2015年8月18日火曜日

熊野大花火2015

 南紀の夏の風物詩である、熊野大花火が本日開催されています。わしはテレビ鑑賞中です。




 考えてみれば、もう6年も実地には行っていません。
 高速道路ができて会場の熊野市への交通アクセスは良くなっているのですが、なかなか日程が合わないのと、七里御浜桟敷のあの殺人的な混雑と暑さを考えるとき、本当に感動的な素晴らしい花火大会であることはわかっていても、なかなか足を運ぶ決断ができません。


 熊野大花火は本来はお盆のご先祖供養、つまり追善行事であり、観光的な側面が強くなってきたのは戦後になってからだと聞いたことがあります。
 盛大にやるのはもちろんいいことなのでしょうが、もう少し混雑を平準化したり、天候不順を ~今年も本当は昨日(8月17日)の予定だったものが、天候の問題で本日の開催に延期された~ リスクヘッジする意味でも、複数日に渡って開催するとかはできないものでしょうか? 無理か・・・。


0 件のコメント: