2017年4月21日金曜日

尾鷲のどこでメシを食べるか

 三重県尾鷲市の特産品を年4回、宅配してくれる頒布会である、尾鷲まるごとヤーヤ便の平成29年度の申し込み受け付けが始まったというニュースが報じられていました。
 尾鷲は熊野灘に面し、リアス式の長大な海岸線を有しています。ブリや鯛など数え切れないほど多くの海の幸に恵まれています。また、背後には大台山脈の急峻な山々が控えており、海からの湿った空気が山にぶつかるために全国有数の多雨地帯で、それゆえに育まれる尾鷲ヒノキや甘夏みかんなど農林産物も豊富です。わしも以前何年か、この尾鷲まるごとヤーヤ便を申し込んでいましたが、新鮮な産物が有利なコスパで受け取れるので、ぜひおススメします。
 ですが今日書くのは、ではGWなんかに実際に尾鷲に行ったとき、どこで昼飯を食べたらいいのか? という疑問への答えです。


 平成26年に高速道路(紀勢自動車道)が尾鷲北ICまで全線開通し、飛躍的に交通アクセスが良くなった尾鷲市では、ここ数年でハンバーガーや牛丼、喫茶店などのナショナルフランチャイズチェーンがどんどん進出しています。せっかく尾鷲に来たならご当地ならではの食事を楽しみたいと思っても、なかなかどの店がいいかは一見の観光客には見分けられないし、迷っている時間もないので、つい全国どこでもあるファストフードだのに入ってしまいがちです。たいへんつまらないと思うのですが、これは実際にわしもよく経験することです。

 そこで尾鷲市役所が、尾鷲の地魚を使ったおいしいメニューを提供している市内19の飲食店を掲載した「尾鷲よいとこ定食の店」というパンフレットを発行しています。
 おすすめメニュー ~もちろん、尾鷲で水揚げされた地元ならではの「地魚」を使った~ の大きな写真と、その店の所在地や営業時間、定休日、席数、駐車台数などが掲載されていて、大変参考になります。
 掲載されているのは以下のお店です。

割烹 田舎
・お晩菜 くすもと  https://twitter.com/obansaikusumoto
・厨工房 ごしま
・鬼瓦
・オン・ジュアン
・ロリエ
・江戸ッ子
豆狸  http://www.uodokoro-mameda.com/index.html
・大福
・お食事処 喫茶セルフ
中華料理 牡丹園
・遊味
葉っぱがシェフ jomon  http://happa-chef.com/
あけぼの鮨
おわせお魚いちば おとと  http://e-ototo.jp/?mode=f4
おふくろ
・うまいもんや TEN.  https://www.facebook.com/うまいもんや-TEN-1512270098985358/
もりば  http://www.za.ztv.ne.jp/owasecci/yeg/omise/moriba.html
・レストラン三紀  http://www.ko-sanki.co.jp/menu.html

 くわしくは、「尾鷲よいとこ定食の店」の平成29年度版をご覧ください。(PDFはこちら



 尾鷲は一説には人口当たりの飲食店(飲み屋?)の軒数が全国的に見て多い地方だそうで、この「尾鷲よいとこ定食の店」のほかにも美味しい店、いい店はたくさんあります。
 わし的には三重県尾鷲庁舎の裏にあった「凛」がお薦めだったのですが、残念ながら最近閉店してしまったようです。
 三重県立熊野古道センターの隣にある「夢古道おわせ」のランチバイキングもなかなかいいです。

0 件のコメント: