2014年12月22日月曜日

近大マグロはなぜモテるのか

 コンビニでふと、エースコックのカップラーメンを見つけました。

  スープのダシに「近大マグロ」の中骨を使っているという触れ込みのラーメン(近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン)です。

 近大マグロは、近畿大学水産研究所が卵を孵化させ、その稚魚を成魚まで育てて、さらにまたそれから卵をとる、というサイクルの養殖技術が完結している、いわゆる「完全養殖」の技術で育てられています。
 従来から養殖マグロというものはあるのですが、これは稚魚は海で捕ってきて生かしたまま蓄養場の生簀に持ち帰り、成魚になるまで育てるやり方でした。

 なので近大マグロは、ブロイラーとか肉牛とかと同じように、いわば工業製品的に生産し出荷できることが最大の特徴です。
 すでに近大マグロ専門のレストランは大阪・梅田と銀座にオープンしており、身(肉)も全国のデパートやスーパーで販売されています。
 しかしまさかラーメンまで出てくるとは思いませんでした。さっそく食べてみることにします。


 ふたをめくると、「卒業証書」なるものが印刷されています。


 ダシは液体で別の袋に詰められています。これをカップの中からいったん取り除いて、熱湯を注ぎます。(3分待つ間、ダシの袋はふたの上に乗せて暖めておくそうです。)

 3分経過。ダシを開けてみるとドロドロした茶色の液体です。


 よくかき混ぜます。当然ですが近大マグロは中骨がダシに使われているだけなので、身はまったく入っていません。このことはわざわざカップに注意書きとして印刷されています。


 味は、まあ、いわゆる「マグロラーメン」とでもいうべきか、鶏がらベースやとんこつベースのこってりしたスープでなく、澄んだあっさり系のスープ。はっきり言って普通の味です。
 もっとも、わしはダシが近大マグロだと聞いていても、それが判別できるほど味覚が繊細ではないので、まあ、この味は近大マグロの味ですか、そうですか、で終わってしまう感じです。
 ただ、若干塩辛いような印象は持ちました。近畿地方(関西)ならもっと薄味でも良いのでは?と思いました。

 わしは職業柄、地域産品の企画や開発にはわりと関心があるほうだと思っています。
 地域特有の農産物や水産物、林産物を加工して、食品やメニューを開発する動きは全国各地で熾烈な競争になっています。
 差別化のためには、それら特産品の特徴や効能を生かすことも大切で、地域にある大学などと共同で、その知見を借りて商工業者が開発を行う、いわゆる「産学連携」も割と普及している分野といって良いでしょう。
 この連携もその典型だと思いますが、望むらくはエースコックのような大企業でなく、地域の中小企業が大学などと連携して新商品を開発する、ご当地発の産学連携商品が生まれてくることです。

0 件のコメント: