2017年1月9日月曜日

告知「国道311ひとつなぎ フェス」

 1月15日の日曜日、三重県南部の尾鷲市、熊野市、御浜町をつないで走る国道311号をキーワードにしたイベント、
国道311ひとつなぎフェス が開催されます。
 国道311号は通称サン・ピン・ピンと呼ばれ、尾鷲市から熊野市にかけては複雑に入り組んだリアス式海岸に沿って走り、熊野灘に面して点在する集落を結びます。熊野市から御浜町にかけては山間部のミカン畑を走る生活道路です。カーブと坂が続き、道幅が狭い「酷道」区間もありますが、景色は素晴らしく良く、安全に運転しさえすれば海あり山ありの東紀州地域の魅力が存分に楽しめる道でもあります。
 「国道311ひとつなぎフェス」は、この区間内の7つの集落で行われるイベントを同日開催するもので、一つ一つは小規模でも、来訪者にとっては周遊する楽しみが生まれることを狙ったもののようです。構成イベントは以下のようになっています。

・尾鷲市三木里(みきさと)  三木里野菜塾の収穫祭
・尾鷲市梶賀(かじか)  梶賀まちおこしの会による「あぶり体験」
・熊野市須野(すの)   須野マルシェDX5
・熊野市波田須(はだす)   暮らしを紡ぐワークショップ
・熊野市磯崎(いそざき)  あさなぎ市
・御浜町神木(こうのぎ)  みはまるしぇ仲間のプチマルシェ
・御浜町尾呂志(おろし)  エコファーマーグループ夢アグリの初マルシェ



 それぞれのイベントの内容や開催時間などといった詳細は、「国道311ひとつなぎフェス」のフェイスブックページを参照してください。
 ちなみに、手書き感満載のチラシもあります。(クリックすると拡大します)




■国道311ひとつなぎフェス  https://www.facebook.com/311hitotunagi/

 当日は天気が良いといいのですが。

0 件のコメント: