2015年6月25日木曜日

紀北町・始神テラスにはホームページがない

  以前もこのブログに書きましたが、紀勢自動車道 紀北パーキングエリア内の「地域振興施設」である 始神テラス が、いよいよ今週末、6月28日(日)にオープンします。

 当日は朝8時40分からオープンイベントが開かれ、太鼓演奏、商業施設「キホクニヤ」のプレオープン、始神テラス・愛称命名者表彰式、種まき権兵衛おどり、もちまきなどが行われるそうです。
 地域にとっては悲願とも言える施設であり、イベントはきっと盛大に行われることでしょう。(イベントには高速道路から会場内への乗り入れはできず、紀北町役場からの無料シャトルバスを利用していくことになりますのでご注意ください。)

■紀北町ホームページ  始神テラスがオープンします 6月28日(日)

 始神テラスのオープン自体は喜ばしいことで、わしも運営の成功を願わずにはおれません。しかしながら、またまた、ここ紀北町をはじめとする東紀州地域(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)の観光施設、特に行政が建設したり運営に関わっている施設の、ある種の「必敗のセオリー」ともいうべき現象が始神テラスでも見られることには、いやーな予感を抱かざるを得ません。

 それは、メディアミックス戦略のなさ、いや、戦略だの何のと言う以前に、ホームページがないという、外部からの誘客施設にとって信じがたい致命的な欠陥を抱えていることです。

 考えてみれば当然のことです。

 よそからやって来る、紀北町に関して特別に深い予備知識のない、つまりは大多数のごく一般的な観光客にとって、「始神テラス」という固有名詞はまったく知られていないし、これから知られていくとしても広く浸透するには数年かかることでしょう。

 多くの人は、テレビや新聞などで報じられるのを見て、興味を持って、まずはインターネットで調べるはずです。
 始神テラス、と正確に検索キーワードが打てる人は少数です。紀北テラスとか、神テラスとか断片的な記憶で検索する人が多いでしょう。
 最も多いのは、紀北町サービスエリア とか、紀勢自動車道サービスエリア と検索する人のはずです。今こう検索すると、どんな結果が出るでしょうか。ぜひ試してください。

 せっかくテレビでオープニングを知っても、中がどんな施設なのかを知ることはできません。ホームページがないからです。
 一般的に、施設はオープンする時が一番マスコミに露出するので、通常なら1か月以上前にブログなどで建設工事の様子や、ショップの品揃えが充実してくる様子、レストランの試食会の様子などの事前情報をアップして、場を温めておくというPRを行います。
 実際に、最近の(わしが知る限りの)東紀州の観光施設では、2年前の鬼ヶ城センターのリニューアルや、これも同じくらい前の尾鷲市の「お魚いちば おとと」のレストランのリニューアルはこのようなネット戦略でした。
 地域外に住む観光客は、南海日日や紀勢新聞、中日新聞くろしお版などは見ることがないので、テレビで放映されたタイミングにネット情報が入手できなければ、その施設はこの世に存在しないのも同じなのです。ホームページがないことで、いったい何百万円の機会損失になっていることでしょうか。

 この、地域外への情報発信の鈍感さは、上述のように、東紀州地域に広く見られる現象です。奇妙なことに、そのわりに「地域外からたくさんの観光客に来てほしい。」などと言うのです。これはまったく矛盾した、言行不一致な態度です。

 高速道路なのだから、走っていれば始神テラスがあることはわかるはずで、その時に立ち寄ってくれればいいではないかという考え方もあるでしょう。しかし、道路構造上、これは困難です。
 始神テラスがある紀北パーキングエリアは、始神トンネルと新道瀬トンネルの中間にあり、尾鷲方面から北進する上り車線では始神トンネルを出てすぐ、名古屋方面から南進する下り車線では新道瀬トンネルを出てすぐにPAへの導入車線が始まります。
 紀南新聞が書くように、このように導入路が短距離なため、時速70キロで走っている場合なら、わずか9秒から10秒で通過してしまう距離であり、トンネルを抜けた時点で急にPAに入ることにしたドライバーが急ブレーキを踏んで左に進入しようとする可能性があり、今後、追突事故が多発することすら予想されているのです。非常に鋭い、そして重要な指摘です。(紀南新聞 導入レーン付近 追突に注意 紀勢自動車「紀北PA・始神テラス」 6月25日付け

 ネガティブなことを書いて気が引けますが、このような地理的制約がある場所に立地している始神テラスであるからこそ、事前のネットを活用したPRが最重要になるのです。
 関係者の方は、残念ながらこのことを理解していません。


<追記>
 始神テラスのホームページがひっそりとオープンしていました。
 http://hajikami-terrace.com/

 しかし、内容はまだ工事中でまったく案内になっておらず、とにかく大急ぎで間に合わせたという感じです。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

結局、運営母体の危機感の欠如だと感じます。
売上がなくても運営できる施設なんでしょうね。
地域振興が目的なのかな。
商品を卸している地元業者さんからの反発がなければいいですね。

半鷲(はんわし) さんのコメント...

 先日、始神テラスに行ってきたので、その様子をアップしました。
 地元のお客さんが圧倒的に多いようでした。