2015年3月5日木曜日

蛭子サンにキレない太川サンの強さの秘密は?

 昨年の秋ごろだったか、FMラジオで70年代のアイドル界についての対談番組をやっていて、ゲストで出演していた太川陽介さんが芸能生活38年にして初めての著書を出した、という話題が出ていました。
 で、先日、その本 ルイルイ仕切り術(小学館) をやっと入手し、読了したのでレビューします。
 太川さんと言えば、わし的には「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の英明なリーダーとしての姿がインプットされていますが、言うまでもなく70年代にLui-Luiなどのヒット曲で人気絶頂だった元アイドルです。
 人気商売ゆえいつかは人気も落ち、テレビにも出られなくなる日がやってきます。凡百のアイドルであれば、人気の低落と共にひっそりと芸能界を引退し、消えていくのでしょう。
 しかし太川さんは10年前に放映が始まった路線バスの旅シリーズで、テレビ東京的ではあるけれど、「視聴率男」として人気を復活させています。

 この本は「仕切り術」と銘打たれており、それは番組の中でも、場の空気を読まない言動で独自の存在感を放つ蛭子能収さんに対する、太川さんによる「あしらい」の驚嘆すべき上手さからヒントを得たことは間違いなく、実際に本文の中でも蛭子さん絡みの記述に多くのページが割かれています。しかし実際には、浮き沈みの激しい芸能界を、笑顔で泳ぎ切っている太川さんの人生観の紹介と自伝が「仕切り」をキーワードにしたエッセイにまとめられているのが本書の主内容です。

2015年3月4日水曜日

産業支援機関なんていらない

 ある老舗料亭の女将のブログが、地域産業支援業界でちょっとした話題になっています。
 岐阜県大垣市にある老舗料亭の女将が、公益財団法人岐阜県産業経済支援センターと思われる「岐阜県の公的な中小企業支援機関」を訪問して経営相談した顛末がつづられているのです。
 女将はかねてから料亭での外国人客向けの新規事業を構想しており、それ広める方策を相談したのですが、岐阜県センターの担当者からの回答は「補助金を申請してはどうか」という的外れなものでした。「私はお金がほしくてここに来たのではありません。」と席を立ったとのことで、ブログの最後は、
 事業主としては確かにお金も助成していただきたい。でも本音は毎月の売り上げを上げたいのです。いままだ、地方ではアベノミクスの恩恵は感じられません。助成のお金が飛び交うだけでこれで世の中良くなるのでしょうか。なんて、少し考えてみました。
 と締めくくられています。
 このような、公的中小企業支援機関による誤った対応、まずい対応は、表面に出てこないだけで、実は相当数あると思います。しかし、中小企業はどうしても県や県の外郭団体といった「権力」に対しては、後々のことも考えて、低姿勢にならざるを得ません。いわば泣き寝入りが多い中で、経営者として非常に率直で、勇気がある問題提起だと思います。
 このような真摯な問いかけに対して、関係者が皆で前向きに議論し、より良い解決策を考えないと、物事は前に進まないでしょう。(ブログへのリンクはこちらです)


2015年3月3日火曜日

【読感】地方自治体に営業に行こう!!

 中小企業の中には、新たな顧客の開拓や販路の拡大を目指して日々営業にいそしんでいるところも多いでしょう。
 しかし、この本 地方自治体に営業に行こう!(実業之日本社) の著者である経営コンサルタントの古田智子さんによれば、中小企業を含めた民間企業の多くが、国や地方自治体といった役所向けの営業努力が不十分か、そもそも営業をかけていません。

 都道府県庁や市・区役所、町・村役場といった地方自治体からは、実際には、地域活性化や女性の社会進出、観光PRや特産品のマーケティング、職員研修などなど、多種多様な業務が民間企業に発注されています。わしも仕事柄、自分の業務に関連する分野で業務委託(民間発注)の仕事を担当することがありますので、このことは熟知していますし、個人的な感覚としては、少なくない民間企業にとって、そのようなことは常識かと思っていました。
 しかし古田さんは、民間企業には、「国や自治体が発注する仕事は建設・土木の仕事だけである」「これら公共の仕事は入札金額の安さだけで受注先が決まる」という誤解が多いと言います。

 実は多くの仕事で門戸が開かれており、自社の持つ商品やノウハウが十分に活用できる業務がたくさんあることを、この本で伝えたかったのが執筆動機とのことです。
 大変わかりやすい文章で、役所への販路開拓に関心がある企業やNPOなどにとって、最良の入門書だと感じましたので、簡単に紹介しておきます。

2015年3月2日月曜日

「津之輝」は津市と無関係だけどおいしかった

 わしがよく利用している、大紀町にあるスーパー、「フレッシュにしむら」に先日立ち寄ったら、店頭にたくさんのミカンが、あるものはバケツに盛られ、あるものは袋に詰められて盛られ、あるものは箱で販売されていて賑やかでしたが、中にこんなポップがあるのを見つけました。

 わしは正直言って、この 津之輝(つのかがやき) というミカンの品種は全く知りませんでした。
 ただ、店長オススメということなので試しに買ってみて、家で食べてみたのですが。

 これが、ウマい!
 しかも普通の温州みかんのように手で皮が剥けて、タネもないので大変食べやすく、香りもよく、これはいい買い物でした。
 試しにネットで「津之輝」を検索してみたら、こんなミカンでした。

2015年3月1日日曜日

志摩市でホテル経営会社が自己破産

 報道によると、志摩市でホテルを経営していた会社が2月3日、津地裁伊勢支部により破産手続きの開始決定を受けました。28億2千万円もの巨額負債を抱えた大型経営破綻は三重県内では1年ぶり。
 この会社は創業期はドライブインを経営していましたが、平成9年、志摩市内に部屋数158室、収容人員280人という、市内でも有数の規模となるホテルを建設しました。
 観光客を主体に集客したものの、バブル崩壊後の不況期と重なって当初から集客数は計画を下回り、平成18年には経営悪化が表面化していました。
 なお、このホテルはすでに平成23年に経営権が別の運営会社に譲渡されており、現在、営業は平常通り継続しています。

 わしは、この経営破綻のニュースの本質は、三重県の観光産業、特に伊勢・鳥羽・志摩地域に固有の問題である伊勢神宮の参詣者数の急激な増減問題と密接に関係している点にあると考えます。

2015年2月28日土曜日

JR快速みえが「残念」な件

 先日、名古屋へ行く用事があり、津に戻るために携帯で電車の時間を調べたら、10分後に「快速みえ」があることがわかったので、JRで帰ることにしました。
 快速みえとは、JR東海が名古屋~鳥羽間で運行している快速列車で、沿線の主要駅のみに停車するいわゆる優等列車ですが、特急料金も急行料金も不要という、利用客にとってはありがたい列車のことです。

 しかしながら名古屋から三重県へ、たとえば津市や松阪市といった目的地に向かう場合、ほとんどの、まず9割以上の三重県民はJRに乗ろうとは考えません。最初から選択肢にないのです。
 いうまでもなく、三重県内にはJR東海と共に近鉄(近畿日本鉄道)が並走しており、JR快速みえが1時間に1本の運行なのに対して、近鉄は特急(特急料金要)が1時間に3本、急行も1時間に3本出ており、所要時間はJRより早いか同じくらいのうえに運賃も安く ~ただし特急を使うと割高になる~、合理的に考えると、名古屋から津に行くには当然近鉄に乗るという結論に至るからです。
 今回は、10分後に発車というタイミングの良さに加え、快速みえにここしばらく乗車する機会がなく、久しぶりに乗ってみようかという気になったのでした。
 そして、約1時間ほど車内で揺られている間、いろいろな発見が、というか再認識があったのでアップしておきます。

2015年2月26日木曜日

日本さかな検定会場に尾鷲市が!

 世の中には、さまざまな「検定」が存在しています。わしが取得した「検定お伊勢さん」のようなご当地検定もそうですし、そのほかにも、外国語とか漢字とか、珠算とか書道とか、もうさまざまな検定を、なんたら協会が認定しています。
 その中に、一般社団法人 日本さかな検定協会(東京都)なる団体が実施している 日本さかな検定 という検定があることをわしは初めて知りました。
 その検定が、今年は6月28日に全国11か所で行われるそうなのですが、試験会場には三重県尾鷲市も新たに追加されたとのことです。


 尾鷲市は三重県でも紀伊半島の南部に当たり、人口が約2万人という典型的な地方の小都市です。このような全国検定が開催される都市規模では正直言ってありません。
 しかしその一方で、黒潮踊る熊野灘に面した日本有数の漁業都市であり、尾鷲市役所のホームページも、まるで水族館のようなデザインの極めてユニークなもの。
 しかも岩田昭人市長は、尾鷲港に水揚げされた魚やエビ、イカなどを取り上げている「三日に一魚」という超有名なブログを書いているほどのさかなクン市長さんでもあります。このような尾鷲市の、いわば「さかなのまち」ともいうべき土地柄が新検定地として考慮されたもののようです。
 この検定を、ぜひ地域活性化に役立て、尾鷲の、そして日本の魚文化を国民に広げる一助にしてほしいと願います。