakko
 廃校になった校舎(多度西小学校)を活用し、子どもたちが「想像力と創造力」を身に着けるための気付き教育プログラムを提供する。

・伝統アーツマネジメント ジパング舎   http://zipang-sha.com/
 お琴や尺八、三味線などの和楽器を使ったコンサートやイベントの企画・実施、楽曲のネット配信を行う。

 なんかが面白そうと思いました。

 いろいろな方と出会え、日々の仕事でマンネリになり錆びついたアタマがほぐれていくような有意義なイベントでした。主催された桑名商工会議所とご尽力された方々に感謝申し上げます。また、参加された起業家の皆様のご隆盛をお祈りしたいと思います。
 

2 件のコメント:

まろ さんのコメント...

興味深いイベントでしたね。
雪と別件でいけず、
どのような内容であったか知りたかったのでありがたいです。
当市では行政にほとんど見受けなれない視点なので、やっぱり首長次第ということもありますね、会議所との連携も含め・・・。

半鷲(はんわし) さんのコメント...

 わしが見るところ、創業支援に関して言えば、桑名市と松阪市は市と会議所の連携が比較的うまくいっているところだと思います。
 しかし、桑名は伊藤市長、そして実際に起業し成功している大嶋さんという二枚看板があって、一歩リードといったところでしょうか。会場はたいへん熱気があって、エキサイティングでした。