2016年12月31日土曜日

花束を君に

 平成28年、2016年もあと数時間となりました。  わしにとっては、宇多田ヒカルのこの「花束を君に」が今年最も印象深い曲でした。

 

 しみじみ思ったのですが、人の一生の中で、初めて出会う人の数を、別れる(もう会う機会は二度とないだろうという意味で)人の数が逆転してしまう年齢が誰にでもあるのだと思います。


 そのタイミングはもちろん人それぞれなのでしょうが、わしの場合は何だかその逆転の年齢が近づいてきたのではないか・・・・と感じる一年でした。
 心ならずも、自分の年齢のこととか、これからどこへ行くのか、といったことをふと考える場面が多くなってきたのです。
 これがいいことか悪いことかはわかりません。
 身体の無理も聞かなくなっていますし、自分の限界を自覚するのは心がけとしては間違っていないはずです。
 しかし、あらかじめ自分で枠を決めてしまうとか、予防線を張ってしまうとかの「受け身」の人生に、知らず知らずのうちに陥ってしまいそうで心配でもあります。

 でもまあ、何とか今年も無事に過ごすことができました。
 これも皆様のおかげと感謝しております。御礼を申し上げます。

 ではどちら様もよいお年を。

0 件のコメント: