2014年12月23日火曜日

マルキ商店「骨までやわらか」鯵みりんを食べてみた

 先日、三重県紀北町で開催されていた 年末・きいながしま港市 で、マルキ商店の 骨までやわらか 鯵(あじ)みりん という商品を買ってきましたのでレビューしてみます。

 鯵みりんとは、アジの干物の一種で、醤油やみりんなどで作った調味液にアジを浸してから干す製法による「みりん干し」という種類の干物のことです。
 わしは、干物といえば塩味のものが一般的だと長らく思っていたのですが、紀北町を含む三重県東紀州地域(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)では、アジやサバ、サンマ、カワハギなどといった魚の干物はみりん干しが多く作られており、干物屋さんに話を聞いてみると、「うちのイチ押しは、みりん干しやなあ」と答える方が多くいらっしゃいます。
 それは、調味液がまさに他店と差別化できる、自店の「秘伝のタレ」だからで、多くの干物屋さんは独自のブレンドレシピがあり、中には醸造業者とタイアップしてタレを特注しているところもあるようです。

 さてこの、骨までやわらか 鯵(あじ)みりん ですが、これは単なる干物でなく、すでに調理済、すなわち焼かれた状態で冷凍されており、所要時間電子レンジで温めると、焼き立てのみりん干しが食卓に上るという趣向の商品です。調理済の干物で、レンジで温めて食べるものは今ではそこそこ見かけることも多くなっています。しかし、実はこの商品、さらにもうひとひねりがあるのです。


 マルキ商店のホームページによると、ここは、近年の消費者が食事であまり魚を食べない、いわゆる「魚離れ」現象を深く憂慮しており、消費者、中でも子供たちが「魚には骨があって食べにくい」ことが理由で敬遠していることから、骨も一緒に食べられる水産加工品の開発に取り組んできたとのこと。
 その結果、大手ボイラーメーカーの協力の下、高圧蒸気により魚を骨まで加熱することで、小骨が気にならず、しかも魚本来の味を損なわない加工技術を確立したそうです。

 この、骨までやわらか 鯵(あじ)みりん もその開発の成果の一つらしく、パッケージには「三重県産の鯵の頭、内臓、尾を除去し、調味液に漬け込んだあと、高温蒸気で加工しているので、骨まで軟らかく丸ごと食べられる」という特徴が書かれています。

 で、実際に食べてみました。
 商品自体は冷凍なので、さらに出すとこんな感じで凍っています。


 これにラップをかけ、電子レンジで加熱します。
 500Wで4尾なら2分、8尾なら4分が目安のようです。
 しかし、わしは袋から出すときに手元が狂い、5尾出てしまいました。こんな時は2分30秒くらいなのかな、と思い、加熱。
 すると、こんな感じになります。みりん干しなので身が醤油色をしています。


 食べてみると、確かに骨まで軟らかく、小骨の違和感というか異物感はまったくありません。これなら子供やお年寄りも安心だと思います。
 ただ、わしはうっかり600Wで加熱してしまったため、ややパサパサした食感になってしまいました。この点はレンジによっても異なると思うので、最初は短めに設定してテストしたほうが良いでしょう。

 このブログ、はんわしの評論家気取りの大きなテーマが地域産業の振興についてです。
 現在、全国各地で特産品開発や地域資源活用による産業振興が進められています。なので、これ自体は大きな盛り上がりを見せてはいますが、先の衆院選のテーマが「アベノミクスの恩恵が地方に波及していない」ということだったように、地方はバブル期以降、何度も政府が莫大な財政出動をして中小企業の商品開発を支援していますが、そのほとんどは人口減少や高齢化を食い止めるほどの効果を生んでいません。

 この原因の一つは、日本は自然が豊かな国であるため、農産物、水産物、林産物は全国どこでもそれなりの品質のものが産出されるので、地域産品も全国似たり寄ったりで差別化できていないということです。
 差別化のためにはターゲットが明確な商品開発は必須といってよく、その意味ではマルキ商店は、魚離れのくい止め、そのために柔らかい商品を作る、というポイントが明確です。
 このような、特長のある商品は、ぜひビジネス的にも成功してほしいと思わずにはおれません。マルキ商店では通販もやっているようなので、関心がある方は購入されて見てはいかがでしょうか。
(ちなみに、わしはきいながしま港市で、3袋1000円で購入しました。これは特価みたいで、実際には400円前後のようです。)

■三重県・海の郷 紀北町 マルキ商店ホームページ  http://mie-marukishoten.com/

0 件のコメント: