2016年7月26日火曜日

三重県庁でポケモンGO!

 この週末は日本全国がポケモンGOで「大フィーバー」していました。
 わしは、いわゆるスマホゲームなどは、まったくやったことがなかったヒトなのですが、さすがにこれほど世間が騒いでいると、これは自分もやらないと取り残されるのではないかという奇妙な焦りと、ポケモンなら幼児向けだろうからわしでも操作可能なレベルなのではないかという期待から、ダウンロードして町なかに出、なんだかんだで何匹かモンスターをゲットしてしまったほどです。

 そんな中、伊勢新聞に 県庁でもポケモン探し 庁内「歩きスマホ」を警戒 という記事が載っていました。(7月26日付け)
 これによると、三重県庁の敷地内には「ポケストップ」と呼ばれるゲーム上のポイントがあって、この記者は、ゲームを持つ若手県職員と県庁の敷地内を探索したところ、ポケモンを捕獲する際に使う「モンスターボール」を入手できたとのことです。
 県庁前に架かる橋もポケストップとなっているほか、県庁から目と鼻の場所にある偕楽公園にはポケモン同士を戦わせることができる「ジム」があり、こうした情報はSNSで共有されて、週末は高校生など多くの人が県庁周辺で歩きスマホをしていたとのことです。

 不思議なのは、なぜ三重県庁にポケストップがあるのかです。

 ご承知の方も多いでしょうが、ポケモンは三重県と因縁浅からぬものがあります。
 現在のポケモンの原点である「ポケットモンスター 赤・緑」というゲームソフトを平成8年にプロデュースし、それ以降すべてのポケモンソフトのプロデューサーを務める石原恒和氏(株式会社ポケモン代表取締役社長CEO)は三重県鳥羽市出身なのです。
 このご縁があってか、鳥羽市の観光施設である鳥羽一番街などでは例年、夏休みにポケモンのイベント(スタンプラリーとか)をやっているし、伊勢市では三重交通の電気バスがピカチュウの全面イラストで走っていたりします。

 しかし、この記事によれば、ポケストップは別のゲームで利用者が提供した情報を元に(任天堂が?)決めているそうで、県庁にある一部の施設がこのゲームで「芸術品」として扱われていた可能性があるため、この場所になったのではないかということです。

 7月25日の登庁時間帯には複数の県職員がこの場所の前で立ち止り、ポケモンGOに興じる姿が目撃されたとのことですが、ここは県庁の建物内から見下ろせる場所であるためか、昼休みや退庁時にスマホを向ける姿はなかったそうです。
 今のところ庁内で事故やトラブルは起きていないものの、全国でポケモンGOに熱中する人による転倒や、立ち入り禁止場所への侵入、さらには交通事故なども頻発していることから、県の庁舎管理部局は「歩きスマホはせず節度を持って楽しんでいただきたい。」と呼びかけています。

  

0 件のコメント: