2017年5月4日木曜日

名古屋的だったJRゲートタワー

 今、愛知、岐阜、三重の東海三県で一番ホットなスポットといえる JRゲートタワー に行ってきました。来るべきリニア新幹線の開業も見据え、ここ数年で名古屋駅周辺は再開発ラッシュとなっており、昨年は、大名古屋ビルヂング、JPタワー名古屋といった複合高層ビルが相次いでオープンしています。
 JRゲートタワーは、名古屋駅に隣接した旧松坂屋の跡地で平成24年から工事が始まり、今年4月17日に商業施設とホテル、オフィスの複合施設としてグランドオープンしました。ビルは地上46階(高さ約220m)、地下6階で、延床面積約26万平方メートル、総事業費は約1200億円。
 核テナントは、名古屋の四大デパート ~松坂屋、名鉄、丸栄、三越の4M~ をいまや凌駕する勢いの高島屋(JR名古屋タカシマヤ)であり、従来最大の繁華街だった栄地区から、名古屋駅周辺(いわゆる名駅地区)への重心移動の象徴として注目されます。
 でまあ、このJRゲートタワー、わしが見るところ非常に名古屋的な雰囲気だったのでメモしておきます。


ジェイアールセントラルビル HPより

 当然ですが、アクセスは非常に良いです。わしはいろいろな大型商業施設には野次馬として行っているほうだと思いますが、駅から5分ほどで到着。「迷駅」と呼ばれる名駅ですが、ここで迷うことはまあないと思います。

 わしが行ったのは連休の昼下がりだったので、混雑の極限は終わっていたと思いますが、予想どおりの物凄い入れ込みで、人気店やレストランには長蛇の列ができていました。行列に並ぶことを楽しめるタイプでもない限り、これはかなり厳しいでしょう。
 地下から8階までが核テナントの「タカシマヤ ゲートタワーモール」です。メインは高島屋ですが、隣接するセントラルタワーズ店との差別化のために、よりカジュアル、比較的低価格なラインナップだとニュースで聞いた気がしました。
 モールには大小151店舗があり、名古屋初出店となるお店も多いとのこと。

 残念ながら店内は公式には撮影禁止なので ~実際にはSNS客の撮影を止めようはないですが~ 写真はありませんが、率直に言って、心が躍るようなというか、非日常感で満ち満ちている雰囲気というかはありませんでした。
 建物の床や壁、天井、各店舗の内装外装、陳列棚など、シンプルなものが多く、まあこれがトレンドといえばそうなのかもしれませんが、古い話ですが新宿の伊勢丹本店のリニューアルのときのような、または枚方T-SITEのときのような、ぶっちぎりの異世界感はありません。
 これは、大名古屋ビルヂングのオープンの時も強く感じたことです。
 普段は意識しませんが、こういう場面になると、万事質素というか、最初は小さく生み、だんだん良い方向に育てていくというトヨタ流の「カイゼン」思想が名古屋には根付いているとしか考えられません。

 一方で、消費者に対する新しいライフスタイルの提案という側面も、あまり強い個性は感じませんでした。2階に保育園(キッズスクウェア)があるとか、7階にボーネルンドあそびのせかいがあるとかは、官民挙げて子育てに取り組む今風のテナント構成と思いますが、それ以上の何かはあまり感じません。
 もっとも、これはわしの滞在が2時間ほどと短時間だったせいか、開業直後という時期のせいかもしれませんが。

 こういう店舗巡りをやっていて面白いといつも思うのは、全国で平準化しているように思える商業施設 ~消費者向けのビジネス~ ですが、実はかなり地域性があって、デパートならデパートに求められる役割も違っているように見えることです。
 名古屋駅から至近という立地、東京のような多極でなく、名駅か栄かという二極の都市構造、ホテルやオフィスとの複合ビルで、やはり普段のターゲットはビジネス客であること、などの解が、このアウトプットだというのはそれなりに合理的には思えます。

 結局、ユニクロとかビッグカメラとか三省堂とか、どうでもいい店にばっかり立ち寄っていたので、最後にせめて名所に行こうと、スタッフの方におススメしてもらったスターバックスに行ってみました。このビルの15階にあって、日本で一番高い場所にあるスタバとのことです。


 オープンテラスもあってすごくしゃれた場所でしたが、ああ、やはりここも行列。わしは10分でも並ぶのはキライなのであきらめました。次絶対行くぞ。

 というわけでふらふら歩いて、帰りの近鉄電車に乗ったら。まあ、いるわいるわJRゲートタワーの買い物袋やノベルティを持っている三重県民が。桑名、四日市、白子と、停車するごとに袋を下げたお客がわらわらと降りてゆきます。結局、三重県で稼いだ金はこうして名古屋に吸い取られるわけです。商業が発展していない地域はいつまでも貧しいままなのです。

■JRゲートタワー  https://www.towers.jp/jrgt-opening/  

■都市商業研究所 新店舗レポート  http://toshoken.com/news/9756

■はんわしの評論家気取り はんわし、大阪に行く(あべのハルカス編)(2013年7月16日)
 

0 件のコメント: