2012年12月31日月曜日

やや不完全燃焼だったか・・・

 平成24年、2012年も間もなく終わろうとしています。
 皆様のお力添えにより、そして神仏のご加護により、わしは大病もなく、大過のない一年でした。

 しかし10月の豪雨で実家が被災したことは一生忘れられない記憶になりそうです。
 ゲンキンなもので、あれから台風だの大雨だののニュースには敏感になりました。日本中、ほぼ至るところで自然は猛威を振るっています。田舎の住人だからこそ、自然の素晴らしさを日々体感していますが、同時に怖さ、恐ろしさとも隣り合わせであるとつくづく思います。

 もうひとつ、仕事的には自分自身、やや不完全燃焼でした。
 特にわしの住む三重県南部は、伊勢神宮の式年遷宮が平成25年に迫り、地域振興や産業振興にとって千載一遇の機会と言えるのですが、自分自身、そのことにあまりコミットできませんでした。
 
 行政にとって地域の活性化は重要な仕事であり、その一つのツールに、いわゆる商工振興という分野があります。
 企業や企業者のビジネスを税金を使って、公務員が支援するのは、税収や雇用の確保はもちろんですが、ビジネスを通じて経営者や従業員の皆さんが誇りを持ち、地域で生活し続けられる循環を作り出すことです。
 しかしどうも、わしの勤務先では、産業は産業、地域振興は地域振興、と分離する傾向が強まってきている気がします。何のために産業を振興するのか、だれのために企業を支援するのかがわかりにくくなってきています

 そんなこんながあり、わし自身の年齢的なこともあって、商工振興の仕事には誇りを持っているものの、仕事として、あるいは仕事の延長として、本当に地域が活性化するのかには疑問や限界も感じるようになりました。
 来年はもっと、わしがやりたいことをやってみようと思います。

 今年の「はんわしの評論家気取り」は、槇原敬之さんの名曲 GREEN DAYS で締めくくります。

 「わからないことだらけでも、本当のことを探してゆこう・・・・」という歌詞に励まされます。
 
 
 
 
 では、どちらさまもよいお年を。

2012年12月30日日曜日

中小企業対策は2013年が正念場

 中小企業金融円滑化法の失効がいよいよ来年3月末に迫ってきました。あと三か月です。
 この法律は、民主党の鳩山内閣時代に制定されたもので、金融機関に対して、融資を受けている中小企業の経営状況が厳しく、返済の猶予や金利減免の申し込みがあった場合は、内容に応じて貸し付け条件の変更に応じる努力義務を課しています。
 マスコミでは一時「平成の徳政令」などと囃されましたが、もちろん借金をチャラにするものではなく、条件変更の間に経営革新や合理化に取り組んで業績を回復させることに主眼が置かれていました。
 円滑化法によって金融機関の条件変更を受けた中小企業は全国で30万~40万社と言われていますが、実際には返済が猶予されても経営の改善が進まない、いわば赤信号の企業がその1割に上っているそうです。これ以上の時間的猶予がなくなれば、資金ショート、倒産というシナリオが現実的になります。さらに金融機関にとっては不良債権が増えることとなり、財務体質を悪化させる影響も見逃せません。

 さて、自民党安倍首相のインフレターゲット的な経済政策「アベノミクス」が、いわば口先介入の段階に過ぎないのに早くも民主党政権ではなし得なかった、株高・円安誘導に成功して世間の耳目を集めています。
 しかし、わしが注目したいのは、自民党のマニュフェスト(総合政策集 J-ファイル2012)の、Ⅸ .  地方の重視・地域の再生 2.中小企業対策・地域活性化(61ページ以下)に明記されている、「中小企業基本法の改正と小規模企業基本法の制定」「地域(中小・小規模企業)購入 & 再投資法(仮称)の制定」という部分です。

2012年12月29日土曜日

伊勢神宮外宮と内宮の間を歩いてみた(その2)

(承前)伊勢神宮外宮と内宮の間を歩いてみた(その1)

 伊勢市駅を起点に、外宮前から御幸道路(みゆきどうろ)を30分ほど歩くと、皇學館大学などの文教エリアに入ってきます。
 進行方向左側に、大学の門が見えます。

2012年12月28日金曜日

伊勢神宮外宮と内宮の間を歩いてみた(その1)

 伊勢神宮には何度も来たことがあっても、内宮(ないくう)と外宮(げくう)の間を歩いて参宮したことがある方は少ないかもしれません。
 内宮と外宮は約4キロ離れており、バスで15分程度、渋滞時には30分以上かかることも珍しくありません。特に自家用車利用の場合、内宮は場所的に奥まっていてクルマが集中しやすいのでまったく動かないこともしばしばです。
 お正月の間、伊勢神宮周辺は交通規制されパークアンドバスライド方式となりますが、伊勢まで電車でお越しの場合、JR・近鉄伊勢市駅を起点に、外宮参拝、次に内宮まで歩いて内宮参拝という行程も、ある程度体力ある方なら十分に可能です。
 むしろ、ぶらぶら散歩がてら伊勢の街中を歩くのも楽しいと思いますので、そのルートを2回に分けて紹介します。

2012年12月26日水曜日

空洞化はウソじゃない

 製造業中小企業は海外に進出するべきか?

 答えはイエスであり、ノーでもあります。

 ひとくちに製造業と言っても、また、ひとくちに中小企業と言っても業種や業態、規模、ビジネスモデルは多様で、技術力や生産力の差もさまざまです。
 付加価値の高い商品を製造している企業にとっては、現代日本の市場の成熟化はむしろ望ましいものでしょうし、自動車や家電といった大量生産型の企業にとっては、少子高齢化が市場の縮小に直結します。

 往々にして、政治や行政が製造業を語るときは、大企業や裾野企業が多い業種、労働組合が強い業種といった、つまりは政治的な影響力が大きい大量生産型・輸出型の製造業が念頭に置かれることが多いため、どうしても昨今の市場の変化を「縮小」と捉え、成長著しい新興国、特にアジアへ進出しようという対策が示されることが多くなります。

 製造業は商業やサービス業に比べて雇用吸収力は低いものの、相対的に正社員の比率が高く、給与も高いため、地域にとっては質の高い雇用を支える非常に重要な産業です。そのため、特に地方は製造業企業が工場を海外に移転させる「産業空洞化」を忌み嫌います。
 もっとも、製造業の現場は技術革新によって省人化が進んで雇用吸収力は低下しており、最近は若者の製造業離れもあって人材確保にも四苦八苦しており、かなり状況は変わってきているのが実態ではあるのですが。

2012年12月25日火曜日

リバース・イノベーション・・・言うは易しだが

日本の製造業の地位が相対的に低下しており、これを何とかしなくていはいけない、という議論が盛んです。

 その対策として、一般的には、工場のような製造(組み立て)部門はコストが安い海外に移転することは仕方がないが、その一方で商品の企画や開発、研究といった部門は日本に残す、という分業の確立と、海外への販路を北米やヨーロッパなどの先進国だけでなく、人口が多く、工業化によって所得も向上してきた新興国市場にも展開する、という経営戦略が提唱されてきました。

 しかし、この戦略、つまり、企画開発部門を日本に残したまま生産と販売は新興国で行うという目論見が必ずしも想定通りにうまくいかないことも明らかになってきています。

 この本 リバース・イノベーション V・コビンダラジャン、C・トリンブル著 ダイヤモンド社 は、日本企業よりもいち早く新興国市場に本格進出したアメリカ企業が直面した失敗事例の紹介と、その原因の究明、そしてそれへの対策を述べた本です。
 非常に示唆に富む内容なので、商工業振興に関心がある方のご一読をおすすめします。


2012年12月24日月曜日

日替わりシェフキッチン「サラダボール」に行ってみた

 三重県多気町の丹生(にう)地区にある、日替わりシェフキッチン サラダボールに初めて行ってきました。

 丹生はかつて水銀の産地として繁栄した土地で、現在ではごく普通の静かな農村地域といった風情ですが、丹生大師(にうだいし)との別名がある神宮寺の壮大な伽藍が残り、街道沿いに家々が立ち並ぶ光景は、かつての繁栄をしのばせるに十分です。

 しかし、丹生が全国的に有名なのは、ここが「地域おこし活動」の先進地域だからです。

 地元の農業用水を管理している立梅用水土地改良組合が中心となったまちおこし活動であるとか、農家の主婦による地産地消レストラン「せいわの里まめや」は成功例として特に有名で、大勢の観光客のほか、全国から農業団体や行政機関の視察が絶えない地域でもあります。

 その丹生地区にある物産販売施設「ふれあいの館」が今年5月にリニューアルされ、同時に、サラダボールもオープンしました。

2012年12月22日土曜日

またまた年末恒例「きいながしま港市」へ行ってみた

 この時期恒例の、年末きいながしま港市に行ってきました。

 三重県紀北町の紀伊長島漁港を会場として特産である鮮魚や干物、弁当、寿司、惣菜、お菓子などを、約三十件の業者が一堂に会して出展・販売しています。
 今年は12月15日から12月27日までの13日間、朝9時ごろから午後2時ごろまで開催されるそうです。

 今日は、前日からの雨も上がって薄日が差し、傘は不要だったもののかなり肌寒い天気となりました。
 
 

2012年12月21日金曜日

石本果樹園が「サンズ」ポン酢を開発

 中日新聞(12月19日付け)に サンズ復権へポン酢 紀南高生がロゴデザイン という記事がありました。       
三重県紀宝町のミカン農家である石本果樹園が、希少な香酸かんきつである「サンズ」を使ったポン酢を商品化したという内容です。

 サンズは宮崎県原産のかんきつで、実が落ちにくいため繁栄の象徴として正月飾りに使われるほか、独特の芳香があることから南紀地方の郷土料理であるサンマ寿司の香り付けなどに使われているそうです。

 石本果樹園はこのサンズを栽培しており、県外のメーカーにポン酢の製造を委託。「さんずぽんず」とまんま命名されたこのポン酢のラベルのロゴは、地元にある三重県立紀南高校の生徒によるデザインとのことです。

 
 この「サンズ」というみかん、わしは東紀州観光まちづくり公社に勤務するまで、聞いたことも見たこともありませんでした。

 しかし、ミカン栽培が一大地場産業である紀宝町においては、採りたてのサンズを酢の代わりに料理に絞って使うことは常識らしく、「知らない」ということをなかなか信じてもらえませんでした。

2012年12月20日木曜日

伊勢慶友病院が移転、跡地活用は未定

 伊勢市にある伊勢慶友病院が、現在地から2kmほど離れた旧山田赤十字病院の跡地に、来年中をメドに移転することが公表されました。
 旧山田赤十字病院は、今年1月、伊勢赤十字病院と名称を変えて別の場所に新築移転しており、跡地は現在は空き家になっているので、伊勢慶友病院の移転入居はいわば「居抜き」ということになります。

 
 実は、この移転話は地元伊勢ではかなり有名であり、伊勢赤十字病院が竣工する前後、わしも知り合いから「日赤の後には慶友が入り、慶友の後にはスーパーが入居するのだ」と教えてもらったことがあります。(あんた、まだ知らんの?という顔をされて。)

 伊勢慶友病院は10年ほど前に運営主体が変わって現在の名称になり、病床も療養型になっていますが、その前は脳神経外科が有名だった慶応大学伊勢慶応病院、さらにその前、わしが子供の時分は確か亀谷病院という名称だったと思います。

2012年12月19日水曜日

TOICAとPITAPAが相互利用可能に

 SUICAなどの、いわゆる交通系ICカードの全国相互利用サービスが来年3月23日(土)から始まると発表されました。
 交通系ICカードは全国のJR、私鉄で制度が乱立しており、利用者からも鉄道会社・バス会社などの垣根を越えた相互利用についての要望が高まっていました。相互利用を可能とする方針で作業を進めることは交通事業者間で今年5月にすでに合意しており、それが実現されることになったものです。(近鉄ホームページによる告知はこちら

 はんわしも通勤で電車を利用していますが、三重県内の近鉄でも徐々にICカードPITAPA(ピタパ)利用の乗客は増えてきているようには感じます。もっとも、毎朝見る限りでは、IC利用者はまだ3割くらいで、残りの大多数は改札口に投入する従来型のきっぷや定期券の利用者ですが。
 ICカード相互利用で便利になると思う反面、まだ首都圏に比べて圧倒的に未整備であるICカードに対応した改札機の完備など施設面の充実は必須になるでしょう。

2012年12月17日月曜日

地域再生大賞に「きほく里山体験笑楽校」がノミネート

 共同通信社と全国の地方紙が合同で行っている「地域再生大賞」の、今年度のノミネート団体が公表されました。
 この地域再生大賞は、深刻化する地方の疲弊を打破しようと地域再生活動に取り組む団体を各新聞社が記事として取り上げ、団体を支援するのが狙いで2010年に設けられたものです。

 詳細は47ニュースのホームページに掲載されていますが、三重県でノミネートされたのは、紀北町のきほく里山体験笑楽校でした。(リンクはこちらです)

 のきほく里山体験笑楽校のエントリーシートによると

 三重県の南部に位置する紀北町下河内地域は、人口5人の限界集落。住民だけではなく、この土地に惚れた人が守る会の会員(76人)となっている。
 旅籠家だった築120年の古民家を改装し、活動の拠点としている。里山の美しい景観を守り、そば打ち教室や農業などの会員の得意分野が体験プログラムという形にして、昔ながらの知恵や伝統を伝えている。住民以外の人が支えるこの集落に、年間約900人が訪れている。

 とのことです。

2012年12月16日日曜日

ミナツドエin津に行ってみた


津市で開催された 創業・ビジネス交流会 ミナツドエin津 に行ってきました。

 創業して間もない経営者や、これからの創業・起業を目指す方のほか、行政や支援機関の職員を含め100名以上が参加する、なかなかの盛況でした。

 先週参加した、ビズスクエアよっかいちのビズカフェは、先輩起業家のセミナーと意見交換のスタイルであり、民間インキュベーション施設が主催したものでしたが、今回のミナツドエは「見つける新たな出会い、広げるビジネスの輪」というサブタイトルが示すとおり、参加者による自社のビジネスの簡単なプレゼン大会と、参加者どうしの交流会が中心のイベントであり、主催も、津市と商工団体や日本政策公庫からなる「ソケッ津」なる創業サポーターグループが担っています。

 わしにとっても、久しぶりにお目にかかる方々ともいろいろ情報や意見が交換でき有意義でした。 どうしても「創業を支援する側」「交流会を仕掛ける側」からの見方にはなるのですが、いくつか気のついた点をメモしておきます。


2012年12月15日土曜日

モクジュ・ブレスレッドを購入してみた

 先日のブログで紹介したおわせカンパニーのオンラインストアを使って、世界遺産・熊野古道の森の尾鷲ひのきを使ったブレスレットであるというモクジュ・ブレスレッドを購入してみました。

 今日、自宅に届いたのでレビューしてみます。(ブログ記事は 2012年12月9日付け おわせカンパニー オンラインストア開店!


  モクジュとは「木珠」、すなわち木の球の意味です。ひのきは広葉樹などと比べ柔らかい樹木であり、微細な製品に加工することが難しい素材だそうで、このモクジュ・ブレスレッドは数珠メーカーとのコラボによって世に出たもので、職人がひとつひとつ手作りしているとのことです。
 オンラインストアで注文したのは今週の火曜日。サイト上の買い物かごから商品購入を決定すると、振込先が書かれた購入確認のメールが送られてきます。

2012年12月14日金曜日

イトーファーマシーが情報化優良企業表彰最優秀賞に

先日、第9回日本パートナーシップ大賞グランプリに、三重県の「まごコスメプロジェクト事業」が選ばれたことを書いたら(12月4日付け もっと知ってほしい「三重県発」の快挙)、ようやくいくつかのマスコミがこのことを報じるようになりました。

 このブログはマスコミの方も多くご覧になっているようなので、もうひとつ、あまり報じられていない三重県の中小企業の快挙をご報告したいと思います。

 それは、鈴鹿市を拠点に調剤薬局や居宅介護支援施設等を展開している有限会社イトーファーマシーが、情報化優良企業表彰の平成24年度最優秀企業賞を受賞したことです。

 この情報化優良企業表彰は、情報機器の購入やソフトウェアの導入・開発、ネットワーク構築などのICT化(情報化)に取り組むことで経営革新の成果をあげた企業と、その企業のICT化を支援した支援機関をセットで顕彰するというもので、経済産業省の外郭団体である財団法人全国中小企業取引振興協議会が行っています。

 最優秀企業賞に輝いたイトーファーマシーは、以前にもこのブログに取り上げたことがありますが、小規模ながら非常に先進的な取り組みを行っている、エクセレントな企業です。
 今回の受賞の理由を、全国中小企業取引振興協議会のホームページから抜粋してみましょう。

2012年12月13日木曜日

足軽の誕生 室町時代の光と影


なぜだか今年のNHK大河ドラマ「平清盛」は視聴率が振るわなかったようです。これは、このドラマの舞台である平安時代末期が、2012年のいま現在の日本の状況と酷似しており、複雑に入り組んだストーリーやどうしようもない閉塞感が、ある意味で視聴者の拒否反応にあっているのではないかと思うこともあります。   

 古代以来、飛鳥時代、奈良時代と続いてきた天皇制は、平安時代初期には強力な天皇親政であるものの、その後に有力公家が実権を持つ摂関政治となり、平安時代末期には院政、すなわち退位した元天皇が裏から現役の天皇を操る仕組みへと変化していきます。
 主導権を巡って天皇と院の対立が恒常化し、政治権力は混乱し、利害関係は錯綜し、そこに武士が介入する余地を生み出しました。

 この本 足軽の誕生 室町時代の光と影 (早島大祐著 朝日新聞出版)が取り上げているのは、その平安時代から二百年が経過した15世紀の室町時代の話です。

 早島さんによれば、室町時代とは、鎌倉幕府(武家政権)が崩壊して足利尊氏が京都に室町幕府を建てたことによって、武家権力と天皇・公家権力が、実に3百年ぶりに京都に同居することとなった、いわば京都に政治的な核が一元化された時代でした。
 それと同時に、政治・経済は、京の都にまで進出してきた武家によって主導されるという特徴も有していました。

2012年12月12日水曜日

12・12・12

 クルマで出張。ラジオを聴きながら運転していたら、「ただいま、12時11分15秒です。あと45秒で12分です。」と言っているのが聞こえました。
 なんだこのアナウンスは?と一瞬思ったのですが、よく考えると今日は2012年12月12日、ゾロ目の日です。
 間もなく、その12時12分になる、ということをわざわざ教えてくれていたのでした。
 
 その記念に、というわけでもないけど信号待ちの間に写真を撮ってみました。残念ながらこのカーラジオにはカレンダーがないので、1212としか表示されなかったのですが。

2012年12月11日火曜日

経営者よ、イノベーションに取り組もう

ここ数日、三重県内の中小企業を何社か訪問しています。

 経営者の皆さんが異口同音に言うのは、今年は、リーマンショック、東日本大震災による二度の大きな落ち込みから回復基調になり、夏ごろまでは調子が良かったものの、9月くらいから腰折れになり始めたように感じるということです。

 一方で、企業決算のニュースを見ると、史上最高益を達成したという企業も決して少なくありません。
 実際には日本全体が不景気なわけでは決してなく、業種・業態によって、あるいは地域によって、そして(厳しい言い方ですが)経営手腕によって、実は景況はばらばらのまだら模様になっているというのが本当のところなのでしょう。
 しかし、少なくともはんわしが聞いた数社は、秋から始まった腰折れがしばらくの間は何らかの悪影響をもたらすだろうという見方で一致していました。

 これらの企業がそうだというわけでは決してありませんが、わしにとって不思議なのは、今までのビジネスのやり方では通用しないことはもはや明らかであるのに、危機感を持って何らかの打開策を切り開こうとしている経営者があまりにも少ないように感じることです。

2012年12月10日月曜日

2013年1月開催の創業支援情報

 今年も残すところ3週間余り。来年のスケジュールがぼちぼちとカレンダーに入ってくるようになりました。
 先日のビズカフェよっかいちについてはブログにも書きましたが、来年1月にも四日市市と桑名市で、創業(起業)希望者もしくは創業まもない人を対象にしたセミナーが開催されるのでアップしておきます。

四日市志創業応援隊「創業カフェ」
 
 安藤食品サンプル製作所 代表 安藤恭子氏による創業体験談 ~この地域で私がしたいこと~のあと、参加者交流会(グループディスカッション)が行われます。
日時:平成25年1月11日(金) 18:30~20:30
場所:四日市商工会議所
参加費:500円
http://www.yokkaichi-cci.or.jp/web/12/post_763.html

創業フォローアップセミナー&起業家交流会in桑名
 「本気の朝礼」が超有名な居酒屋チェーン、(有)てっぺん 代表取締役 大嶋啓介氏による、 創業を成功に導く最高のチームの作り方!と題した特別講演と、希望者による「創業プレゼンテーション大会」、そして参加者交流会が行われます
日時:平成25年1月12日(土)10:00~16:45
場所: くわなメディアライヴ1階多目的ホール
参加費:500円
http://www.kuwana.ne.jp/chamber/keiei/sougyo/index.html#no2

 また、これから創業を考える人向けに、ビジネスプランの作り方や創業に必要な知識を学ぶ、鈴鹿商工会議所創業セミナーも開催されます。
日時:平成25年2月9日(土) 9:30~12:30 13:30~16:30
場所:鈴鹿商工会議所
参加費: 2,000円(フォローアップ相談料・資料代込み)税込み
http://www.scci.or.jp/keiei/sougyou2012.html

 いずれも事前申し込みが必要で、定員になり次第受け付けは締め切られますので、参加表明はお早めに。

2012年12月9日日曜日

おわせカンパニー オンラインストア開店!

 尾鷲ヒノキの間伐材アイテム専門のオンラインショップである おわせカンパニー がオープンしたので紹介します。

 尾鷲ヒノキは背後に紀伊山地・大台ケ原の山塊が迫り、眼前には洋々たる熊野灘が広がる、温暖・多雨の地である三重県尾鷲市と紀北町の特産です。

 年輪が緻密で硬い(剛性が高い)という特長があり、かの関東大震災の時に尾鷲ヒノキを使って建てた家に倒壊を免れた例が少なくなかったことから、戦前から高度成長期にかけて、主に木造住宅の柱や梁といった構造材に珍重された、いわゆる「ブランド」木材です

 しかし、全国の木材産地同様、尾鷲ヒノキも完全に斜陽と言ってよい状態になっています。日本有数の産地でありながら、尾鷲市内で林業に従事しているのは平成17年のデータで全産業就業者数の0.6%にすぎません。(もっとも、これでも全国平均よりは相当高いのですが。)


2012年12月8日土曜日

12月のビズカフェよっかいちに行ってみた


 四日市市にあるインキュベーションオフィス、BizSQ41(ビズスクエアよっかいち)主催のBizCafeに参加してきました。
 今日の講師は、松阪市に本社を置く 株式会社アクアプランネット の代表取締役 福政惠子さん。
 全身からオーラが滲み出ているような、たいへん魅力的な方でした。

 アクアプランネットは、ソフトウエア会社のOLだった福政さんが平成6年に創業。当初は学習塾としてのスタートでした。

 For Living Well ~よくよく生きるために~を事業の理念に据えているのは、ビジネスの変転が早いコンピュータ業界に身を置いているうちに、これからコンピュータで置き換わる仕事はどんどん置き換わっていき、人間がする仕事は難しい内容のものばかりになる。そのように世の中が生きにくくなっていくとしたら、人々に、よりよく生きていくためのプランニングが提供できるネットワークを創ろう、と考えるようになったからだそうです。

2012年12月7日金曜日

実際に結果を出す経営者の哲学に触れる本


今、話題の書となっている モノづくりこそニッポンの砦 伊藤澄夫著(工業調査会)を再読しました。

 三重県四日市市という一地方の中小企業でありながら、今や時代の兆児といった感さえある、株式会社伊藤製作所、そして伊藤社長ですが、注目されている理由は、10年以上前から「日本の製造業は早晩、海外展開が避けられない」と見抜き、当時の常識に抗って、中国でも韓国でもなく、フィリピンに進出し工場を建設したという先見性でしょう。

 今になって尖閣問題などを契機とした中韓での反日運動が激化し、現地に進出した日系企業の多くがカントリーリスクを再認識せざるを得ない状況に至って、結果的にその慧眼があらためて認められるようになったのです。


2012年12月6日木曜日

流行の感度が、高いのか低いのか

日経新聞電子版より
12月5日付けの日経MJに、2012年ヒット商品番付がででーんと特集されていました。歳末が近づいてきたと実感します。

 ある宗教団体の事件をきっかけに、現実の社会風俗とは乖離してしまい、ちっともはやっていない言葉が大賞になってばかりいる「流行語大賞」に比べて、ヒット商品番付のほうは、日々、経済や流通のニュースにある程度関心を持っていたら、なるほどと得心する内容ではないかと思います。

 
 詳細は記事をお読みいただくとして、この1年、自分がアクティブに過ごしていたかどうか、ランクインしている商品・サービス・名所などに実際、自分がアクセスできていたかを振り返ってみます。

 まず東の横綱 東京スカイツリーですが、こちらはオープン早々、行く機会がありました。
 ただし、まだタワーは予約制で一見さんは登ることができませんでしたので、東京ソラマチとすみだ水族館に行っただけなのですが。(詳しくはこちら

2012年12月4日火曜日

もっと知ってほしい「三重県発」の快挙

 第9回日本パートナーシップ大賞(主催:NPO法人パートナーシップ・サポートセンター)の最頂点であるグランプリに、三重県からエントリーされていた「まごコスメプロジェクト事業」が選ばれました。この快挙をもっと広く知ってほしいので、今回はこれをご紹介します。 

 社会が大きな変革を迫られている中、NPOと企業のパートナーシップを確立・活性化することによって新しい市民社会・新しい公共の実現に寄与することをめざし、パートナーシップ・サポートセンターは2002年に、この「パートナーシップ大賞」を創設したそうです。
 NPOと企業の優れたパートナーシップ事例を選出し、表彰することで、営利と非営利という本来なら相容れないと考えられていたNPOと企業の協働が可能であることを示し、その具体例によって協働の意味や価値、重要性を社会にアピールし、両者の協働を推進することを目的としているとのこと。

  さる12月1日、名古屋市内で開催された第9回パートナーシップ大賞発表会では、全国から集まった33事業の中から、一次審査、現地調査・ヒアリング調査を経て、二次審査を通過した6事業による最終プレゼンテーションが行われました。

 その結果グランプリに選ばれた「まごコスメプロジェクト事業」の内容は以下のようなものです。

2012年12月3日月曜日

ROUTE42を見てきた

 今、三重県で話題になっている映画ROUTE42を見てきました。
 地元自治体やフィルムコミッションの全面的な支援を受けて撮影・制作されたもので、三重県を代表する名勝地 伊勢志摩(伊勢市、鳥羽市)や、東紀州(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)などでのロケーションをふんだんに取り入れ、非常に美しい映像が印象的な作品です。

http://www.movie-route42.com/index.html
ここから先は、まだ映画を見ていない方は絶対に読まないでください。

2012年12月2日日曜日

処方箋はわかっているのですが・・・

水産学者であり三重大学準教授である勝川俊雄さんの著書
 日本の魚は大丈夫か(NHK出版新書)
 を読みました。

 漁業は三陸から生まれ変わる というサブタイトルの通り、東日本大震災により壊滅した東北三陸沖の漁業をいかに再生するかが本書の大きなテーマですが、それ以前に、日本漁業の実情や、それを取り巻く世界の漁業環境の紹介、そして、日本の漁業を再び力強い産業にするためにはどうすればいいか、を提言しています。

 読んで初めて知ったことがたくさんあり、良質な入門書だと思いますのでぜひご一読をおすすめします。


2012年11月30日金曜日

開運海山道神社をお参りしてきた

 近鉄名古屋線を四日市駅から南下すると、左手の身近に四日市コンビナートの煙突やプラントが迫ってくるあたりに「海山道」(みやまど)という小さな駅があります。
 この駅にほとんど隣接して建っているのが、地元で「みやまどさん」と呼ばれて親しまれている海山道神社です。

 わしの現在の勤務地からはぶらぶら歩いて15分ほど。
 この数日は、いよいよ寒さが本格化してきた感がありましたが、今日はわりに暖かかったので、昼休みに散歩がてらお参りしてきました。

2012年11月29日木曜日

起業家はなぜいつも不幸なのか?

 GIGAZINEに、Polyvoreというネットショップを起業したと経営者Jess Leeさんのブログが引用されています。
 Why Startup Founders are Always Unhappy(なぜ起業家はいつも不幸なのか)と題されたブログの内容は、「起業家は常にストレスに満ちており、たとえその会社が成功を収めていても不幸せを感じる瞬間がままあるが、なぜそのような精神状態になるのか」を考察したものです。

 
このグラフのX軸を経年、Y軸を業績とします。仮に創業直後の企業が、トレンドとしては右肩上がりで成長していたとしても、ミクロ的にみると短期的な業績は小さな上下を繰り返しています。

 マクロ的にはB点はA点よりずっと上にあります。しかしミクロではA点は上昇基調の中にあり、反対にB点は下降基調の中にあります。なので、創業者の「体感」としては下降基調にあるB点にいる間は「不安」や「不幸」を感じやすくなります。
 このような細かい波動上の不安や不幸が常に繰り返しやってくるので、企業が成長していても起業家は不幸を感じやすいというわけです。
 では、どうしたらいいのか。Leeさんのアドバイスは以下のようなものです。

2012年11月28日水曜日

三重県経営品質協議会11月例会に参加

 企業や組織、団体などが、ビジネスや業務などその組織の能力を高めるとともに、顧客満足、従業員満足を高めることを通じて「素晴らしい経営」を実現することをサポートしている、三重県経営品質協議会の11月例会に参加してきました。

 この月例会は、ほぼ毎月、津市内で開催されていますが、今回の講師は2011年度 三重県経営品質賞優秀賞を受賞した、多気町にある医療法人夢真会 せこ歯科クリニックの世古武嗣院長でした。
 たいへん有益なセミナーでしたので、志の高い経営者や組織のマネージャーと内容を共有したく、レビューさせていただきます。(ただし、以下の文責はすべてはんわしにあります。)

 世古院長によると、現在三重県内には約900軒の歯科医院があります。コンビニの1.6倍もあるため競争状態となっており、今は5人に1人が年収300万円以下という、かつて歯科医と言えば儲かる職業の代名詞だった時代とは大きくかけ離れてしまっているのが現状です。

 世古院長は強い動機がないまま大学歯学部に進学。在学中に教授から歯科医の厳しい現実を知らされショックを受けましたが、逆に「自分が歯科医院を開業して成功することで、後進の若い人たちに歯科業界はまだ十分に活躍の余地があることを知ってもらうためのモデルを作る」という決意を固めます。

 歯科医になり、勤務医をしている間も、青森から鹿児島まで全国の流行っていると評判の歯科を実際に訪れてベンチマークするなどの努力を重ね、2005年10月に多気町でせこ歯科クリニックを開業しました。

2012年11月27日火曜日

ミズノインダストリー阿山が事業所を閉鎖へ

 msn産経ニュースによると、11月26日、スポーツ用品大手のミズノは、管理業務の効率化などを理由に、ミズノインダストリー阿山(三重県伊賀市)ほかの子会社3社を、来年1月にミズノテクニクス(岐阜県養老町)に統合すると発表しました。
 ミズノインダストリー阿山で行っている野球ボールの保管・管理業務は、来年4月に野球のバットなどを生産するミズノテクニクスに移管され、阿山の事業所は閉鎖されます。

 ミズノは明治39年の創業期から、当時まだ全く無名のスポーツだった野球のボールを輸入・販売しており、大正2年には自社で野球ボールの製造を始めました。                         
先発メーカーとして、野球ボールの重さ(5オンス1/4)、大きさ(周囲9インチないし、9インチ1/4)、縫い目の数(108)、さらには「4m12cmから落下させ、1m32cm~37cmの間にバウンドする」という反発係数の規格化を主導した輝かしい歴史を有しています。

 ミズノインダストリー阿山は、国内のミズノで唯一、この反発力試験の設備を備えている野球ボール専用工場であり、「(創業者である水野利八が)定めたボール規格を忠実に守り、仕上げるための最新鋭の『設備』と『生産体制』が整えられている。」とわざわざホームページで紹介されているほどの事業所でした。

2012年11月26日月曜日

伊賀上野「ハハトコ食堂」に行ってみた

 おかげさまで、はんわしは三連休でした。なかなか行く機会がなかった、三重県伊賀市にあるハハトコ食堂に行ってみました。


 ハハトコ食堂は、伊賀市(旧上野市)の中心市街地である、西町という地区にある町家を利用したレストランです。
 伊賀上野の中心地は戦災にあっておらず、江戸時代、西国大名の東進をブロックする目的で築城された上野城(伊賀上野城)の城下町のたたずまいが色濃く残っています。

 以前、ここは西膳という名前のレストランでしたが数年前に伊賀の里モクモク手づくりファームのスタッフによってリニューアルされました。

 地元伊賀産の食材を中心にした地産地消色が西膳のころよりも一層強くなっている印象です。

2012年11月24日土曜日

「尾鷲よいとこギフト」を勝手に応援

 三重県南部、人口2万人の尾鷲市は、眼前に熊野灘、背後に急峻な紀伊山地が迫っており、温暖多雨、日本では屋久島の次に雨が多い地域です。

 しかし、それゆえに豊かな自然からの恵みは数多く、良質な木材である尾鷲ヒノキが有名なほか、カツオ、マグロ、サンマ、ブリ、タイ、伊勢エビ、マンボウといった魚介類もたいへん豊富です。

 リアス式海岸のため地理的に隔絶されており、長らく交通事情も悪かったため、地域特有の食文化が残っており、さまざまな調理法、加工法が今でも伝わっているグルメの町でもあります。


 さて、それら尾鷲の特産品を集め、まるごと詰め合わせたギフトセットが販売されています。
 それが尾鷲よいことギフトです。

 内容の詳細や価格は、こちらの(協)尾鷲観光物産協会のホームページをご覧ください。
 
 はんわし個人的には、よそにはあまりない「かつおくんせい」とか「甘夏サイダー」、「薬膳ソルト」なんかがおススメです。

 ご関心のある方は、ぜひ。

■協同組合 尾鷲観光物産協会(尾鷲よいとこギフト) http://ya-yabin.digi2.jp/yoikatarogu.html
 

2012年11月23日金曜日

最近、個人的にこんがらがっていること

 先日、三重大学工学部の学生さんによる四日市コンビナートの見学会&先輩社員との意見交換会というものがありアテンドしてきました。
 これは産官学で構成する協議会が開催したもので、コンビナート企業のいわば本業である「化学」を専攻する学生でなく、電気電子や機械を専攻する学生を対象に、コンビナートの膨大な精製プラントを維持管理し、安全で良好な運転を支えるために電気電子や機械の技術者が多数活躍している現状を知ってもらい、将来の人材確保につなげることが狙いでした。


 参加した学生の多くは、今まで景色として見たことはあっても、おそらく深い関心がなかった四日市コンビナートの現場を見学し、石油化学産業への理解を深めていたようでした。

 この見学会は、四日市市が事務局的な役割を果たしたほか、ほぼ全面的にコンビナート企業と三重大学による自主的な参画で成り立っています。
 本来、産業の振興や雇用の拡大といった課題に関しては、このような「当事者(企業)による自主的な取り組み」を行政がサポートしていくのが好ましい姿だと思っていますが、その好例だと感じます。

 しかし、世間一般では「企業の自主的な事業活動にゆだねていては、過当競争で経済が成長しない。日本が競争力を維持するためには成長産業を選択して国や自治体が企業のリソースをそれに集中するように導くべきだ!」という意見が驚くほど多いのです。
 これをどう考えたらいいのでしょうか。

2012年11月22日木曜日

近鉄宇治山田駅にTime’s Placeがオープン

 かねて改装工事中であった近鉄宇治山田駅構内の土産物ショッピングゾーンが、Time’s Place うじやまだ として今日オープンしました。

 タイムズプレイスは近鉄の関連会社が運営している、いわゆる「駅なか」の商業施設で、難波、京都、西大寺などのターミナル駅に立地していますが、宇治山田クラスの地方駅に出店するのはおそらく初めてのケースではないかと思います。(実際に、売り場の規模もこれらの駅の1/10くらい)


 宇治山田駅正面から左手を見ると、左端にこれまた新装なった赤福の販売コーナーがあり、その奥にタイムズプレイスの入り口があります。

2012年11月21日水曜日

もうちょっと工夫がいるのでは?

 毎日新聞(11月19日付け)によれば、「第13回全国まちづくりカレッジ2012 in 伊勢」なるイベントが伊勢市観光文化会館で開かれ、全国から大学生ら約200人が参加したとのことです。
 「全国まちづくりカレッジ」は、地域活性化やまちづくりを目的として地域で活動している大学生たちの活動発表と交流を目的として開催されているもので、各大学・学生の活動報告や課題の共有を図り、自分たちの活動に生かすとともに、まちなか探索やワークショップを通じて全国の仲間との交流を促進する目的で開催しているとのことです。
 会場では、松本大(長野県)が子どもたちのスポーツ支援に取り組む「キッズスポーツスクール」を、京都文教大学が特産の宇治茶に注目した「宇治茶レンジャー」などの事例発表を行ったとのこと。また、フォーラムでは、「学生はアイデアがあっても、ツールを持っていないので、行政やNPOなどがバックアップしてほしい」などと、地域と大学の連携について意見を交わしたとのことです。
 
 三重県内での地域と大学との交流は活発化してきているのか、先日も読売新聞が「自治体と学生 タッグ 現地おもむき意見交換」という記事を掲載していました。(11月1日付け

2012年11月20日火曜日

三重のすごい中小企業(スクリーン編)

 新幹線に乗っているときに、何気なく上げ下げしているロールスクリーン
よく観察してみると、普段乗っている近鉄やJR在来線の列車のそれとは全く違うものであることに気づきます。
 両端が窓枠の中に挟み込まれているので、バタついたり、たるんだりしない。
 自分の好みの位置でピタッと止められる。ズリ落ちたり、ズリ上がったりもしない。
 しかも、このスクリーンは一番下にあるバー(取っ手)のどこの部分をつかんでも、まっすぐに引き下げることができる。

 これってすごいことです。

 こんなすごいロールスクリーンを作っているのが、三重県の津市にある中小企業であること、ご存知でしたでしょうか?

2012年11月19日月曜日

スーパー公務員にはご用心

 録画しておいた経済番組を見ていたら、ある市役所のスーパー公務員という人が取り上げられていました。
 その市は、大都市圏から離れたいわゆる中山間地域にあって農業が主力産業。そのスーパー公務員はそこで地域おこしの業務に従事しており、奇抜なアイデアと型破りな実行力で次々に成功例を作り上げているとのこと。
 実例として、ある限界集落地域で栽培されたお米をブランド化して、地域のモノガタリと共に都市部の消費者に販売。ブランド米の販売が好調で、その限界集落には農業をするためにUターンする若い人も生まれ、その集落は限界集落の定義から脱することができたそうです。
 地域振興を担当していた公務員なら容易にわかるように、本当にこれは素晴らしい、信じがたいほどの成果です。このような輝かしい成果を生み出した中心人物がスーパー公務員と呼ばれるのは当然ですし、そのノウハウを学ぼうと全国から行政機関の視察が殺到しているのも理解できることではあります。

 しかし、わし的には少々疑問が出てきます。

2012年11月18日日曜日

山田上口「駅の同窓会」に行ってみた

 JR東海参宮線の駅、山田上口(やまだかみぐち)の駅舎内で開かれた写真展「駅の同窓会」に行って来ました。
 このイベントは駅周辺にある自治会が中心となって主催されたもののようで、手づくり感いっぱいでしたが、懐かしい貴重な写真が展示されており、なかなか興味深いものでした。


 明治30年に開業した山田上口駅は、伊勢市街(山田地区)の玄関口として、また、駅に隣接するタイヤ工場(横浜ゴム)への貨物駅として賑わっていましたが、現在は無人駅となっており、1時間に1~2本の普通列車が発着するのみ。普段は閑散としています。

2012年11月16日金曜日

三重中京大が示す地方大学の危機

 明治神宮野球大会に、愛知・東海・北陸三連盟代表として出場していた三重中京大学が、11月12日の準々決勝で、東京六大学連盟代表の法政大学に0対1で惜敗したことが各紙に報じられていました。
 三重中京大学は三重県内でもその存在を知らない人が実は少なからずいるという、松阪市にある小さな大学でした。皮肉にも、三重中京大学が有名になったのは神宮での活躍と同時に、同校が今年度、つまり平成24年度の卒業生をもって閉校するという、地方における深刻な少子化や、近年の大学乱立による新入生獲得競争の激化といった「地方大学経営難の時代」を体現していた存在だったという点です。


2012年11月14日水曜日

先に行った人へ

 わしも、若いときに比べて疲れやすいとか、すぐ腰が痛くなるとか、日々体力の衰えや気力の衰えを感じる時が多くなりました。
 しかし、老いへの不安は、何よりも学校の同級生や職場の同期生の訃報に接した時に極大化するようです。

 同期に入庁した友人の死を知りました。

 三重県庁では、新人は2年間本庁に勤務した後、次の5年間は出先機関に転勤する不文律があります。しかも最初の3年間は、原則として自宅から通えないような遠方の出先への転勤です。彼の場合はそこが尾鷲か熊野だったと思います。

2012年11月13日火曜日

麹関連食品の市場規模が31倍に!

元は日経MJで読んだのですが、マーケティング調査機関・シンクタンクである富士経済が先月、国内加工食品市場のトレンド分析を公表しました。

 2012年7月~8月を対象として、加工食品市場をコンセプトやフレーバー別に調査し、近年のトレンドを分析したものですが、興味深いのは2011年にテレビの情報番組で取り上げられたことをきっかけに、大ブームを巻き起こした「麹」関連の商品のブレークぶりです。
 ブーム当初は、健康に良いとか、肉などの食材が柔らかくなる、うまみが増すといった面から支持を拡大してきましたが、2012年に入ると麹を使った新商品の投入が相次ぎ、完全に市場で認知度を獲得します。

 富士経済によると、認知が高まるにつれて、塩の代替として使用できる汎用性の高さが評価されるようになり、調理時の利用方法がわからないトライアルユーザーに対して、メニュー専用調味料や鍋つゆといった派生商品の展開も増えているとのこと。調味料としてだけでなく菓子などのフレーバーとしても確立されつつあり、2012年の市場は、何と前年比31倍(!)の62億円と急拡大が見込まれると伝えています。


2012年11月12日月曜日

「朝ラーメン」に向ているラーメンは、これ!

最近、朝カレーとか、朝ラーメンとかが流行っているようですが、先日わしが大人買いしてきた東紀州(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)の産品のうち、有限会社モリタが製造している権兵衛ラーメン(乾麺タイプ)の塩味バージョンは、朝ラーメンに最適だと断言できます。

 モリタの麺は、国産のニシノカオリの小麦粉と、おわせ海洋深層水を使って製麺した独特のコシが特徴ですが、塩ラーメンは魚介スープのあっさりしたうま味がさらに引き立つ感じでオススメです。

 ただし、これはインスタントラーメンではなく、麺茹でとスープ作りは別々の鍋でやらなくてはならないので、忙しい朝は不向きです。

2012年11月11日日曜日

めっちゃ天気が良かった志摩半島

 秋の行楽シーズン、先週はやや遠出したので、今週は近場で伊勢市内から車で小一時間ほどの、志摩市安乗(あのり)に行ってきました。

 伊勢市から志摩方面には、通称「伊勢道路」と呼ばれる県道を通ります。
 道の両側は伊勢神宮が所有する神宮林で、広葉樹が中心のうっそうとした森林が迫っています。くねくねした険しい道ながら、幹線道路のため通行量も多く、けっこう気を使って運転します。


 出発から30分ほど、途中にある志摩市磯部町には、伊勢神宮内宮の別宮である伊雑宮(いざわのみや)が鎮座しています。

2012年11月10日土曜日

田舎暮らしに殺されない法

この本 田舎暮らしに殺されない法(朝日新聞出版)は、今から4年前に刊行された本で、前から読みたいと思っていたのを先日図書館で発見したので、やっと読了することができました。

 著者の丸山健二さんは芥川賞作家で、信州の安曇野で生活しながら創作活動を続けておられる方だそうです。

 「殺されない法」とは穏やかではありませんが、これはこの本が、都会でのサラリーマン生活を定年退職した人が、田舎暮らしへの漠然とした憧れや、都会の煩わしい人間関係から逃れたいというような安易な動機で、田舎にUターン、Iターンすると、とんでもないことになるよ、あなたの残りの人生が破滅するよ、という警告の書ともいうべき内容だからです。

 しかがって、田舎暮らしのためのノウハウ本ではまったくなく、そもそも、あなたはなぜ便利な都会での生活を捨てて、田舎で暮らしたいと考えるのか、それは何かからの逃避ではないのか、絵空事ではないのか、そもそもあなたという人間は、そんなふうに何かから逃げて逃げて逃げまくって、企業や組織に潜り込んで半生を送ってきた人間ではないのか、と、厳しく、真正面から問いかけられているような内容です。


2012年11月9日金曜日

現場を探すのはやめよう

 現場主義とか現場重視とかいう流行り言葉がありますが、それはどこまで意味を突き詰めたうえで使われているでしょうか。
 現場を知ることが第一、答えは現場にある、などと言われますが、その現場とは具体的に、どこの、 誰が、何をやっている現場でしょうか。

  常識的に考えて、世の中とは、あらゆる活動、あらゆる生活やいとなみ、あらゆる事業はすべて「現場」なので、現場の情報をすべて他人が知り尽くせることなどありえません。
 現場にいる人は長い時間と経験を積み重ねて、しかも往々にして、それにふさわしい適性や能力を持って現場に臨んでいるのですから、他人がそこから何かを学ぶ場合、実際の情報量の100万分の1くらいに目減りしてしまうことは当然と言えば当然です。

  しかし、重要なのは、なるべくありのままを、先入観なく、子供のような素直な気持ちで学んでくることです。つまり「事実」を集めてくることです。

2012年11月8日木曜日

スマートホン絶望工場

日経ビジネスオンライン(11月7日付け)に 中国iPhone工場の憂鬱  という記事が載っています。(リンクはこちら
 
 

 米アップルのスマートフォン「iPhone5」の主力生産拠点であるEMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の富士康科技(フォックスコン)の河南省鄭州市工場で、数千人規模のストライキが発生したニュースは日本にも伝えられましたが、その背景に迫った興味深いルポです。

 鄭州工場では10万人を超える(!)従業員が働いていますが、ある従業員によると、
「会社は『8時間労働』と言うけれど、実際には毎日2時間は残業しなければならない。残業を拒否すれば皆勤手当がもらえない。夜勤や休日出勤は当たり前で、繁忙期には月に1日しか休めない。」
  との過酷な労働条件であり、このため離職率が異常に高く、品質管理部門と生産現場の組立工との対立や、トラブルがあるとライン責任者は部下の中間管理職を怒鳴りつけ、中間管理職は現場の組立工を怒鳴りつける(時には暴力沙汰にも発展する)ことがごくありふれているという殺伐とした労働環境であることが伝えられます。

2012年11月7日水曜日

オバマ再選でほっとしている人は?

http://jp.reuters.com/
接戦と言われていたわりには、あっさりとオバマ大統領の再選が決まってしまいました。
 4年前は、初の黒人大統領、しかもハーバード大卒の弁護士、上院議員というエリートコースを歩んできた鋭才として日本でも人気が高く、福井県小浜市が当選祝いを送ったり、パッとしない芸人だったノッチが一躍脚光を浴びたりとか、いろいろなブームを巻き起こしました。

 
 しかし、よく言われるように、経済政策に関してはオバマ大統領は失政続きでした。中間層向けの公的保険の導入は、日本人なら特別に不思議な感じはしませんが、何よりも自由を重んじるアメリカ国民には意外に不人気でした。
 また、鳴り物入りだったグリーンニューディールも、太陽光発電や電気自動車のベンチャーが次々倒産するなどボロボロで、再生可能エネルギーが次世代を牽引する産業になるとは多くの人がもはや信じていないと思います。

 また、彼は「アメリカの製造業を復活させる」などと意味不明なことも言っています。自動車産業などの労働組合が有力な支持層だからでしょうが、重商主義的な政策がドル安を招き、日本に「超円高」をもたらしているのも皮肉です。

2012年11月6日火曜日

南伊勢町で「みかんツリー」が

伊勢志摩経済新聞より転載
11月2日付けの伊勢志摩経済新聞によると、三重県内でも有数のミカン生産地である南伊勢町で、今年の冬、「みかんツリー」を制作して光を灯そうというプロジェクトが生まれたそうです。

  「みかんツリー」とは、やはりミカンの産地として名高い愛媛県にあるNPOが、ミカンの皮を使ったまちおこしの一環として2006年から取り組んでいる事業とのこと。

 高さ3メートルのツリーには500個ものミカンが飾ってあるそうですが、これらのミカンは皮をナイフで切って中身を食べた後、接着剤で皮を元の丸い形にくっ付けて乾燥させ、中にLED電球を入れたもので、いわばみかんの皮がランプシェードになっているという寸法です。

 点灯されたミカンはうっすらとオレンジ色の光を放つ幻想的なイルミネーションになることから、今では「愛媛みかん」産地の冬の風物詩となっているそうです。


2012年11月5日月曜日

忘れられた英雄

 先週末は岐阜市の金華山に観光に行ってきました。山頂にある岐阜城にはロープウェイで行くことができ、空中からは岐阜のまちと、その中を蛇行して流れる長良川を見下ろすことができます。
 麓にある岐阜公園では菊の展示会が開かれており、園芸家自慢の美しい菊がたくさん展示されていました。菊人形というのは、はんわしは犬神家の一族とかを思い出して何だか美しいと思えないのですが、年配の方を中心にファンというか、マニアというかはけっこう多いようです。


 岐阜と言えば、PRに織田信長を使い倒していて、この菊人形も織田信長と森蘭丸でした。
 しかし、わしの目的は菊ではありません。この写真の右に写っている銅像の人物です。

2012年11月4日日曜日

伊勢市駅前は今、どんなふうになっているのか(その2)

 6月1日にこのブログで「伊勢市駅前は今、どんなふうになっているのか」という内容を書きました。(リンクはこちら
 この記事は今でも大変アクセス数が多く、たくさんの方が直接間接、関心を持っているようなので、11月4日時点の状況をアップしておきます。

2012年11月2日金曜日

尾鷲長期インターン第一期事業報告会に行ってみた

*****東紀州インターンシップ事業関係者以外は無視してください*****

 尾鷲商工会議所が、三重県からの受託事業として実施している 尾鷲商工会議所長期実践型インターンシップ・プログラムの、9月末までの成果報告会が開かれたので参加してきました。
 同会議所のホームページによれば、商工会議所という地域の経済団体が事務局となり、大学生の長期(最低1か月以上)インターンシップのコーディネートを行うこのプログラムは、全国の商工会議所でも初の取り組みとのこと。
 第一期生として、8月から5名の大学生を尾鷲市等にある中小企業に受け入れ、9月末時点で4人が終了し、現在は1名がインターンシップを実施中です。

 第一期事業報告会は3部構成で、第1部は事業概要の説明。第2部はインターンシップをしている大学生の体験報告と、受け入れ企業2社によるパネルディスカッション。第3部は過去に、尾鷲市を含めた三重県東紀州地域で長期インターンシップを経験し、その結果、IターンやUターンで就職した若者たち4名のプレゼンテーションでした。

2012年11月1日木曜日

彼はたぶん、本当に2000時間残業したのだと思う

 先日、埼玉県庁の職員が一年間で約2000時間の時間外勤務(残業)を行い、700万円もの時間外手当を受け取っていたことが報道されていました。
 このケースは、地方公務員業界にいないとわかりにくい部分があると思うのでわしなりに解説します。

2012年10月31日水曜日

東紀州みやげもの大人買いの旅(その2)

承前  東紀州みやげもの大人買いの旅(その1)

 熊野市から、佐田坂、矢ノ川峠を越えて尾鷲市へ北上。
 このころになると雨は止んでおり、熊野古道まつりが行われている三重県立熊野古道センターにちらっと寄りました。

2012年10月30日火曜日

東紀州みやげもの大人買いの旅(その1)

 先週土曜日、東紀州(三重県南部の、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の2市3町からなる地域)をドライブしてきました。特色ある産品の買い出し、大人買いが目的です。

 久しぶりの熊野速玉大社(和歌山県新宮市)でしたが、クルマが三重・和歌山県境の熊野川に接近したところで急に大雨となり、駐車場でしばらく雨宿り。
 小降りになってきたところで、急いで参拝しました。
 旅の安全(?)を祈願した後、いよいよメインの買い物ツアーになります。



2012年10月29日月曜日

(マニアック)Nスぺ メイドインジャパン のつづき

 NHKスペシャル メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ の第2回目を観ました。
 土曜日放映の1回目は、ソニーやシャープに代表される日本の大企業が苦境に 立っている様子とその原因を中心でしたが、2回目の昨夜は、その苦境をはねの け、新しいモノ作りに挑戦している企業が紹介されていました。 

 まず
1)三菱電機(海外に生産拠点を移す場合も、徹底した現地化を進めた事例)
2)ダイキン工業(オープンイノベーションの事例)
3)東レ(基礎的な研究開発を地道に継続した事例)
の3つが紹介されました。
 それぞれ素晴らしい取り組みなのは間違いありません。しかしいずれも、ある程度の量産規模、高度な知的財産戦略とノウハウの保有、基研研究を継続するための人材や資金、が必須であって、特に2と3は大企業で ないと難しい対策のようにも感じます。

2012年10月28日日曜日

(マニアック)Nスぺ メイドインジャパン 逆襲のシナリオ

昨日は熊野に行ってきました。出発する時は薄曇りだったのですが、午前11時ごろ、紀宝町に入ったあたりで大雨になってきてびっくり。
 あまり観光もできず、特産の南紀みかんなど地域資源関連商品を大人買いして帰っていました。(後日レビューします。)

 さて、そんでもって夜、帰ってきてからテレビを見ていたら、NHKスペシャルが「メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ」という内容を放映していました。

 前半はソニーのポータブル音楽プレーヤー、後半はシャープの液晶テレビに焦点を当て、世界最高品質で世界のシェアを独占していた日本の家電製品が、なぜ短期間のうちに韓国メーカーの後塵を拝する事態になってしまったのかを、当事者(ソニーの出井元社長など)の証言や、サムスンなどライバル企業の幹部の証言も織り交ぜて解明する内容で、なかなか興味深く、つい引き込まれて観てしまいました。

2012年10月26日金曜日

ぜいたくな悩み

携帯電話の充電器のコードがベッドまで届かない・・・
ソファが冷たくて座るとお尻が冷える・・・
トイレに入る時、携帯を持っていくのを忘れた・・・
洗濯機に洗濯物を入れっぱなしにしておいたらへんな臭いがする・・・

 毎日の生活を送る中で、ちょっとイラッとする小さな出来事や失敗はたくさんあります。

 しかし、そんな悩みすらない、いや、そもそも起こりえないような、物質的に貧しい生活を余儀なくされている人たちが、世界にはたくさんいます。




 発展途上国の飲料水確保に取り組む WATER is Life(WiL) が、活動への支援を呼びかける目的で公開した映像が反響を呼んでいるそうです。(CNN.co.jpの関連記事はこちらを)

 先進国のぜいたくな悩みを意味する「FirstWorldProblems」のハッシュタグ付きで投稿されたツイートを、世界の最貧国の一つであるハイチの住民がカメラに向かって語るというもの。

 ある意味でショッキングな映像です。

WATER is LIFE.com

2012年10月25日木曜日

伊賀の人には「舌が3枚ある」という話

三重県の歴史を紐解くと、大部分を占める旧伊勢国を中心に、志摩国、伊賀国および紀伊国の一部の旧4つの国が一つにまとめられて成り立っていることがわかります。
 県制が敷かれてから100年以上経つわけですが、いまだにこの4つの地域はそれぞれ強い個性があると言われています。

 中でも伊賀地域は、県庁がある津市、およびその周辺の伊勢平野とは布引山地などの山塊で隔絶しており、古来から中部と近畿の中間にある交通の要衝として独自の文化を育ててきました。

 今日は、この伊賀地域で事業を行っており、その分野では日本でも指折りの技術を持つニッチトップである中小企業の経営者と雑談する機会がありました。

 その社長の談によると、伊賀で生活するには「舌が3枚要る」とのことです。

2012年10月23日火曜日

近鉄の次世代新型特急「しまかぜ」シートに座ってみた

近鉄は新たに投入する次世代新型観光特急しまかぜが、来年3月21日から大阪難波~賢島間、近鉄名古屋~賢島間で1日1往復の運行を開始することを発表しました。

 平成25年は伊勢神宮で20年に一度の式年遷宮が行われますが、近鉄ではこの国民的崇敬行事に合わせ、伊勢志摩地域の活性化を推進する切り札として、今までにない「鉄道の旅」を提供し、乗ること自体が楽しみとなるような次世代新型観光特急車両(6両×2編成)を新たに製造し、運行することになったものです。

 先頭車は展望車両とするほか、全席を本革使用の3列プレミアムシート(1人掛け+2人掛け)とし、グループ席専用車両、カフェ車両も連結。
 しまかぜには乗客の出迎え、見送り、おしぼりや記念乗車証の配布などを行う専属のアテンダント4名が乗車するとのことで、近鉄特急としては約10年ぶりの復活となる食事や飲料の車内販売サービスも行われるそうです。

 このように力を入れている新型観光特急しまかぜをPRするためか、先日通りかかった近鉄名古屋駅構内では実物大のしまかぜのプレミアムシートを展示し、着席体験ができる「シート展示キャラバン」が行われていました。


2012年10月22日月曜日

渋谷ヒカリエに行ってきた

今年4月、東京・東急渋谷駅周辺の再開発事業の目玉の一つとしてオープンした複合商業施設、渋谷ヒカリエに遅ればせながら行ってきました。

 わしは渋谷自体に行くのが数年ぶりで、以前はここに東急文化会館があったと言われても全くわからないのですが、地上34階建て、直線を基調とした力強いデザインのヒカリエはひときわ威容を誇っています。

 このような最先端の場所が発信する商業文化、消費文化の情報は、またたくまに日本全国を席巻していきます。
 そして地方のショッピングセンターや個店ではエピゴーネンとしか表現しようがない、追随、模倣の店が数多く生まれていきます。

 わしが行ったのは平日、午後5時過ぎでしたが、主婦や学生といった客層から、仕事帰りのサラリーマン、OLに入れ替わる時間帯だったせいか、テレビで報道されているような大混雑はありませんでした。
 しかし、1人で、または2~3人のグループで、商品の値段、メーカーなどを品定めし、ぼそぼそと独り言を言い(ボイスメモ?)、什器の幅や高さ、ディスプレイの方法などを丹念にチェックしているのは、明らかにライバル店や地方から偵察に来たバイヤーなど商業関係者と思われます。

2012年10月21日日曜日

社長の片腕は大学生

10月19日付け日経ビジネスオンラインのコラム「記者の眼」に 社長の右腕は大学生 市場開拓、経営再建を担う若き英知 という記事が載っています。

 以前、わしが東紀州でお世話になった岐阜市のNPO法人G-netが取り上げられています。
 G-netは、通常の短期間の職場体験的なインターンシップではなく、学生が企業の経営者に弟子入りするような形で一定の期間、社員同様に仕事をし、企業は学生を戦力として活用するとともに、学生も社員以上の活躍を目指して努力する、というタイプの長期実践型インターンシップ「ホンキ系インターンシップ」を企画・運営しています。

 このことがコンパクトにまとめられていておすすめです。中小企業の活性化や若手人材の活用などに関心がある方はぜひご一読を。(日経ビジネスオンラインは無料ですが、読むためには事前の会員登録が必要です。)

NBOのリンクはこちらです。

沈没した後にこそ明るい未来が来る!?


  夏休みの読書のつもりで読んだのですが、レビューが遅くなりました。本書は8月末に刊行されましたが書店では今でも平積みされているロングセラーになっています。

 著者の藤巻健史氏はモルガン銀行等でカリスマディーラーとして活躍し、様々な著書もありますが、この本 日本大沈没 (幻冬舎) の内容は、このままでは日本経済の破滅は避けられないので、一般市民は国の破産や物価高騰(ハイパーインフレ)を前提として個人資産の防衛対策を講 じておくべきだという、ある意味で割り切った内容です。

 日本は失われた20年の間、借金を重ねて景気対策だの成長戦略だのに税金をバラまいてきました。しかし景気は一向に良くなりません。
 その理由を藤巻さんは、政府が円高に対して無策であったためと断じます。
 液晶テレビにしても、シャープやパナソニックがサムスンやLGに比べて消 費者のニーズに応えていないわけでは決してありません。ましてや品質が劣るわけでもありません。
 日本製品が韓国にシェアを奪われたのは、ひとえに円が実体経済より異常に高いから ~逆に言えば韓国は自国通貨安を誘導していているから~ です。つまり、日本企業は努力しているのにそれを帳消しにするほど競争環境が悪化しているからだというのが藤巻さんの主張です。


2012年10月20日土曜日

笑っちゃう話(ネタ)

 忘れそうなので、ネタとして一発。



伊勢古市「両口屋跡」の建物が解体へ

 今日は天気が良かったので、久しぶりに旧古市街道(伊勢神宮外宮と内宮を結ぶ街道で、江戸時代から明治時代にかけて芝居小屋や遊郭等が立ち並ぶ最大の繁華街だった場所)を散歩してきました。
 すると、なんと、旧両口屋旅館跡の巨大な建物がすっかり解体され、更地になってしまっているのに気が付きました。

 
 
 古市は大火や戦災によって、往時の繁栄をしのばせる建物はほとんど現存していません。
 ここにあった両口屋旅館は道路に沿って積み上げられた石垣の上に、長さ数十メートルにわたる木造の旅館建築が残っており、非常にシンボリックな建物だっただけに、青空がぽっかりと広がっているのが、何とも見慣れない光景で、ある種の空虚感を漂わせていました。
 

2012年10月19日金曜日

ロボットスーツHALは三重を変えるか

 鈴鹿市にある鈴鹿医療科学大学で行われた、医療福祉ロボットの研究で世界的に知られる筑波大学大学院教授 山海嘉之先生の講演会に行ってきました。
 この講演会は、今年7月に三重県が国の総合特区制度による「みえライフイノベーション総合特区」の指定を受け、同大学内にみえライフイノベーション推進センター地域拠点 MieLIP鈴鹿が開設されることを記念して開催されたものです。

 山海先生は長身で、トレードマークである長髪、色付きのメガネ姿で登場。独特の風貌ながら、語り口は平易で物腰も柔らかい方でした。このような謙虚さは、超一流の研究者やイノベーターには不思議と共通しているようです。
 しかしながら「科学技術は人々の生活に役立たなければ意味がない」という強い信念をお持ちで、もう20年も携わっているという医療用ロボットについて約80分、熱心にお話しいただきました。


 山海先生のチームが実用化を目指しているのは、HAL(Hybrid Assistive Limbの略称で、ハルと発音)と命名された、身体に装着することによって ~つまり、シャツやズボンのように「着る」ことによって~ 身体機能を拡張したり、増幅したりすることができるロボットスーツです。 
 

2012年10月17日水曜日

究極の産業観光「坑道探検in紀州鉱山」

 東紀州ほっとネット くまどこ によれば、今年8月に行われ参加者から大好評を得た体験イベント「坑道探検 in 紀州鉱山」の第2回目が、11月17日(土)に開催されるとのことです。
 今回は紀州鉱山を開拓した石原産業(株)のグループ会社である(株)石原鉱山 代表取締役 紀州事業所長の井手正靖さんを講師に、貴重なお話をうかがったあと、井手所長の案内で坑道を探検するとのこと。

 8月の坑道探検はセメントで固められたトンネル(隧道)を主に歩く内容でしたが、今回はその隧道から横に掘られている坑道(峰ひ=みねひ)も歩くとのことです。坑道マニアのみならず、アウトドア派のコアなマニアにとってもエキサイティングなイベントとなりそうです。
 この坑道体験は誰でも参加でき、参加費は大人1,000円で定員25名。申込締切は11月14日まで。また、当日は長靴、懐中電灯が必要だとのことです。

2012年10月16日火曜日

6次化ファンドとは何か?

 三重県ホームページによると、11月8日(木)14時~16時、津市の三重県総合文化センターにおいて農林漁業成長産業化ファンドセミナーが開催されるとのことです。
 この農林漁業成長産業化ファンドは6次化ファンドとも呼ばれ、農林漁業者が食品加工や流通などの、いわゆる「6次産業」に進出することを支援するため、国や民間の資金を活用して造成される基金のことです。(基金の運営は、国策会社である株式会社農林漁業成長産業化支援機構が行います。)

 「ファンド」というのは、三重県にはたとえば「みえ地域コミュニティ応援ファンド」とかよく似た名前のものがすでに色々あるので混同しそうですが、この6次化ファンドは補助金や助成金ではなく、純粋な出資金であって、農林水産業者と商工業者が合弁で企業を設立した場合に、その会社の株式を購入するなどの方法によって出資されるものです。

 補助金や助成金は基本的に1回限り、それも事業のスタートアップとか新商品開発とか対象が限定されています。なので、事業が順調に推移し、日々の業務に必要となる運転資金には使うことができません。
 しかし出資の場合は資本金に組み入れられるため、会社の財務基盤がしっかりしているということで金融機関からの運転資金の借入等もやりやすくなることが予想されます。

 では、このファンド、具体的にどのような6次化ビジネスを出資の対象と想定しているのでしょうか?

2012年10月15日月曜日

エボニック四日市工場閉鎖(まとめ)

 中日新聞が10月13日付けの紙面で、ドイツ系化学メーカー「エボニック・モノシラン・ジャパン」(東京都)が、液晶パネルや半導体、太陽電池などの製造に使う工業用ガス「モノシラン」を製造するために昨年建設した四日市工場を閉鎖することを決定したと報じています。
 これに先立って、四日市工場をエボニック社と合弁で建設し、ここからガスの供給を受けることになっていた工業用ガス最大手の大陽日酸(株)は市況の低迷によりモノシラン事業から撤退することを公表しています。

 以下、大陽日酸及びエボニック・モノシラン・ジャパン(エボニック・デグサ・ジャパン)のホームページで公表された項目を備忘録として転載しておきます。

2012年10月14日日曜日

おかげ横丁「恵みの市」と外宮奉納市に行ってみた

 早いもので10月も半ばにさしかかりました。この時期は、全国各地の神社で秋の収穫を神様に感謝する祭が開催されますが、伊勢神宮でも新嘗祭(にいなめさい)という、新穀を神前に奉納するお祭りが催行されます。(くわしくはこちらを)

 その神嘗祭にあやかって、内宮(ないくう)、外宮(げくう)ともに門前で産物市が開催されていましたので行ってきました。

 まずは内宮前にあるテーマパーク おかげ横丁 で開催されている恵みの市をのぞいてみました。朝10時には赤福本店前を中心にすでに大変な人出で、おかげ横丁正面から太鼓楼に続く石畳のメインストリートにはムシロ掛けの見世棚がずらりと並んでいました。


 写真左端の店は、三重県紀宝町にある天然醸造酢の蔵元 みふね酢 のお店です。
  木桶を使った静置発酵法で作る醸造酢のほか、今風の飲める酢などがたくさん陳列されていました。お客さんも多く、しっかり頑張っている感じでした。
 

2012年10月11日木曜日

(株)ナチュラル・リソースの取り組み


 たまたま(株)アーリー・バードのホームページを見ていて、三重県大紀町にある(株)ナチュラル・リソースというコミュニティビジネス企業のことが朝日新聞に取り上げられていたのを知りました。

 9月19日付け朝刊記事の内容は、今年度、三重県が実施する、ニートやフリーターの若者の社会復帰を後押しする事業を、(株)ナチュラル・リソースや伊勢市のNPOが受託したというものです。

 この(株)ナチュラル・リソース。
 代表取締役である長谷川さんは、以前わしが県庁時代に関わった「MIE-OJT事業」の受講生だった方です。

 MIE-OJT事業とは厚生労働省の緊急雇用創出事業を活用した、若年未就業者の就業促進を目的とする半年間のプログラムです。前半3か月間はビジネスマナーや自己啓発、パソコン研修などを行い、残りの3か月間は三重県内の中小企業でインターン研修を行って実務経験を積み、就職の支援をする内容でした。