2017年2月2日木曜日

SuicaとICOCAとTOICA、衝撃の結末

 数日前からネット上では、全国のさまざまな交通系電子マネーの中で最強のカードはどれか、という話題が盛んでした。
 ここで言う「最強」とは、ICカード内にお金がチャージされていなくても改札を入れるかどうかという評価軸によります。 ICカードの残高が初乗り運賃以下しかない場合、Suicaのエリアではそもそも改札内に入れないそうです。これはJR東日本ユーザーにとっては常識のことらしく、急いでいるときに限ってこういうことはよく起こるので、わずかな残高不足なのにとイライラしたことを経験した方も少なくないようです。
 しかし、JR西日本のICカードである「ICOCA」は、1円以上残高があれば改札に入ることができます。同じJRでも東日本と西日本のいわば「寛容さ」の違いが、東京と大阪の地域や人の雰囲気の違いにも通じると、話題を集めていたのです。
 ところがここに思わぬ伏兵が現れました。JR東海の「TOICA」は、なんと残高がゼロ円でも入場できるというのです。
 JR東海の主戦場の名古屋は堅実・倹約な ~大阪の人はケチだが、名古屋の人はドケチだと言われる~ 土地柄で、わしにとってはゼロ円入場OKという「寛容さマックス」さが不釣り合いのようにも思えたのでした。

 では、なぜこのような違いが生まれるのかですが、JCASTニュースによればこれは単に鉄道会社のシステムの問題のようです。
   「TOICA」のJR東海によると、名鉄の交通系電子マネー「manaca」もゼロ円チャージで改札が可能なほか、「Suica」でも「ICOCA」でも、JR東海の管轄エリアの駅ではゼロ円チャージで改札に入ることができるのです。つまり、「どこのICカードであれ、JR東海エリアであれば、どこの改札も入れます」とのこと。このように、鉄道会社が違ってもそのエリア内である限り、他社のICカードも同じ条件で使えるのだそうです。

 また、JR東日本のエリアでは、東京都区内の初乗り運賃は140円ですが、そのエリア外だと首都圏でも初乗り運賃が180円や190円の駅があります。JR東日本の場合、駅改札機が、こうしたケースでは駅ごとの初乗り運賃に対応するシステムとなっているため、同じJR東日本の管轄エリアでも、改札に入れるSuicaの最低金額は異なるのです。
 したがって、TOICAやICOCAなどでJR東日本を利用する場合には、「初乗り運賃」分が最低チャージされていないと、やはり改札は通れないのです。

 ただ、まあ、この種の話は「郷に入れば郷に従え」というか、まあ納得できるのですが、やはり交通系電子マネーで一番不思議なのは、JRが別会社になると、1枚のカードを路線をまたいでは使えないことです。これもシステムの問題なのでしょうが、私鉄のカードは相互乗り入れでも使えるので、JRも早く何とかしてほしいものです。

 もっとも、極めて残念なことに、わしが住む三重県はJR東海、西日本とも、大部分の区間でそもそも交通系電子マネーが使えません。
 快速みえでJR関西本線の四日市以南の駅にやってきた場合、津とか松阪のような大きな駅でも交通系電子マネーが使えないと知ってショックを受け、しかも精算にめちゃめちゃ手間取っている乗客をわしもよく見かけます。
 まずこの点を何とかしてほしいというのが ~なんてみじめな希望だ!~ 三重県民の多くの願いだと思います。

(なお、三重県内でJRと並走する近鉄ではほぼ全区間でPITAPAのような交通系電子マネーが使用できます。)
 
■はんわしの評論家気取り

 

0 件のコメント: