2016年6月9日木曜日

安値ミクスってなに?

 日経MJに2016年上期ヒット商品番付が掲載されていました。(6月8日付け)
 加齢とともに年々情報感度が低下していることを実感するはんわしですが、東の横綱の「安値ミクス」はさすがにまったく聞いたことがありませんでした。
 これはどうもMJの造語らしく、低価格が強みの小売店が好調だったり、外食チェーンでも値下げが相次いでいるなど、安倍政権によるインフレ誘導政策の失敗が誰の目にも明らかとなってきたことをMJが皮肉ったもののようです。
 安値ミクスが横綱というのも?ですが、西の横綱の「マイナス金利特需」もわしには?です。
 住宅ローンの金利が低下するとか、デパートや旅行会社の積立サービスが大人気だなどは商機と言えば商機なのでしょうが、マイナス金利政策は本質的に金融システムへの毀損行為です。回りまわっていつかは、消費者も経営者も苦境に陥れるのはほぼ明らかなのに、これが本当にヒット商品なのでしょうか。


 まあそれはさておき、この番付でわしがまったく知らなかったものや縁がなかったものを挙げてみます。まあ、わし個人のメモみたいなものなので読み飛ばしてください。

・スター・ウォーズ
 前評判の割に映画はヒットしなかったのでは、と思います。わしの周りに子供がいないためかもしれませんが、スター・ウォーズに熱狂しているファンというのをわしはまったく目にしませんでした。
 映画というメディアで、マスコミがブームを作り出すというプロモーションは、完全に曲がり角に来たという印象がわしにはむしろ強いものでした。

・若冲展
 東京都美術館で開催され、人気が白熱して入場まで日によっては500分待ちさえ出たという超人気の展覧会だったそうです。わしも見たいのはやまやまですが、美術館で待つのは京都国博の鳥獣戯画展で凝りました。

・おそ松さん
 「おそ松くん」と「おそ松さん」はどう違うんや、と聞いて嫁から思いっきりバカにされました。

・グッジョバ!!、ザ・フライング・ダイナソー
 知りません。心臓に悪いし。USJの入場者がディズニーシーを抜いたというのはスゴイと思いますが。

・嫌われる勇気
 何だか「いかにも」なタイトルなので全然読んでいません。135万部も売れているんですねえ。ちなみにわしはいまだに「火花」も読んでいません。

・AbemaTV
 知らない。まったく知らない。スマホで動画なんて見ないし。

・宇良
 大相撲の十両力士で「技のデパート」と呼ばれるヒトらしい。わしは相撲もほとんど見ないので知らない。だいたい「宇良」って何て読むの?

・次世代たばこ
 JTが新発売した「ブルーム・テック」なる蒸気たばこらしいのですが、吸っている人っているんでしょうか。タバコはやめましょう。

・東京防災
 東京都が都民に無料配布した防災ブックで、23万部出荷したとのこと。しかしこれって「東京ローカル」なのでは・・・ 都民以外の日本国民の商業活動に関係あるのか。

 ヒット番付はこんな感じですが、わしにとって興味深く思われたのは、「ブームが終わりそうなもの」について言及されていたMJの記事です。
 メッキがはげそうなのは地方創生だろう、ということでしたが、わしも同感です。参院選が終わったらその瞬間に地方にカネをばら撒く必要性は失われるので、地方に対しては交付金の削減などの緊縮策と、国民に対しては政府から直接「買い物奨励金」をばら撒く、というように、つまり「ばら撒き」に違いはないのですが、地方自治体を通さないばら撒きが多くなるのではないか ~つまり、地方創生というスキームの中で制度化されたものではなくなるのではないか~ と思います。


 

0 件のコメント: