2015年8月12日水曜日

みえぎんビジネスプランコンテスト2015

 三重銀行と三重銀総研が、三重県や愛知県内の起業家の創業や、既存経営者の新事業展開(はんわし注:いわゆる「第2創業」)を促進し、そのビジネスプランの実現をサポートする目的で、みえぎんビジネスプランコンテスト2015 を開催しています。
 このコンテストは、新規性と独創性に富み、今後大きな飛躍が見込まれるビジネスプランを掘り起こし、優れたビジネスプランを表彰するとともに、三重銀行グループが事業化に向けたサポートを実施することにより地域経済の活性化に繋げることを狙いとしており、過去の受賞者からは多くの起業家が生まれています。

 創業・第2創業を行うのは、会社などの企業のほかNPOも対象となっていますので、地域資源を活用し、地域課題をビジネスの手法で解決していく事業である「コミュニティ・ビジネス」も支援していることが大きな特徴です。

 受賞者に対しては賞金が贈られるほか、三重銀行グループが最大1年間にわたって事業化のためのサポートを行います。ビジネスプランのブラッシュアップといったコンサルティングに加えて、三重銀総研ホームページ上での事業プロモーションや三重の特産品販売サイトである「リージョネット三重」を活用した販路開拓支援、さらに融資制度の活用などの支援もあるので、三重県で創業・起業を目指す方はぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか。


 詳しくは、三重銀総研の関連ホームページをご覧いただくとして、概要は以下のとおりです。

●スケジュール
(1)ビジネスプラン募集
 2015年8月3日(月)~11月13日(金)正午
(2)受賞者発表
 2016年2月
(3)表彰式
 2016年3月
(4)事業化サポート実施
 受賞者の中から希望者を対象にビジネスプラン実現に向けた事業化サポートを最大1年間実施。(2016年4月~2017年3月)

●応募資格
(1)創業の予定者で、原則として、三重県または愛知県内に本社を置く意思がある方
(2)原則として、三重県または愛知県内に本社を置いて、新事業展開(新分野進出)を予定している法人(中小企業及びNPO等)と個人 
(3)創業、あるいは新事業展開(新分野進出)後5年以内で、原則として、三重県または愛知県内に本社を置いている法人(中小企業及びNPO等)と個人

 なお、実際にこのコンテストで表彰を受け、創業、第2創業をした事業者の例はこちらです。

1)株式会社サンワークス (2014年度グランプリ受賞)
 仕事に従事している姿にスポットをあて、職場での活動記録を主軸 とした撮影サービスである「職撮」を展開。写真はフォトブックにして、社員表彰などに利用することもできる。
 ホームページはこちら  http://sanworks.jp/
 なおこのサンワークスは、以前このブログでも取り上げました。リンクはこちら

2)株式会社PlanB(訪問看護ステーション しらゆりケア) (2014年度準グランプリ受賞)
 経験豊富なスタッフが24時間緊急連絡体制で対応する訪問看護ステーション。地域の医療機関、介護施設等と連携し、利用者からその家族までの包括的なサービス・支援を実施している。
 ホームページはこちら  http://planb-shirayuri.com/

0 件のコメント: