2016年8月4日木曜日

Startup Weekend が三重県で

Startup Weekend Mie
 StartupWeekend(スタートアップウィークエンド)がこのたび、三重県で初めて開催されます。
 スタートアップウィークエンドとは、2007年にアメリカ・シアトルで始まったもので、週末、金曜日の夜から日曜日の夜までの54時間をかけて開催される、スタートアップ(起業)の体験イベントです。
 起業や創業は地域経済のプレーヤーの新陳代謝を促して、地域を活性化し、イノベーションも創出します。このため、全国各地で起業を志す人への支援が行われていますし、国や地方自治体も多額の税金を投入しています。

 しかし、これらの支援は「創業塾」のようなセミナーや交流会といった方法が多く、座学中心になりがちでした。
 これに対してスタートアップウィークエンドは「起業をリアルに経験できる」ということが特徴で、日本でも運営を行うNPO法人が立ち上がっており、すでに北海道から沖縄まで25都市で開催の実績があるとのことです。
 では、実際のスタートアップウィークエンドはどのように行われるのでしょうか。


 スタートアップウィークエンド(SW)のホームページによると
1)SWは金曜の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。
2)ハスラー、ハッカー、デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。
3)ハスラーはマネジメントとビジネスモデルの検証を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当して顧客開発に臨みます。
4)土曜の午後には、起業家や専門家によるコーチングを受けることができます。
5)日曜夕方に審査員の前でチーム毎にプレゼンを行い、ビジネスモデル/顧客検証/ユーザーエクスペリエンスデザイン/プロダクト達成度を軸に、審査が行われます。
 ということです。

 うーん、わけがわからない。というか、これって自動翻訳か?と思うほどの悪文です。ピッチって。

 これではせっかくの有益なプログラムだというSWも、地方などでは広まらないのではないか・・・と思わざるを得ません。
 そのためか、三重県初のSWを開催する四日市市にあるインキュベーションオフィス ビズ・スクエアよっかいち では、54時間の本番をわずか2時間に凝縮した「体験プレイベント」を開催し、まずはプレイベントで体験!そして、SWって何なの?を直接、やさしいオーガナイザー(はんわし注:これがワカランっちゅうねん!)に聞いてみよう!、ということだそうです。
 SWや、起業・創業、第二創業に興味・関心のある人ならだれでも無料で参加可能で、特に学生は歓迎だそうです。

日時:平成28年8月20日(土) 14時~16時
場所:ビズ・スクエアよっかいち(四日市市栄町1番11号 くすの木ビル)
オーガナイザー/ファシリテータ:浅野仁志氏/マツモトサトシ氏
タイムテーブル:
 14時~:スタートアップウィークエンドの概要説明
 14時半~:ビジネスアイデアゲームを体験!
   SWの初日の夜に行うビジネスアイデアゲームを一緒にやってみましょう!
 15時10分~:質疑応答
   オーガナイザーがすべての質問にお答えします!
申し込み&もうちょっと詳しく、は https://swmie.doorkeeper.jp/events/50236

 たいへん有意義なイベントですし、わしも行けそうなら行きたいと思うのですが。
 しかし、こういうイベントに出ていると、いよいよ県庁を辞めるのか、とみんなから聞かれるしなあ・・・

3 件のコメント:

まろ さんのコメント...

仕事のリスクや生活の安定の問題はあると思いますが、とても自由になれると思います(笑)

半鷲(はんわし) さんのコメント...

まろ様、カンベンしてくだせえw

まろ さんのコメント...

その機会が来ることを楽しみにしております\(^o^)/