2017年7月20日木曜日

金沢ひとり勝ち説は本当か(下)

(承前) 金沢ひとり勝ち説は本当か(上)

 午後6時過ぎに晩メシのためお寿司屋に入りました。近江町市場近辺の観光客向けの派手な造作ではなく、おそらく地元客相手のごく地味なカウンターだけのお店です。
 10貫で1200円くらいでした。写真が下手で恐縮ですが、たいへん美味しかったです。
 大将とのやり取りの中で、わしが10年ぶりに金沢に来て、駅や近江町が全く変わっていたこと、観光客が多く、しかも外国人が非常に多いのに驚いたこと、などを話し、「これはやっぱり新幹線の効果ですかねえ?」と聞くと、大将とわしの隣のお客の中年男性は即座に首肯し、まったくそうなんです。しかも、新幹線でこんなに賑わっているのは金沢だけで富山はあんまりなんですよ。金沢のひとり勝ちなんですよ、と奥ゆかしく、しかしきっぱりと言い放ったのです。

2017年7月19日水曜日

金沢ひとり勝ち説は本当か(上)

 滑川に続いてわしが訪れたのは石川県は金沢市です。
 北陸新幹線で富山駅からわずか20分ほどで到着するのですが、満席の乗客のうち富山で下車する人はわりと多くなく、ほとんどが終点の金沢まで向かっていました。
 北陸新幹線の開通により、富山や金沢へは東京からわずか2時間~2時間半程度となりました。糸魚川、黒部、富山、高岡、金沢などの沿線都市にとっては観光を中心とした地域振興の千載一遇のチャンス到来と期待されつつも、しかしふたを開けたら観光客の伸びは金沢だけが突出する結果となり、「金沢のひとり勝ち」などと評されているのは記憶に新しいところです。
 そして、わしがぶらぶらっと見聞きした範囲でも、対富山市と比べると金沢市は圧勝していたように見受けました。

2017年7月18日火曜日

ほたるいかミュージアムがトホホだった件

 思い立って富山県滑川市にある ほたるいかミュージアム に行ってきました。伊勢市から7時間近くもかかるこの小都市を訪れた理由は、もうかなり前ですが何かのテレビ番組で、大量のホタルイカがミュージアム内の水槽で発光している神秘的な様子を見て印象に残っていたのと、富山の代名詞ともいえる地域資源であるホタルイカを活かした地域振興策が、実際にどれほど功を奏しているのかをこの目で見たかったためです。
 しかし同時に、今や全国各地に雨後のタケノコのように生まれたこの種のご当地博物館やご当地ミュージアムが、現実にどれほど賑わっているものなのか、そのほとんどは閑古鳥が鳴き、ミュージアムを名乗りながら展示物はまがい物のレプリカばかりで実物の迫力には程遠く、ホコリをかぶり、建物もヒビだらけシミだらけの不様な「負の遺産」に堕している例も五万と知っており、まさかそうはなっていないだろうかという不安 ~期待では決してない~ も頭をよぎっていたのは事実です。
 そして、時おり雨もぱらつく蒸し暑い午後、わしが体験したのはやはりというべきか、後者の不安な予感のほうでした。

2017年7月17日月曜日

中小企業の潮目が変わりつつある

 桑名商工会議所が開催告知していた「桑名後継者塾」の受講申し込みが定員を越えたことを、この塾で主任講師を務める武田経営研究所 所長の武田秀一さんがブログに書いていました。定員越えは昨年と同様とのことですが、事業承継にここまで関心が高くなってきたことに、わしはある種の感慨を覚えます。
 数年前、中小企業の現場からは「人手不足」の声が聞かれるようになっていました。しかし、マスコミの論調は、まだまだ仕事を得られない人は巷に溢れており、企業はもっとたくさん雇用すべきだというものでしたし、行政による雇用施策も、求職者や学生がいかにすれば企業に就職できるかの「ノウハウ」伝授や、働くことの意義・モチベーション向上対策などが主流で、労働市場はとっくに「売り手市場」に変化してしまっており、従業員が確保できないため事業が行き詰まる「人手不足倒産」の危機さえ中小企業には迫っているということが広く認知されるようになったのは、つい1~2年前です。
 このように、マスコミや政府、労働組合からの広報はしばしば中小企業や労働市場の現場と乖離します。上からの情報だけでなく、現場の声を聞き、冒頭の武田先生の情報を重ね合わせると、中小企業経営の主要テーマの潮目は「後継者対策」「事業承継(事業廃止)対策」に大きく変わりつつあることがわかります。

