2017年4月5日水曜日

サザエさん効果は実在した!

 フジテレビ系のアニメ「サザエさん」は、番組冒頭に流れるテーマソング部分の背景映像で全国各地の観光地を流しています。
 やまちゃネット「サザエ観光案内所」によれば、オープニングでサザエさんが名所を観光するスタイルは昭和49年から始まり、平成22年以降も14もの都府県が取り上げられています。
 昨年10月には三重県分の放映が始まり、伊勢神宮や東海道関宿、鈴鹿サーキットなどが登場しました。これは三重県内ではちょっとしたニュースで、これで三重への観光誘客が増加すると期待されていました。
 ただ、実際の成果 ~サザエさんで放映されたため観光客が増えた実例~ はニュースとしてあまり伝えられないまま、今年1月からは三重県後編として熊野市の楯ヶ崎や熊野古道・馬越峠、紀宝町ウミガメ公園などが登場しました。(3月26日放映分まで)


 そしてなんと、紀南新聞によれば、紀宝町ウミガメ公園はこの「サザエさん効果」によって大勢の来場者が訪れたと報じています。
 わしが検索した限り、サザエさんのPR効果をうたった、おそらく三重県で初の報道です。

 紀南新聞は
・紀宝町の道の駅ウミガメ公園は春休みに入り、多くの親子連れが訪れている。4月1日午前中は雨にもかかわらず、開園時間から大勢の来場者が足を運んだ。
・全国ネットの人気番組『サザエさん』のオープニングで三重県が紹介され、同園も登場した。
・ここではウミガメとのふれあいだけでなく、本物の甲羅を背負う体験や、魚、ナマコ、イモリなどさまざまな生物を見ることができる。
・飼育員は「県外からのお客にはサザエさんを見た、という人が多かった。常連も『(放送を)やってたなぁ』と驚いてくれて、サザエさん効果を実感している」と感想を語った。
 と伝えています。(4月1日付け 春休み中家族らで盛況 サザエさん効果を実感 ウミガメ公園

 もちろん、わしもウミガメ公園には何度も行きましたが、ウミガメが悠々と泳いでいる姿を眺めていると癒されますし、魚のタッチプールなんかも子供は喜ぶので、食事や買い物がてらの休憩にはたいへんもってこいのスポットです。特に最上階の展望デッキからの七里御浜、熊野灘の景色は最高だと言っていいでしょう。

 サザエさんは、家族設定やライフスタイルが現代の生活とかけ離れてしまっていることから視聴率が低迷しており、ちょうどこの時期はメインスポンサーである東芝の粉飾決算問題で、番組打ち切りも検討されていることが報じられました。
 しかし、10%程度の視聴率とはいえ日曜夜の家族団らんの定番として安定感は抜群で、国内旅行をする層は案外よく視ているということなのだと思います。
 特に、失礼ながら小規模でもともと来場客の絶対数が多くない観光スポットにとっては、サザエさん効果での来客増が強く実感されやすいこともあるでしょう。
 ならば、もし次回に三重県や、南紀地方の観光地をオープニング映像で流す機会があれば、メジャーな観光地でなく、あまり知名度がない穴場的、隠れ家的なスポットばかりを集中的に取り上げるほうが効果としては高まるのかもしれません。

0 件のコメント: