2017年1月23日月曜日

「ア・ピース・オブ・コスモス」が道路協力団体に

国交省紀勢国道事務所HPより
東紀州地域(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)は平成26年の高速道路(紀勢自動車道)全通によって、革命とも呼ぶべき交通アクセスの劇的向上がありました。これによっていろいろな影響が出てきています。
 顕著なのは国土交通省が公表しているような、観光客の増加とか救急車の搬送時間の短縮化などのプラス効果ですが、これと同時に、三重県北中部から東紀州に来るクルマは多くが高速道路を利用するようになった結果、今までの幹線道路であった一般国道42号の通行量には相当な余裕が生まれ、景色を見ながら、寄り道しながらのんびりドライブするには、むしろ望ましい状態になっています。
 そんな中で、紀北町と尾鷲市の国道42号沿線で、アジサイの維持・管理活動などを行っているNPO法人「ア・ピース・オブ・コスモス」が、国土交通省中部地方整備局長から道路協力団体として指定を受けたことが公表されました。
 道路協力団体とは、道路における身近な課題の解消や、道路利用者のニーズへのきめ細やかな対応などの業務に、自発的に取り組む民間団体等を国交省が支援することで、地域の実情に応じた道路管理の充実を図ることを目的とした制度だそうです。

2017年1月22日日曜日

四日市あすなろう鉄道に乗ってみた

  四日市市の中心部と、南西部の郊外を結ぶローカル鉄道である、 四日市あすなろう鉄道に乗ってきました。
 かつて近鉄内部線・八王子線として運行されていた全国でも珍しいナローゲージ(線路の幅が762ミリと、JR線などの半分くらいしかない)の路線ですが、利用者数の低迷による慢性的な赤字のため、平成27年4月からは新しく設立された「四日市あすなろう鉄道株式会社」により運行が引き継がれているものです。
 ローカル鉄道は全国各地で経営難に苦しんでおり、第三セクターに転換する路線も多くみられますが、四日市あすなろう鉄道は、近鉄に代わって四日市市が線路や電車を所有し、それを株式会社であるあすなろう鉄道に無償で貸与したうえで運行するという、いわゆる「公有民営方式」であることが大きな特徴です。
 初年度となる平成27年度の収支は、運賃の値上げなどを行ったことから利用者がさらに減少し赤字となると見込まれましたが、実際には約5400万円もの黒字。ローカル鉄道再生の事例として全国から注目が集まっていました。
 そんな中、さらに鉄道ファンを狂喜させたのは、新会社となった早々の27年9月に新型車両260系が投入されたことと、それが鉄道愛好者団体の「鉄道友の会」が優れた鉄道車両に贈るブルーリボン・ローレル賞を受賞したことです。

2017年1月21日土曜日

またゲームのルールが変えられる

 アメリカのトランプ大統領が就任しました。アメリカ第一主義を掲げ、アメリカの産業競争力を低下させているのは自由貿易、アメリカの治安を悪くしているのは移民やイスラム教徒、といった明確かつハチャメチャな公約を実現しようとしています。

 ここまで社会や経済のグローバル化が進んでいる以上、人、モノ、カネ、情報が国境を越えてますます盛んに行き来するようになるのは止められないと思うし、その恩恵をもっとも受けてきたのはほかならぬアメリカ合衆国だと思います ~グローバルスタンダードとはアメリカスタンダードのことである、とはよく保守的な人々から指摘されたことです~ が、まあとにかく、現実がこうなってしまったのだから、しばらく様子を見るしかないし、変化に素早く適応していくしかないでしょう。
 こんなことは、わしが言うまでもなくとっくに誰かが指摘しているでしょうが、自分が敗けそうになってくると「ゲームのルールを変える」のはアメリカの常套手段です。今回のアメリカファースト、保護貿易主義もルールチェンジ、もしくはゲームそのもののチェンジだと理解すればいいのではないでしょうか?

2017年1月19日木曜日

流山市、人口急増の誤算

 先日の日経新聞に 「子育ての街」千葉・流山、人口急増の誤算 という記事が載っていました。(1月16日付け)
 子育て世代の誘致に力を入れてきた千葉県流山市が、予想以上の人口流入のため保育園や小学校などの施設がほぼ満杯の状況に陥り、一部では「急激な人口増に歯止め策を」という声も出てきたと報じられています。
 流山市は千葉県北西部にあり、かつては江戸川の水運で栄えた町だったそうです。井崎義治市長が平成16年に市町村では全国で初めて市役所内に「シティ・マーケティング」の担当課を置き、「都心から一番近い森のまち」とのコンセプトのもと、共働きの子育て世帯をターゲットとして住民の誘致(移住促進)策を展開していきます。
 平成17年に都心までを30分で結ぶ鉄道路線、つくばエクスプレス(TX)が開通したことを契機に一艘人口増加が進み、それまで15万人台だった人口が平成21年には16万人を突破。平成28年11月には18万人にまで達しました。
 しかし、都心に近いゆえに保育士がより給料の高い東京都内などに転職してしまったり、マンションの新築ラッシュによる児童増加で小学校の新築が必要になるなど、急激な人口増加による副作用も顕著になっているとのことです。

2017年1月18日水曜日

ソーシャルビジネス資金調達の現状

 日本政策金融公庫論集 第33号(平成28年11月)の「ソーシャルビジネスの資金調達の現状について」という論文が興味深かったのでレビューしておきます。
 社会的な課題をビジネスの手法を用いて解決する「ソーシャルビジネス」は、高齢化が進展する日本において今後ますます発展が期待されるビジネスです。
 ソーシャルビジネスの事業発展のため資金調達は重要な問題ですが、以前からこの点については一般ビジネスにはないソーシャルビジネスに特有の難しさがあるとされてきました。
 国(経済産業省)の過去の調査によると、借り手(ソーシャルビジネス事業者)が金融機関からの融資を受けられない主な理由として、
・「ビジネスモデルが確立されていない」
・「事業計画がしっかり立てられていない」
・「経営能力に問題があり継続性が担保できない」
等が考えられること。また、金融機関側はソーシャルビジネスという社会性と事業性を両立したビジネスモデルに関する目利きが難しいことなどが挙げられています。
 この論文ではさらにこの点を掘り下げて、現場で実際にどのような問題があるのかと、その対応について昨年夏にソーシャルビジネス事業者に対して行ったアンケート(社会的問題と事業との関わりに関するアンケート)結果により考察しています。

2017年1月17日火曜日

熊野古道センター 館蔵品展に行ってみた

 せっかく尾鷲まで来たので、三重県立熊野古道センターの館蔵品展に行ってみました。熊野古道センターは、熊野古道が世界遺産に登録されたことを記念して平成19年にオープンした施設であり、広義の「熊野」(=紀伊半島最南部全域を指す)の自然、歴史、文化に関する展示と、体験イベントや文化講座などの企画・実施を行っています。


 また、多数の史料や文献なども収集、所蔵しているそうで、この館蔵品展は熊野古道センターの開館10周年を記念して、熊野詣でが盛んだった中世期の熊野古道に関する道中日記や道中案内記、旅行記、昔の観光ガイド、書籍、浮世絵、絵画などが展示されていました。

2017年1月16日月曜日

木花堂で見つけたマグカップ

 前回の訪問から2年ぶりに、熊野市のセレクトショップ 木花堂(このはなどう) へ行ってきました。
 尾鷲市梶賀町の網元ノ家から国道311号を走ること約10分。ワインディングロードなので前方だけに注意して走っていると見落としてしまいそうな小さな三叉路が、熊野灘に面した小さな集落である須野町への入り口になります。
 この道に沿って1~2分ほど進むと、水平線が急に視界に入ってきます。ここが須野町の集落で、道の終点は堤防。わずかばかり広くなった場所が集落共有の駐車場です。
 車を停めて、看板に従って集落の中に入っていき、しばらく石段を上った角地の家が木花堂です。
 2年前はご夫婦だけでの経営でしたが、おめでたいことにこの間にお子さんが誕生されたとのこと。
 さらに須野町自体に移住者が徐々に増えており、2年前は5人だった(!)人口が何と10名に倍増したそうです。数字だけで見たら100%増というのは三重県内でも最大級の人口増加率ではないかと思いますが、それはさておき。