2015年10月25日日曜日

伊勢まち「ちょいぐる」に行ってみた

 伊勢フードサービス協会などが主催し、伊勢商工会議所などが共催した 伊勢まち ちょいぐる に行ってきました。(10月23日から25日の間のイベントなので、このブログをアップする時点では、すでに終了しています。)
 ちょいぐるとは、「ちょいと気楽な感じに、おしゃれなお店をチョイスして、ぐうっとグルメをみんなでわいわい楽しんじゃおう!」という内容ですが、要するに、伊勢市内の参加店で期間中に使えるクーポン券が発行され、お客はこのクーポンでおトクに食事をしたり、買い物ができる、というもので、わりと全国的に取り組まれているイベントです。(一般的にこのイベントは何という名称なのかはわしもよく知りません。どなたかぜひご教示を!)
 ちょいぐるのクーポンは3500円で4枚つづり。(前売りだと3000円)
 1枚875円相当なので、お客としてはこれ以上のプレミアムが付いたメニューやサービスを期待したいところです。
 クーポンを買うと、今回、ちょいぐるに参加した58店のお店の名前と場所、そしてクーポンが何に使えるのかが書かれたパンフレットがもらえます。参加店は比較的、駅前とか、商店街の周辺に集まってはいますが、レストランから居酒屋から焼肉屋から、お菓子屋から花屋から、さまざまな業種があり迷ってしまいます。


 若干ややこしいのは、お店によってちょいぐるをやっている時間帯が違っているので、最初にあの店で食べ歩きして、次にこの店でいっぱい呑んで、と自分なりに段取りを考えても、サービスを提供している(ちょいぐるのクーポンが使える)時間が違っているので、思い通りにならない部分がありました。

 一応、伊勢市の商業界、観光業界あげてのイベントということで、JR伊勢市駅前の広場には特設の案内所が設けられていました。(鳥居の左側のテントです。)


 わしもクーポンを購入したのですが、せっかくなので、しばらく行ってないお店や、行ったことがないお店に初めて行くのに使ってみることにしました。

 最初に行ったのは、JR伊勢市駅近くにある精肉店の 松阪肉めし勇 です。
 このお店はわしが子どものころからここにあるのですが、たしか昔は食堂もやっていたような気がします。で、おそらく数年ぶりにお店の近くに行ったら、すっかり新築され、新しい店舗、それも精肉専門店にリニューアルされていました。


 めし勇は、松阪牛コロッケ8個セットか、めし勇コロッケやミンチカツなど11個セットのどちらかが選べます。


 わしは11個セットのほうにしました。クーポンを1枚渡すと、その場で揚げてくれ、アツアツを持ち帰ることができます。家で食べましたが、めちゃめちゃうまかったです。

 夜は、外宮参道にあるレストランの QUEEN DINER(クイーンダイナー) に行ってみました。このお店には入ったことがありませんでした。
 ちょいぐるのサービスは、グラスワイン一杯と、キッシュかラタツゥイユのどちらかがセットというもの。これもめちゃ美味しかったです。
 せっかくなので、他のメニューも頼んでみることにしました。揚げ物系、グリル系、煮込み系、なんでもあり、パスタもあればピラフもカレーライスもあるという間口の広いお店。
 シェフにおススメを尋ねたところ、期間限定で「伊勢志摩の鮮魚のクリビヤック」を勧められました。みなさんはクリビヤックって知ってましたか?


 こんなんです。店内が暗いのでうまく写真が撮れませんでしたが、けっこう大きな一皿です。
 クリビヤックとはもともとロシア料理で、白身魚とゆで卵の薄切り、ホウレン草、お米を層にして、パイ生地で包み焼きしたものだそうです。シェフによると、最近放映されたテレビドラマ「天皇の料理番」にも出てきたメニューらしく、今、関心が集まっている料理とのこと。
 サカナの形をしたパイにサクッとナイフを入れると、具(というのか?)がぎっしり詰っていて、やや甘口のソースに絡めて食べると、これがウマイ!
 わしは生まれて初めて食べましたが、毎月はキツいけど、3か月に一度くらいは食べてもいいような料理です。ぜひみなさまにもおすすめします。(期間限定だそうなので、お店に問い合わせたほうがいいかもです。)

 というわけでちょいぐるを堪能したわしでしたが、あらためて伊勢の街の食に関する懐の深さを再認識しました。伊勢にはクイーンダイナーをはじめ、フランス料理店、イタリア料理店、これらが混合したいわゆる洋食屋さん ~欧風料理というのか~ が異常に多いのです。それぞれ特徴があるので、観光で何度か伊勢に訪れた方も、あらためてレストラン食べ歩きなんかすると楽しいかもしれません。
 また、市民にとっても、わしみたいにしばらく疎遠になっているとか、まだ入ったことがないお店を訪れるいいきっかけになるでしょう。
 ちょいぐるの次回を、ぜひ期待したいと思います。

■伊勢まち ちょいぐる 公式ホームページ  http://ise-machi.co.jp/choiguru/ 

2 件のコメント:

イセオ さんのコメント...

一般的かどうか分かりませんが新聞には”町バル”と書かれていました

半鷲(はんわし) さんのコメント...

イセオさま
 ご教示ありがとうございました。