2015年6月6日土曜日

2015年サミットの伊勢志摩開催が決定

 来年、日本で開催される予定の主要国首脳会議の会場が三重県志摩市になることが決定しました。
 サミットの誘致にあたって志摩市は、広島市や軽井沢町といった他の候補地に比べてはるかに遅い今年1月に名乗りを挙げました。
 このような状況だったにもかかわらず志摩市に決定したのは、安倍首相が言うように志摩市の近くに日本の伝統的精神を象徴する宗教施設・伊勢神宮があることのほかに、会場となる志摩観光ホテルが離島(賢島・かしこじま)に立地していて警備がやりやすいことなどが理由でしょう。また、地元三重県では、前安倍内閣の時に官邸スタッフをつとめていた三重県の鈴木知事が積極的に働きかけたことが大きな理由とも信じられています。
 三重県は風光明媚な観光地や豊かな食材、伝統工芸品など多くの良いものがあるのに、知名度が低いがゆえに経済振興に結び付いていない、という危機意識を持ち、「三重県のセールスマン(営業部長だったか?)」を自認する鈴木知事にとって、サミット誘致成功は今後の観光振興などにつながる大きな政治的成果であり、この点では確かに彼の着眼点や手腕は優れています。
 一方で、政治家、知事としての鈴木さんは、自然環境・生活環境の保全とか、高齢者対策をはじめとした福祉行政などに関してほとんど関心を示さず、県庁組織のマネジメントやリーダーシップにも力不足が見られ、県民の間では、41歳という若さや経産官僚出身という経歴を生かした、経済政策に特化した「パフォーマンス知事」というイメージが強いのも事実です。



 以前このブログにも書いたように、今回のサミット誘致も地元志摩市を中心とした県内からボトムアップで要望が上がってきたのでなく、鈴木知事と首相側近とのパイプから唐突に降りてきた話のため、地元にはサミット待望論はほとんどなかったし、今も関心は高くありません。政治的な意味合いは大きいサミット開催が、実際に地元伊勢志摩地域や三重県にどのようなメリットを生むのか、また逆にどのようなデメリットがあるのかがよく見えないことは今後の大きな課題でしょう。

 警備がしやすいという地理要件も、サミットを会場のみに囲い込んでしまうことにつながり、地元市民などと各国首脳が交流する機会も限られてしまうかもしれません。
 他の国のサミットでは、会場周辺はさまざまな要求を掲げるデモ隊が全世界から押し寄せてきて大混乱となるので、これを避けることを優先したわけですが、「世界標準」の開催イメージからすると、民衆と首脳を隔てる閉鎖的なサミットと評されるかもしれません。

 また、サイバー面を含め日本のテロ対策は他の先進国に比べて優れているわけではありません。嫌なことを書きますがテロリストが全精力を傾けてテロの標的にしてくるのは間違いなく、この警備と、それに求められる住民の協力は相当なものになることでしょう。

 一方の、メリットとして知名度が全世界的になることは間違いありません。
 残念ながら志摩市をはじめとする伊勢志摩地域の観光施設はグローバル対応が遅れており、外国語対応スタッフの育成やWifi環境整備、ユニバーサルデザイン化などは緒に就いたばかりです。これらの育成、整備は急務となります。
 また、オール三重県で考えると、北部を中心に自動車や電気電子などの製造業が多い産業構造でもあり、たとえば警備やイベントなどに活用できるドローンの技術開発や用途開発、また、多言語の自動翻訳機能の開発といった次世代型の技術革新を実現し、サミットを通じて情報発信していくことも有用かもしれません。 

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

初めてのコメントです。いつも拝見しております。サミット開催については、はんわしさんがおっしゃる様に課題とチャンスの両面があります。チャンスの部分をいかに広げていくか、についてこれからトップの能力が問われますね。はんわしさんがおっしゃる様にマネジメント能力は甚だ疑問ですが。。(発表速報がテレビで流れた際、記者がとまどうほど職員の拍手、喜びは少なかったです。私も含めて)

匿名 さんのコメント...

職員で喜んでるのは雇用経済の人間ぐらいじゃないのかな
また、サミット誘致のPTはありますが、絶対的に人が足りないんで各部から人ださせるんでしょうね

匿名 さんのコメント...

コメントを書いた後に県のHP見たら、6/8付の人事異動のお知らせが出てました。
当然と言っちゃあれですが、雇用経済にサミット推進局作るんですね。

半鷲(はんわし) さんのコメント...

 コメントありがとうございます。
 まあ決まってしまったから仕方がないとも言えますが、せっかくの情報発信の機会ですので、せいぜい我々も協力していくということではないでしょうか。
 喜んでいる職員って、雇用経済にいるのでしょうかね? 担当部署を知事直轄や総務部などにしなかったのは、サミットを(広島のように)政治的なメッセージは発する機会でなく、あくまでも観光振興という「経済政策」と位置付けていることの意思表明と思います。

イセオ さんのコメント...

現実にこの週末は各マスコミが伊勢志摩を取り上げました。このPR効果は凄いものです。サミット本来の開催目的と誘致した地元との思惑がずれるのは仕方ないことで三重県は三重県でしっかり協力していけば良いのでは。

半鷲(はんわし) さんのコメント...

イセオ様
 コメントありがとうございました。
 わしはサミット開催に反対なのではなく、ベクトルを合わせるために一定の課題があることを書きたかったのです。
 この1週間で三重県のマスコミへの露出度が高まったのは事実で、そのメリットを十分に生かすべきことは当然だと思います。