2015年8月4日火曜日

めでたい屋「鯛入り冷や汁」を食べてみた

 三重県尾鷲市で、特産の養殖マダイ(真鯛)を使った加工食品を製造・販売している めでたい屋 こと三和水産(株)の2015夏限定商品「鯛入り 冷や汁」を購入したので、食べてみました。
 冷や汁とは白身魚やその干物などを焼き、骨や皮を取り除いて身をほぐし、それを出し汁や味噌汁などに混ぜ、薬味と共にご飯にかけて食べるという、主に夏のメニューのことです。食欲が出ない暑い盛りにサッパリと食べられるほかに、魚の栄養もしっかり取れるので、日本各地の漁村には郷土食としてこのメニューが伝わっている地域も多いようです。
 めでたい屋の冷や汁は、焼鯛の身と、香りのいい麦味噌とコクのある麦味噌2種類、煎りごまをすりあわせ、表面を香ばしくなるよう焼いて作ったものだとのことです。


 冷や汁は冷凍され、和紙風のパッケージに入っています。一人前(160g)×2袋入り。


 外袋を開けてみると、こんな感じ。


 食べる前に、冷蔵庫又は流水で解凍します。このままご飯にかけてもいいのですが、パッケージには「お好みできゅうりの輪切り、みょうが・青しそ・しょうがの千切り、きざみなぎなどの薬味を乗せるとさらにおいしくいただけるようです。

 で、わしとしても一手間かけようということで、きゅうりと青しそを加えてみました。


 ごはんに掛けるとこんな感じ。
 基本的に味噌汁と同じなので、ごはんには浸透してしまい、薬味と焼鯛のほぐし身、すりゴマなどが上に残ります。


 よくかき混ぜて食べると、これがウマい!
 大変サッパリしており、意外に塩味が聞いていますが、鯛の風味とゴマの香りが口に広がり、猛暑の今、大変ありがたいメニューだと思いました。
 わしは、もうちょっとゴマがあったほうが良い気がしたので自宅のゴマ擦り器で追加しましたが、これは好みによるでしょう。パッケージには「豆腐をくずして入れてもおいしいですよ」とあり、ホームページには「そうめんにぴったり」とありますが、これは多分どちらもそうだと思います。生卵とも合うかも・・・・

 税込で一つ650円。通販でも購入できるようなので、ご希望の方はホームページをご覧ください。

■めでたい屋(三和水産) 季節のおすすめ品

0 件のコメント: