2016年10月12日水曜日

サンバレー跡地は3年以内でイオンモールに

イオンモールHPより
 中部経済新聞によれば、今年2月に閉店したイオン津南ショッピングセンター「サンバレー」の跡地が新たに「イオンモール」となることが明らかになりました。(10月12日付け)
  サンバレー跡地は現在、建物の解体工事が行われていますが、年内にも解体を完了して新築工事にかかり、平成30年~31年の開業を目指すとのことです。
 イオンモールは三重県内に5店舗あり、新たに津が開業することになれば平成25年にオープンしたイオンモール東員に次ぐものになります。
 イオンモールを運営するのはイオングループに属するイオンモール株式会社で、国内外で約160カ所のモールを運営しています。東海地域では、イオンモール長久手(愛知県)が今年12月に、イオンモール土岐(岐阜県)が平成31年にそれぞれ開業を予定しており、豊川市(愛知県)でも再来年夏で操業を終える予定のスズキ豊川工場の跡地に進出する方針が固まっています。


 中部経済新聞の記事には、地元関係筋の話として「津市内には同じイオン系列の津サティ(イオン津ショッピングセンター)があり、これにモールを加えてさらに広域商圏から集客したいのではないか」との見方を紹介しています。
 これはこの通りなのでしょうが、以前このブログにも書いたように、旧サンバレーの閉店の引き金になったのは、3キロほど離れた津市城山にできた「イオンタウン津城山」との競合であり、同じグループ内でありながらイオンモールとイオンタウン(イオンタウンの運営はイオンタウン株式会社という別会社)とが再び至近距離で並列することになります。
 イオンモールとイオンタウンは店舗の規模やテナント構成がかなり違っているので、共存共栄もひょっとすると可能だという読みもあるのかもしれませんが、実際には津市南部はオーバーストア状態と言われており、三重県の宿命とはいえ、「どこに行ってもイオンばかり」という光景が、幸福なのか不幸なのかはよくわかりません。

■はんわしの「評論家気取り」   津サンバレーが閉店へ(2015年12月19日)

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

次は津サティが閉店するのではないでしょうか。
かなり老朽化が進んでおり、先日訪れたときは雨漏りなのか店内と屋上が悲惨な状態でした。

半鷲(はんわし) さんのコメント...

 コメントありがとうございます。
 イオン津ショッピングセンターは、サンバレー跡地での開発を手掛ける「イオンモール株式会社」の所管店舗です。つまり、完成した暁は津の北と南に2店舗イオンモールがあることとなり、おっしゃるように老朽化(開業が1978年)していることを考えると、お見込みのことも起こりうるかもしれません。

匿名 さんのコメント...

サンバレーが最後は出稼ぎ外国人客ばかりだったのに対して、サティの周辺は公務員天国笑ですから、閉鎖の判断は難しいのではないでしょうか。

半鷲(はんわし) さんのコメント...

匿名様
津ショッピングセンター級のGMSの商圏は半径5kmとかの非常に広範なスケールなので、店の周辺のお客さんとかはそれほど大きな要素ではありません。その商圏全体の人口や所得、それに何よりも道路の整備状況が大きな判断基準でしょう。

匿名 さんのコメント...

そろそろ松阪マーム店もテコ入れして欲しい所です...。
津は城山もあるしサティもある、両方結構集客があるみたいですがマーム内は空店になっている所も多く駐車場だけはやたら広くてもったいない感じです。
なので松阪近辺の人は津or明和へ流れる傾向にある様です。