2017年7月14日金曜日

森のあいうえお CFがスタート

「日本の森林と木を次世代へ」を理念に掲げ、国産材による食器や玩具などの木製品を企画・販売している日本モッキが、森のあいうえお という積み木の販売を、クラウドファンディングを使って行っています。


 「森のあいうえお」は国産材を使い、国内生産された、あ・い・う・え・お・・・の文
字が一文字ずつ書かれた全部で46枚の積み木です。絵本作家の ももろ さんがイラストを担当していて、優しい絵はお子さんの情操教育にもぴったりとのこと。

2017年7月13日木曜日

三重の休眠酒造会社が北海道で再生

 今日は小ネタ。こんなこともあったんだ、と最近わしが知ったことのメモです。
 北海道は札幌から、北東に約180km離れた人口4000人足らずの上川町という町に、今年の春、新しい日本酒の酒蔵が誕生しました。上川大雪酒造株式会社という新会社が営む「緑丘蔵(りょっきゅうぐら)」がそれです。
 蔵の面積は83坪で、これは酒蔵として小規模だそうですが、仕込み作業は社員のほかに上川町の役場と町民有志による 酒蔵支えTaI(さかぐらささえたい) というボランティア組織を作って手伝っており、原料となる米もすべて上川町の近隣で収穫された彗星・吟風・北雫という北海道産米を使っているという、地域に根差した「地方創生蔵」であることが売りになっているそうです。
 もう一つの大きな特徴は、この上川大雪酒造の酒造場は、日本酒の製造を中止し事実上休眠会社となっていた三重県四日市市の酒造会社(株式会社ナカムラ)を北海道にゆかりのあるレストラン運営会社が買収し、ナカムラの醸造所を主務官庁である税務署の許可を取って上川町に移転するという手続きによって設立されたということです。
 なぜこんなややこしい手続きを取る必要があったのでしょうか。

2017年7月12日水曜日

タオルと芋粥

 芥川龍之介の小説に「芋粥」というのがありました。平安時代、都の公家に仕える下級武士の物語です。気力も腕力も人並み以下で、貧乏暮らしのこの侍が、ある若い男の前でふと「せめて芋粥が腹いっぱい食べてみたい」と口を滑らせたことから物語は急転します。
 この若者は越前・敦賀の受領(ずりょう。地方長官)の一族でした。下級武士は敦賀に招待され、受領の邸宅で下へも置かぬもてなしを受けたことに驚き、気後れさえ感じ始めます。極めつけは夜も更けて休もうとしていた時、「皆の者、よーく聞け。今日は大切な客人から都から来ている。召し上がっていただくのに、明日の朝までにこれこれの大きさの山芋を、皆が一本ずつ必ず持ってまいれ」と叫ぶ誰かの号令を聞いたことです。
 夢うつつのうちに朝が来て外を見ると、百姓たちが持ってきた山芋が、それこそ山のようにうずたかく積まれていたのです。これを見た途端、侍は「もうこれを見ただけで腹が一杯になり申した」とつぶやいた、というような話でした。
 こんなことを思い出したのは、今月5日の九州豪雨で、山の崩壊や土石流、洪水などによる大きな被害を受けた大分県日田市の、ある被災者の呼びかけに応じて、全国から善意のタオルが途方もないほど送られてきて、収拾がつかなくなっているという記事を見たからです。