2014年11月4日火曜日

熊野の天空の城「赤木城」に行ってみた

 熊野市紀和町にある、国指定史跡 赤木城跡 に行ってきました。
 「城跡」というぐらいですから、天守閣や櫓、御殿といった建物は一切残っておらず、ただ石垣が残るのみです。
 しかしながら、築城当時の郭(くるわ。お城のレイアウト)がほぼそのまま残っていることや、中世の山城から近世の城郭へと移り変わる過渡期の特長を持っていること、さらに、標高240メートルの丘の上にあって、さながら「天空の城」と呼ぶにふさわしい迫力ある景観を持っていることから、一部のマニアの間で高く評価されている城跡でもあります。わしにとっても初めての訪問でした。

 赤木城跡への行き方です。熊野市街から国道311号で紀和町方面へ向かいます。熊野市からいったん御浜町に入り、風伝トンネルを越えるとすぐ右方向に、世界遺産丸山千枚田への大きな看板が出ているので、そこを右折します。
 そこから約4kmほど、丸山千枚田を越えて道なりに進むと、「赤木城跡」の左折看板があります。



 そこをさらに進むこと1kmほど。赤木城跡への右折の看板があります。(この写真は反対側から撮ったので、左方向に曲がる絵になっていますが、丸山千枚田方向から来ると右折です。)
 

 ここを1kmほど走ると、赤木城跡がどーんと目に入ってきます。
 高さ4mくらいある大きな看板があって、周囲は駐車場。トイレや自販機もあります。


 熊野市街からここまで、約40分です。
 駐車場から見上げると、こんな感じ。秋も深まってきたので木の葉が落ち、見通しが良くなっていますが、真夏にはもっとうっそうとしているのでしょうか。


 赤木城跡は貴重な史跡であったものの荒廃がひどく、平成4年から国や県の補助を受けて整備を行い、平成16年に現在の姿に修復されました。
  看板があるあたりが入口で、ここから階段を登っていきます。
 

 赤木城の建設には、築城の名手と言われた藤堂高虎が関わっています。
 幾多の実戦をかいくぐって体得した築城技術には定評があり、赤木城におけるもっとも「高虎らしい」部分が、主郭(天守閣)への入口に当たる「虎口」(こぐち)と呼ばれる部分です。


 虎口は城攻めの際の要所となるため、敵の侵入を防ぐのに通路を何度も折り曲げてあるとのこと。今は石垣だけしか残っていませんが、ここには両側に櫓と塀があって、攻め込んできた敵を挟み撃ちにする構造になっていたようです。
 赤木城の虎口はジグザグに折れ曲がっているうえに、二重になっており、下段の虎口には階段もなく、味方はハシゴで上り下りしていたのではないかと推測されるとのことです。(そのためか、見学者用には木の階段が設けられていました。)

 そこを登っていくと、やっと主郭に到着です。
 これも受け売りですが、赤木城の石垣は近世の城郭のように反りがない、野面乱層積(のづららんそうづみ)とよばれるものです。しかし、この主郭の四隅は算木積(さんぎづみ)と横矢掛(よこやがかり)の工法が使われているそうで、これも珍しいものだそうです。



 主郭には立派な石柱が建っており、桜の木がたくさん植えられています。
 ここにどんな天守閣があったのでしょうか。もしくは、あくまで実戦的な城であったため、天守閣のような目立つ構造物は元々なかったのでしょうか。

 ここからは、東の方向に赤木の集落が見下ろせます。ススキの穂が陽を受けて黄金色に輝いており、野焼きの煙が風にたなびいていました。


 北、西、南とも、山また山。見通す限り十重二十重に山並みが連なっています。


 なぜこんな山奥に、こんな大きなお城が?と不思議でしたが、説明版によると、赤木城の麓にある田平子峠は、十津川街道と北山街道が通る交通の要所でした。
 しかも、この辺りは古来から銅など鉱山資源にも恵まれており、刀鍛冶が盛んであったほか、森林資源も豊富であって、戦略上、非常に重要な場所だったのです。
 
 16世紀末、豊臣秀吉が推し進めた検地を、この付近の村民が拒否して紛争になったことから、これを鎮圧、統治するために高虎が派遣され、この城が築かれたとのこと。
 江戸時代に入ると、紀州藩の苛政に反発したこの付近の村々一帯で一揆が起こります。いわゆる北山一揆ですが、これは徹底的に弾圧され、処刑者は300人以上にものぼったそうです。彼らが処刑されたという田平子刑場の跡地もこのすぐ近くにあるそうです。

 そのような血なまぐさい歴史などまるで嘘のような晴天、そしてのどかで、静かな、山里の光景でした。
 ここは、熊野市の観光スポットしておススメです。丸山千枚田や紀州鉱山資料館、湯の口温泉などに来られた方は、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 赤木城跡のグーグルマップはこちら


■近江の城郭  紀伊赤木城  (非常に参考になりました。作者の方に感謝いたします。)

0 件のコメント: