2015年1月15日木曜日

はんわしの通販生活(その1)

 年末年始にかけて、三重県内、特に東紀州地域(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)の産物を通販購入していました。
 そこで、おすすめのものをいくつかレビューしてみます。

 まずは、尾鷲市にある真鯛(まだい)専門の水産加工会社、めでたい屋(三和水産)の「めでたい屋 直送便」です。


 尾鷲市はリアス式の複雑な海岸線で熊野灘に面しています。内湾は波が静かであることから魚の養殖に適しており、めでたい屋がある三木浦地区は養殖真鯛の一大産地として有名です。
(グーグルマップはこちら


 めでたい屋といえば、年末の風物詩とも言える「めでたい焼き」が有名です。
 養殖真鯛を一匹、尾頭付きで焼き上げたものですが、腹には国産ワカメが詰められており、その風味が独特の食感を生んでいる一品です。お正月のお祝いや、結婚式、還暦祝い、お食い初めといった慶事の席には最適なのですが、モノが立派な鯛だけに比較的高価なことと、わし個人的に不祝儀などもあったので、単品をチョイスしてバラ買いしました。

 箱を開けてみるとこんな感じ。
 冷凍品と冷蔵品だったので、発泡スチロール製の箱にドライアイスと共に密閉されていました。


 購入したのは、

・ほぐし身の鯛めしの素

・新姫と恋をした鯛だしぽん酢

・真鯛の塩麹みそ漬

 の3品でしたが、今日は「ほぐし身の鯛めしの素」をフューチャーしてみます。


 めでたい屋の鯛めしの素は、以前にもレビューしたことがあります。
 基本的に、鯛の出し汁と切り身がセットになっており、通常の三合炊きの要領でお米を研ぎ、水に出汁を加え、お米の上に鯛の切り身を乗せて、そのまま炊飯器で炊くという作り方です。
 炊き上がってから、しゃもじで鯛の切り身をバラバラにほぐしながらかき混ぜて、十分に蒸らせて完成、という流れになります。(以前のブログはこちら

 しかし、炊き上がってから混ぜるのが面倒、とか、鯛の背の部分だけでなく腹身も入れてほしい、と言ったような要望もあったようで、今回の「ほぐし身の鯛めしの素」が新発売されました。
 要するに、鯛の身がすでにほぐされているだけのことですが、その分手軽に使えるのと、切り身ではないので腹身も含めた鯛の全身の身が使われているようなので、ややこってりした食感になっています。


 盛り付けてしまうとこんな感じで、通常の鯛めしの素とまったく違いはありません。
 ただ、スーパーで売っているような安価な鯛めしの素とは味も香りもまったく違います。価格は3合用が875円なので、まあそこそこ良い値段ですが、これは絶対におススメです。
 めでたい屋の商品は下記のホームページで通販購入できます。
 
■東紀州ほっとネット くまどこ ショッピングモール めでたい屋 (こちらをクリック

■めでたい屋(三和水産)ホームページ  http://owase-medetaiya.com/index.html


0 件のコメント: