2014年10月23日木曜日

鳥羽商船高専が、またまた受賞

鳥羽商船高専HPより
 先日、岩手県で行われた全国高等専門学校プログラミングコンテストにおいて、鳥羽商船高等専門学校の学生が優秀賞(準優勝)と特別賞(3位相当)を受賞したと同校が公表しました。

 自由部門で準優勝した「はなまるフォーム」というプログラムは、スポーツの上達をサポートするアプリで、簡単な操作で自分や手本となる人の動きを確認することができるというもの。
 課題部門で3位となった「人(ヒート)マップ」は、人の行動を地図に可視化するアプリで、SNSなどから情報を集めて地図にまとめることにより、災害時などに「この道は冠水しているようだから別の道を通ろう」といった判断をできるものとのこと。

 「はなまるフォーム」は、審査員からも「素晴らしい!」「アプリとして配信しているのか」と絶賛の声が上がり、NICT賞として「起業家甲子園」への出場権も獲得したそうです。
 鳥羽商船高専は、今月、東京で開催されたU-22プログラミング・コンテストにおいても、「P.M.カラオケ-Projection Mapping KARAOKE-」なる次世代のカラオケシステムが経済産業大臣賞(最優秀賞)を受賞しています。

 スマホの浸透によってユビキタス社会が現実のものとなり、ICT産業が経済を牽引していくことが間違いない21世紀において、若者たちのこの活躍は、三重県にとって喜ばしい、明るいニュースであるということができます。彼ら彼女らに、心から敬意を表したいと思います。

■鳥羽商船高等専門学校   http://www.toba-cmt.ac.jp/

 その一方で、実に「残念」なのが大人たち、特に地方自治体で行政の実務に就いている公務員たちです。

2014年10月22日水曜日

最も注目のセミナー、伊勢で開催

伊勢市産業支援センターでは、起業家向けのセミナーであるK&Kカフェが毎月開催されていますが、ホームページによると、次回の講師は 株式会社赤福 会長の濱田典保氏だとのことです。

 伊勢はもちろん、日本を代表する和菓子といえる「赤福」が、賞味期限の改ざん問題で営業自粛に追い込まれたのは平成19年のことでした。
 この時、社長であったのが濱田氏であり、法に違反する偽装行為や不正に関しては、代表取締役としての責任は免れえないのは当然ですが、この事件の反省から同族経営であり不正行為に対して外部の目が届きにくかった同社の経営体質改善に着手し、一定の成果を上げたことに関して評価を得ている人物であることも事実かと思います。
  
 今回のK&Kカフェでは、ニュービジネスを成功させるための心得とは? と題した講演とのことであり、社歴が200年近くにもわたる老舗の赤福が、伝統を守りつつもどのように時代の変化に対応してきたか等についてのお話となるようです。


2014年10月21日火曜日

つるんだら解決するのか??

 先日、「人口減少に立ち向かう自治体連合」なる寄合の設立総会が東京都内で開かれ、全国172の自治体が参加したことが報じられました。
 何か目新しい政治的なトピックが生まれると、自治体が寄り集まってなんちゃら協議会とか、なんたら期成同盟とかを作り、徒党を組んで存在感を示そうとするのは、弱小地方自治体の生き残る知恵のようなものですが、大槻義彦氏も言うように、この連合会のメンバー自治体の人口が右肩上がりに回復することなど絶対にあり得ないし、人口減少のペースが連合会に加盟していない非メンバー自治体に比べて緩やかになることも考えにくいでしょう。
 要は、地方政治家のパフォーマンスに過ぎませんし、この連合会が取り組むという「地方のニーズと国の施策がずれないよう(な)提言活動」も、つまりは国(中央省庁)の施策、財源ありきの発想です。自立自尊の意気込みとか決意がほとんど見られないのです。

 ちなみに、人口減少に立ち向かう自治体連合は、介護保険制度の導入が決定した平成9年、地域包括ケアシステムの構築や、新しい福祉産業と地域振興の発展を目標として、市区町村長有志によって設立された「一般社団法人福祉自治体ユニット」が事務局をつとめています。
 これからますます地域の高齢化が進み、介護体制の維持と強化が市町村にとって最重要の、しかも喫緊の課題だと思うのですが、このテーマにはもう飽いてしまって、俗耳に入りやすい「人口減少対策」「若い女性の出産支援」に食指を伸ばしたということなのでしょうか。

2014年10月20日月曜日

国会議員という「地域力」

 地方自治体に勤めていると、これはまあ買いかぶりかもしれませんが、ものすごい情報を持っていることを再認識させられる場面によく出くわします。公務員には守秘義務があるので、秘匿すべき情報を正当な理由なく口外することはできませんしありません。
 しかし、たとえば市町村であれば住民に直に接しており、戸籍や住民票や、保険や生活保護といったような、まさにプライバシーに直結する情報を膨大に持っています。都道府県になると都市開発や道路とか大規模施設の建設といった広域的な情報が集まってきますし、しかも出先機関を持っているので本庁が吸い上げる情報の総量はとてつもないものになります。国(中央省庁)に至っては、各省が持っている情報量は天文学的なものでしょう。これらは、組織や制度や法律によって、いわば公式に(フォーマルに)集められる情報です。

 その一方で、地縁血縁やビジネスに関連して集められ、集まってくる、いわばインフォーマルな(あくまで行政機関と対比しての話ですが)情報網もあります。それが、政治、いや、政治家という存在です。
 わしは国会議員や県会議員の知り合いはいませんし、直接話をする機会は皆無ですが、議員秘書の方々とはたまに会話を交わす機会があったりします。その時に、やはり政治の世界の情報量は相当なものだと感じますし、フォーマルな情報と比べてある種の泥臭さ、生々しさが強いようにも感じます。


2014年10月19日日曜日

鳥羽マルシェに行ってみた

 今月14日に 開業したばかりの「鳥羽マルシェ」に行ってきました。

 鳥羽マルシェは、鳥羽産の海産物や農作物の産直市場であり、今流行の郷土食を中心とした「地物ビュッフェレストラン」も併設されています。
 観光地・鳥羽は今まで、ともすれば水族館や真珠島といった施設を巡る、いわば施設中心型の観光スタイルでした。
 しかし、現代では観光は個人観光客にいかにその地域のファンになってもらうかが大きな生き残りのカギになっています。
 鳥羽マルシェの目的は、鳥羽の農林水産業や食の魅力を伝えて、鳥羽を盛り上げようということになるのかもしれません。

 鳥羽マルシェがあるのは、近鉄鳥羽駅の東側出口の国道をはさんだ対面にあり、交通アクセスが至便なほか、海もすぐ近くにあって鳥羽湾の素晴らしい景観が一望できます。
 まさに最高の立地と言えるでしょう。

2014年10月18日土曜日

伊勢・朝熊山上に「天空のポスト」があった

 標高555m、伊勢志摩地域の最高峰であり、古来から崇敬を集めてきた朝熊山(あさまやま)に行ってきました。
 金剛証寺での法要が目的だったのですが、今日の天気はまさしく秋晴れ。法事の後、お寺からクルマでほんの数百メートルの、山頂広場(展望台)に立ち寄ってみました。

 驚くことが二つあり、一つは、以前このブログでも書いたように、山頂広場を象徴する建物であり、伊勢志摩観光の象徴とも言えた朝熊山レストハウスが完全に解体され、元の敷地は芝生広場になっていたことです。

 わしにとっては見慣れた光景が失われた寂しさもあるのですが、古い、しかもかなり大きな建物が姿を消したことで、確かにある種の解放感が生まれており、つまりは広々とした空間にすっかり生まれ変わっていました。

 もう一つ驚いたのは、その芝生広場のやや端っこのほうに、今では街中でもあまり見かけなくなった、赤い円筒型の郵便ポストがポツンと建っていたことです。
 これはかなり異質な光景です。

 山頂広場を含め、有料道路である伊勢志摩スカイラインを管理運営している三重県観光開発(株)が設置(誘致と言うべきでしょうか?)したものらしく、その名も 天空のポスト というそうです。

2014年10月15日水曜日

ミドリムシ入り「ユーグレナ」ヨーグルトを食べてみた

 もう10日ほど前になりますがファミリーマートで、かの有名な「ユーグレナ」の関連商品を初めて見かけたので思わず買ってしまいました。

 協同乳業(株)がファミリーマート、そして(株)ユーグレナとタイアップしてリリースされた ユーグレナ&ヨーグルト葉酸プラス というカップ入りのヨーグルトです。

 ホームページなどの商品説明によると、人気のユーグレナを使用したヨーグルトにキウイ果肉、アロエ葉肉を合わせ食べやすい味わいに仕上げたもので、葉酸も300μg入っているとのこと。

 言い忘れましたが、ユーグレナとは、プランクトンであるミドリムシ(理科の教科書に何だか気持ちの悪いイラストが載っている、あのミドリムシ)を大規模に培養している日本のベンチャー企業です。

 ミドリムシは、水と光と二酸化炭素があれば育つことができ、その生産効率は稲の80倍もあるそうです。ユーグレナはミドリムシ培養法の研究開発に取り組み、大規模プラントで培養することで、地球温暖化の原因という説もある二酸化炭素の固定や、バイオ燃料の製造に取り組んでいます。ミドリムシは体内に油分を蓄積するので、ジェット機用燃料など良質の油脂を抽出することができるそうなのです。
 しかも、高タンパクで人間が必要とする栄養素も豊富に備えているため、ミドリムシの食用化は食生活が乱れがちな現代人に適した食品開発の可能性があり、世界の食料不足問題=貧困問題を一気に解決する可能性さえあるそうです。