2015年6月18日木曜日

わさび納豆を食べてみた

 和歌山市にある納豆メーカー、(株)豆紀の「わさびで食べる納豆」なる変わりダネ納豆を購入してみました。

 納豆には、ほとんどの場合、タレ(しょうゆ)とカラシが付いています。しかしこれは発泡スチロール容器に小分けされた ~実際は発泡スチロール容器の中に蒸した大豆と納豆菌を入れて、後で納豆になるので、納豆を小分けしているのではないのですが~ スタイルで売られるのが一般的となったここ30年ほどのことで、昔は納豆にカラシを入れる習慣は必ずしも一般的ではありませんでした。

 しかし、結果的に全国に広まったのがカラシだったというのがポイントで、日本の香辛料の双璧の一つ、「わさび」はほとんど納豆とのマッチングからは阻害されていました。
 まさに発想の転換ですが、果たして納豆にわさびは合うのでしょうか。


 わさびで食べる納豆の構成はまったくシンプルです。
 パックを開けると、いきなり鮮やかなグリーンの「わさび」の小袋が目を惹きます。


 小袋にはわざわざ「納豆用わさび」と書いてあり、確かにチューブ型のわさびのように弾性が強くなく、しゃぶしゃぶとしたわさびです。

 納豆のタレと一緒によくかき混ぜ、ごはんに乗せるとこんな感じ。


 見た目はほとんどわかりませんが、あつあつのごはんの上に乗せると、かなり強烈なわさびの刺激臭が漂います。
 これはかなり要注意だな・・・と思いつつ、箸で一口食べてみると。

 むせます。

 ごはんの熱でわさびの刺激が喉を直撃し、咳が出そうになります。
 炊き立てのごはんには乗せないほうがいいです。

 冷めるのを待ってから改めて食べてみると、これはそこそこ美味しいです。わさびのほど良い香りと、ほのかな甘みを感じます。個々人の好みはあるかと思いますが、食べ慣れた毎日の納豆がちょっと別のメニューのように感じられることでしょう。毎日はどうかと思いますが、月に1回くらいはわさび納豆もいいかなーと思います。

 なお、わしは以前にもこんな変わりダネ納豆を食べました。

●旨辛ラー油納豆(豆紀)  http://hanwashi.blogspot.jp/2010/10/blog-post_03.html
 
●根こんぶ納豆(あづま食品)  http://hanwashi.blogspot.jp/2014/08/blog-post_6.html

●おかめ納豆コンソメ風味  http://hanwashi.blogspot.jp/2014/03/blog-post_17.html

●伊勢ひじき納豆(奥野食品工業)  http://hanwashi.blogspot.jp/2014/11/blog-post.html  


■株式会社 豆紀  http://www.mameki.com/

0 件のコメント: