2017年4月24日月曜日

今度は「知的対流」だそうな

 時事通信社が配信している地方公務員向け業界情報サイト「官庁速報」によれば、国土交通省が今年3月、経済活動が疲弊している「地方」において、地方自治体や商工会議所、大学、金融機関などの多様な主体がアイデアを出し合って地域産業を創出する「知的対流」に関するマニュアルを作成したとのことです。(4月18日付け)
 地域おこしとか地域経済活性化というのは、地方自治体に限らず、国、大学、シンクタンク、商工関係団体などなど多くの当事者にとっては一つの大きな業務、使命であって、その実践手法についてはさまざまな理論が提唱されてきましたし、補助金をはじめとしたさまざまな支援策が講じられてきました。
 わしもその意味ではこうした「地域活性化業界」の末端にいるわけですが、正直言って、今回のこの「知的対流」という言葉は初めて知りました。それまでまったく聞いたこともないし、関係者が語っているをの聞いたこともありませんでした。

2017年4月23日日曜日

仏都・伊勢を往く(弘正寺編)下

(承前)仏都・伊勢を往く(弘正寺編)上
 さて、せっかく発見できた「弘正寺跡」の碑ですが、本当に「ぽつねん」とあるだけで、これ以上ここにいてもしょうがないので、この場所から400mくらい離れた弘正寺墓地に行ってみることにします。
 わしはここに墓地があることはずいぶん前から知っていましたが、弘正寺と関係がある ~かつて境内の一部だった~ ことは、やはり松尾剛次山形大教授の「新たなる伊勢中世史像の再構築」の講演録で初めて知ったのです。
 御弔いではない興味本位で墓地をうろつくのもどうなのかとも思ったのですが、それはまあ、仏都・伊勢の検証活動ということでご容赦いただきたく。
 この墓地には、一般のお墓に交じって古い五輪塔が30基以上も現存しています。
 松尾さんによれば、叡尊が率いる真言律宗は石工集団を組織しており、全国に多くの石造物を建立したことで知られ、これらの五輪塔群も弘正寺と関係が深い、おそらくは弘正寺歴代住職のお墓ではなかろうかと推測されるそうです。

2017年4月22日土曜日

仏都・伊勢を往く(弘正寺編)上

 伊勢市など三重県伊勢志摩地方の米作りは台風来襲が本格化する前の9月ごろに刈り取りを済ませるスケジュールが多く、このため今の時期には田植え作業があちこちで見られます。
 わしがよく行くイオン伊勢店 ~三重県内にイオンが異常に多いのは創業地が三重県内で牙城であるため~ の裏から見ると、水を張った水田に霊峰・朝熊岳が映っていました。本当に美しい、わしが日本人で良かったと心から確信させてくれる景色でした。
 こんな感慨にしみじみ浸ったのは、数え切れないほど訪れているこのイオンのすぐ近くに、鎌倉時代の13世紀に名僧・叡尊(えいぞん)が創建し、隆盛を誇った 弘正寺(こうしょうじ) の跡地があることを最近初めて知ったからです。

2017年4月21日金曜日

尾鷲のどこでメシを食べるか

 三重県尾鷲市の特産品を年4回、宅配してくれる頒布会である、尾鷲まるごとヤーヤ便の平成29年度の申し込み受け付けが始まったというニュースが報じられていました。
 尾鷲は熊野灘に面し、リアス式の長大な海岸線を有しています。ブリや鯛など数え切れないほど多くの海の幸に恵まれています。また、背後には大台山脈の急峻な山々が控えており、海からの湿った空気が山にぶつかるために全国有数の多雨地帯で、それゆえに育まれる尾鷲ヒノキや甘夏みかんなど農林産物も豊富です。わしも以前何年か、この尾鷲まるごとヤーヤ便を申し込んでいましたが、新鮮な産物が有利なコスパで受け取れるので、ぜひおススメします。
 ですが今日書くのは、ではGWなんかに実際に尾鷲に行ったとき、どこで昼飯を食べたらいいのか? という疑問への答えです。

2017年4月19日水曜日

経済成長という夢

【読感】子育て支援と経済成長 柴田悠著(朝日新書)

 ある人から面白いと薦められて読んだのですが、率直に言ってわしには本書のオビに書いてある通り「若手社会学者」が書いた、いかにもな内容(問題提起)に思えました。論点の整理には大変役立つ良書ですが、内容はストンと得心できかねました。
 論旨は非常に明快です。わしなりに、ごく乱暴に要約すると、
1)「保育園落ちた日本死ね」のブログが社会問題になったように、保育待機児童に代表される我が国の子育て環境の劣悪さは世界的にも深刻である。
2)日本が直面する大きな課題は、人口の減少なかんずく労働年齢人口の減少である。一方で子育て支援にせよ、社会問題を解決するためには政府の政策と、それを裏打ちする財源が必要で、それは経済を成長させ経済のパイを大きくすることで実現するほかない。
3)経済成長は、労働投入(労働人口)や労働生産性と高い相関があり、労働人口はに減少がトレンドなので、労働生産性を高めることが一層重要になる。

2017年4月18日火曜日

注目を集める?ニクラウド

肉ラウドソーシング - ホーム  Facebook
 日経MJに帯広市など北海道十勝地方の19市町村がユニークな移住促進事業に取り組んでおり、徐々に成果が上がってきたという記事が載っていました。(4月17日付け)
 人口減少、特に若者流出に悩む地方自治体は、こぞってUターン、Iターン者の獲得に乗り出しています。しかし、こうした地方の多くではU・Iターン者に新規就業が期待されているのは農林水産業で、天候に左右されて収穫が不安定なうえに、もともとの所得水準も低く、それでも一人前の農家や漁家に求められるスキルは非常に高いため、行政が巨額の税金を投入するわりに、実際に地方に定住してそれなりの生活水準を維持している移住者は必ずしも多いわけではありません。
 このようなミスマッチを解消するために十勝地方がとっている手法が「ニクラウドサービス」というICTを活用した人材マッチングサービスです。

2017年4月17日月曜日

仏都・伊勢を往く(古市街道編)その3了

承前  仏都・伊勢を往く(古市街道編)その1
    仏都・伊勢を往く(古市街道編)その2

 叡尊の「大五輪の五輪塔」がある清丸稲荷神社を後に、古市街道の古市郵便局前三叉路まで戻り、そこを左折して再び街道に沿って歩きます。(グーグルマップはこちら

 このあたり古市は、京都・島原、長崎・丸山などと並ぶ一大遊郭街で、芝居小屋や旅籠、料理屋などが建ち並んでいたそうです。一生に一度と言われたお伊勢参りを終え、いわゆる「精進落とし」のどんちゃん騒ぎが夜な夜な繰り広げられていたのでしょう。
 ただ、沿道には写真の大林寺のように、お寺や神社も多く、聖と俗が同居する空間だったのでしょう。
 土地柄、酒や色がからむ事件事故は多かったようで、中でも1796年(寛政8年)に起こった「油屋騒動」は有名です。