2015年3月26日木曜日

三重の小さなまちから働きかたを考えるプロジェクト

地域資源バンクNIU
 三重県多気町にある株式会社地域資源バンクNIUが、働き方フォーラム2015「若者よ、地方を目指せ」を開催するそうですのでメモしておきます。

 NIUの持つ問題意識は、食(農水産物)や住(木材)に関連する資源は、本来、生命維持に欠かせないものであり、したがってその産地は日本にとってとても重要な地域。しかし、農山漁村は多くが疲弊しており、生産者から流通、最終マーケットまでを含めて、捉えなおす時代にあるのではないか、というものであり、西井勢津子代表が平成22年に創業した会社です。

 具体的には、地域資源プロデュース事業、都市と農村をつなぐコーディネート事業、コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス起業支援事業、Iターン・Uターン支援事業などを行っており、今回の働き方フォーラム2015は、求職中の人とか、Uターン・Iターンを検討中で求職中の人を対象に、田舎を目指す若者が求める仕事と働き方とは何か、をテーマに実施されるものです。
 フォーラムの概要は以下をご覧ください。

●日程:平成27年5月6日(水・振替休日) 14:00~17:00

●会場:みえ市民活動ボランティアセンター イベント情報コーナー

●プログラム:
 【第1部】講演「徹底解明、田舎を目指す企業と人びと」
        大南信也氏(NPO法人グリーンバレー理事長)

 【第2部】パネル「働くことは生きること(仮)」
      パネリスト
        大南信也氏(NPO法人グリーンバレー理事長)
        伊東将志氏((株)熊野古道おわせ支配人)
        大越元氏(日本仕事百貨ライター)

●定員:70名(先着順)

●参加費:無料

◎詳細な内容及び申し込みフォーム  http://niu-mon.com/event/event-1130

 プログラムを見る限り、非常に興味深い内容であり、かつ、このテーマに関して高い知見を持つ第一人者ばかりなので、これが無料で聞けるというのは大変貴重な機会です。
 Iターン・Uターンを考えている方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 なお、NIUのホームページによれば、5月6日のフォーラムは全体構想の「ステップ1」とのことであり、ステップ2として6月には働き方デザイン研修×「働く」現場見学ツアー×交流会(定員20名)が、さらにステップ3として、7月には 合同企業説明会「隠れた田舎のすごいお仕事展」が予定されているそうです。

0 件のコメント: