2015年2月22日日曜日

職撮・・・働く姿をフォトブックに

 先日、あるきっかけで、四日市市を拠点にこれから本格的なビジネスを始めようとしている起業家の方(サンワークス 代表 山中祐さん)と知り合いました。
 ビジネスの内容は、仕事で輝いている瞬間をフォトブックで残す 職撮 というサービス。これがなかなかおもしろい内容だと思ったのでご紹介します。
 「職撮」とは、要するに人が働いている時の、職場や現場で撮ったフォトブック(写真帳)を作るサービスです。単純なビジネスですが、これに価値があるとわしが感じたのは、次のようなストーリーがあるからです。
 自分の仕事に対する想いは人それぞれです。仕事は「生活の糧」と割り切っている人も大勢いるでしょうが、どんな人でもその仕事で輝いている瞬間があるはずです。
 それは、作業に打ち込む時の真剣な表情であったり、接客の最中の最高の笑顔かもしれません。そしてそれらは、おそらく普段の生活では家族でも見ることができない表情かもしれません。
 しかし、仕事の最中の写真を残すことはそうそう誰にでもできることではありません。職務中ですし、仕事によっては企業秘密もあって、たとえ社員であっても個人で撮影をしたり、上司から撮影許可をもらうことはなかなか難しいことです。
 そこで、仕事中の「勇姿」にスポットを当て、企業からの依頼を受けてフォトブックを作成するサービスが、この「職撮」というビジネスです。



 具体的には、企業とスケジュールを調整し、半日から三日間、カメラマンが社員に密着して撮影を行います。
 できるだけ多くのシーンをリアルに撮影することで、その人が仕事で輝いている時の表情や仕事の様子をドキュメンタリー風に記録していきます。
 撮影はあくまでも「ありのまま」の姿の撮影であり、取材ではないので、その人(モデルさんというべきでしょうか)は業務を通常通り行って差し支えありません。
 また、もし撮影許可が必要な取材先である場合はサンワークス側で交渉してくれるとのことです。
 
 サンワークス 山中代表が言う「職撮」のアピールポイントは

1.PR効果
 部外者が普段はうかがい知ることができない仕事の内容が見られ、仕事のやりがいがアピールできることから、社員の新規採用に活用できるツールとなる。

2.意欲向上効果
 家族や友人などにフォトブックを見せることで、本人のモチベーションがアップする。

3.組織力向上効果
 全社員を対象としたフォトブックも作成可能であり、社員の会社への帰属意識、貢献力を向上させられる。

 という3つがあります。

 また、たとえば定年退職とか引退される方への記念としてや、入社1年目、勤続10周年目といった節目に記念として会社が作成し、社員にプレゼントすることも考えられます。もちろん、会社の創立周年記念などでも大変ユニークな記念品となるでしょう。

 気になる費用ですが、半日~1日の撮影プランで、ハードカバー上製本、スクエア版20ページのフォトブック1冊が、撮影・製本込みでモデル一人5万円から。
 3日間の密着撮影プランでは、 ハードカバー上製本、ワイド版28ページで30万円。1日間の全社員向け撮影プランでは、30名まで10万円とのことです。

 もしご関心がある方は、サンワークスのホームページで詳細をご覧ください。

■サンワークス   http://sanworks.jp/

 なお、この職撮というビジネスプランは、三重銀行と三重銀総研が行っている「みえぎんビジネスプランコンテスト」において2014年度のグランプリを受賞しています。(三重銀行へのリンクはこちら

0 件のコメント: