2016年5月31日火曜日

ヒロシマ・ナガサキ原爆展に行ってみた

 広島市と長崎市の主催により、伊勢市観光文化会館で開催されていた ヒロシマ・ナガサキ原爆展 に行ってきました。
 G7先進国首脳会議が5月に三重県で開催されることに合わせ、国内外の報道関係者が集まる国際メディアセンターが伊勢市に設置されたことから、核兵器の廃絶と世界平和を広く訴える目的で開催されたものです。
 初日の5月22日には松井一実広島市長と田上富久長崎市長も来場して各国首脳らの来場を呼びかけ、実際に25日にはEUの高官(ドミニク・ジョルジュ・マロ欧州理事会儀典長なる人物らの一行)も見学したとのこと。
 オバマ米大統領の歴史的な広島訪問によって、核兵器廃絶への関心が高まっているようですが、この日も老若男女、多くの見学者が訪れていました。
 原爆展では、原爆の熱線で焼けた子供用の三輪車や、溶けて変形したガラス瓶、表面が1800℃もの高熱によって一瞬で溶け、沸騰した跡が残る瓦、ぼろぼろになった被爆者の衣服、など広島と長崎の被爆資料24点が展示されていました。

2016年5月30日月曜日

全国の皆さん、ありがとう

 週末、実家へ帰っていたのですが、1週間前は町じゅうに溢れかえっていた警察官の姿がすっかりなくなっていました。
 駅のコンコースやホーム、大きな交差点、観光施設などには必ず制服の警官が数名配置されて警戒に当たっていましたし、ショッピングセンターとかコンビニには非番と思われる警官が、私服姿で数名グループになってたむろしている光景をよく見かけました。
 あと、これも住民の多くは最初は驚き、次第に見慣れた光景になっていましたが、これも非番の機動隊関係者かとおもいますが、道路という道路で、一人、二人、数名のグループなどさまざまながら、ジョギングというかランニングをしているのも非常によく見かけました。わしも一番多く見た日で、のべ100名くらいは走っているのを見かけました。
 鳥羽、志摩は地方都市のご多分に漏れず住民の高齢化が進んでいます。そもそも20代、30代の若い男性が決して多くないし、ましてやこんなに健康的(?)に汗を流している姿など普段はまったく見かけないので、早朝から深夜まで、若い人が走っている光景は、いかにも大きなイベントが迫ってきている、という感じでした。(しかし、今思うと女性の警官が走っているのはまったく見ませんでした。)

2016年5月28日土曜日

宴は終わった、さあ働こう

 三重県志摩市を舞台としたG7主要国首脳会議が終了しました。
 ネットを見る限り、ニューヨークタイムスとかCNNといった海外のニュースサイトにおける通称「伊勢志摩サミット」の扱いは意外なほど小さなものでした。
 これは国内でも報じられているようにG7での経済財政政策やテロ対策などに関する合意が玉虫色で、内容に目ぼしいものがほとんどなかったことが原因でしょうし、何といっても世界史が大きく動く一コマを世界中が目撃したと言ってよい、オバマ大統領の広島訪問のインパクトがあまりに大きかったことも一因でしょう。
 抽象的すぎるなどという批判はあるにせよ、オバマ大統領が行った核兵器廃絶に向けた演説は感動的なものでした。また、これにまつわる多くの被爆者や関係者の発言も、世界平和に向けた揺るぎない決意と、それを想起させる「ヒロシマ」という都市のストーリーを世界に力強く印象付けました。

2016年5月26日木曜日

熊野を贈る2016サマーギフト

 熊野市ふるさと振興公社から、
熊野を贈る2016 Summer Gift 
というカタログが届きました。

 熊野市ふるさと振興公社は、世界遺産にも認定されている丸山千枚田の保全業務とか、入鹿温泉「瀞流荘」や湯ノ口温泉などの施設運営等の観光サービス業務、そして熊野地鶏などの農畜産物の生産・加工・販売業務を行っている一般社団法人で、理事長には河上熊野市長が就任しています。

 いわば、熊野市内の特産品の地域総合商社的な位置づけであり、公社が生産・加工している、紀和の梅干し、香酸かんきつの「新姫」(にいひめ)、熊野地鶏、紀和みそなどをパッケージにして販売する「熊野を贈る」シリーズは、もう数年続いていると思います。消費者から一定の評価を受けているということなのでしょう。
 夏を感じさせる熊野大花火大会の美しい写真が印刷されたカタログは、ついつい手に取ってみてしまう魅力があります。

 紹介されている商品については、熊野市ふるさと振興公社のホームページでも見ることができるようなので、関心がある向きはぜひそちらをご覧ください。

2016年5月25日水曜日

伊賀・津・松阪・鳥羽 四城郭めぐり

 どこでだか忘れたのですが、伊賀・津・松阪・鳥羽 城郭めぐり というスタンプラリーのパンフレットを入手しました。
 このスタンプラリーは、津市と松阪市、鳥羽市、伊賀上野の4市の観光協会が連携して2月から行っているもので、12月末までにこの4つの城(城跡)を回ってスタンプを集めると、500名に特製の城郭バッジがプレゼントされるとのことです。(ただし先着順なので、500名に達した時点でプレゼントは終了となります。)

 この4つの城はそれぞれ個性的で、築城された経緯とか、建築に凝らされた工夫などはなかなか興味深いものです。犬山城や彦根城といった国宝級の超有名城郭ほどではありませんが、身近な郷土のお城を訪ねてみるきっかけに、このスタンプラリーに参加されてはどうでしょうか。
 
 この4つのうち、伊賀上野城と津城(安濃津城)は共に藤堂高虎の手になるという共通点があります。伊賀上野城は豊臣と徳川が拮抗し一触即発の状況であった慶長年間に、戦の最前線になることを想定して大改修された ~高さ30mもの本丸石垣は当時の土木技術の限界に近かった~ 歴史を持っています。

2016年5月24日火曜日

伊勢神宮は軍国主義か

 言論プラットフォーム アゴラ に、池田信夫さんによる 安倍首相は「神道の国教化」を図っている? という投稿がありました。(5月23日付け)
 G7主要国首脳会議に関連して、TheEconomistに「極右思想を持つ安倍首相が、各国首脳を軍国主義を象徴する伊勢神宮に招いている」として安倍政権を批判する記事が掲載されていることを差して、この記事は内容に基本的な間違いが多く、安倍首相が神道を国教化を狙っているといった荒唐無稽なものにもかかわらずEconomistのような高級紙がこんな論評をして、世界の指導者にこれが読まれるのは困ったものであって、「政府は今回のサミットを機会にこういう誤解を正し、日本の多様な文化を世界に伝えるべきだ。」と主張されます。
 わしも安倍首相の政治的な主張や立ち位置はともかくとして、伊勢神宮を政治利用しているようには見えませんが、日本人特有のあいまいな宗教観は世界からは誤解を招きやすく、というか、はっきり言えば、理解されないものであって、さまざまな憶測と疑心暗鬼を呼び、結果的には日本の国益とならない事態が生じる可能性があることは、しっかり認識しておくべきと思います。
 ただ、池田さんがEconomist記事の、内容の間違いと指摘している事項のいくつかは正確な指摘ではありません。僭越ですが補足しておきます。(かと言って、Economistの記事が正しいと言っているわけではありませんの誤解なきよう。)

2016年5月23日月曜日

道の駅 津かわげ に行ってみた

 4月24日にオープンした、道の駅 津かわげ に行ってきました。
 日本の47都道府県の県庁所在地の中で間違いなく一番地味な津市ですが、その理由の大きな一つは、都市活力の源泉である繁華街や商店街、つまり中心市街地が分散していて、まちの核に当たるような集積 ~空間的なエリアや、施設、建物~ が存在しないことです。
 この現実は、土地柄と住民気質を本当によく反映していて、まさに津市は、やはり同じように突出した巨大都市がなくて、都市構造が均等な三重県の縮図だといえます。その結果どうなるかというと、人為的に核を作ろうとする作業を、市民のニーズのもとに市行政が推し進める政策が市是となります。

 家屋が密集する場所から遠く離れた、国道23号の中勢(ちゅうせい)バイパスと、国道306号が交差する、まあ、山の中と言っていいロケーションに道の駅が建てられたのも、その延長上と考えると理由は納得できます。
 まあ、それはさておき。
 意外にもというか、お客(クルマ)が多くて賑わっていたのと、海のものも山のものも揃う、というキャッチフレーズに違わず、品揃えが非常に豊富で安く、楽しめる施設だったのでメモしておきます。

2016年5月22日日曜日

ぼんやりした不安×ぼんやりした不思議

 未来が予知できない以上、誰であっても先行きに不安は感じるものです。特に19世紀以降の科学技術の進歩は、人類の肉体や感情の進化、日常の生活様式の変化よりも何十倍も速いスピードのため、たとえばスマホのコミュニケーションアプリのように短期間に普及した技術については、どうしても人々の間にスキルのギャップとか世代のギャップとかを生じさせます。
 こういうことは理屈としては理解はできるのですが、実際に、身近に不可解としか言いようのない ~その多くには良くも悪くもSNSが関わっている ~ が起きると、あらためて「いったい、わしが住む町は、そして日本は、世界はどうなっていくのだろう?」とぼんやりと心配にならざるを得ません。
 たとえば、昨年9月に起こった高3女子が殺害された事件は、犯人として逮捕された同級生の男子生徒が、被害者から「死にたい」と依頼されて行った嘱託殺人であったようです。
 多感な十代が自殺願望を持つのは特別に異常なことではないと思いますが、それを実際にやってしまうことは異常であって、そこに至る細かい経緯は子供を持つ一般市民にとっても高い関心があるのではないでしょうか。

2016年5月19日木曜日

尾鷲コツまみバルに行きたしと思えど

 平成28年5月21日(土)の正午から24時まで、 第4回尾鷲コツまみバル が開催されます。
尾鷲まるごと観光物産WEBより
 バルとはスペイン語で「居酒屋」の意味だそうで、あらかじめ5枚つづりのバルチケットを購入し、尾鷲の市街地にある飲食店や居酒屋、喫茶店など51店舗で、旬の食材を使ったワンフードとワンドリンクを、食べ歩き、飲み歩きできるというイベントです。
 この手のイベントは「まちバル」と呼ばれるもので、全国各地で中心市街地の賑わい創出のためのイベントなどとして催されていますが、尾鷲コツまみバルは今回で4回目の開催と定着してきており、しかも加盟している飲食店が尾鷲市外の紀北町エリアまで広がっていることが特徴のようです。
 前売り券(3000円)の販売は4月末から始まっていますが売れ行きが好調で、当日までに完売する見通しとのことです。(3500円と割高にはなりますが、当日券も販売されるそうです。)
 前面は熊野灘に面して複雑に入り組んだリアス式の海岸を持ち、背後は急峻な大台ケ原に連なる山々が控える尾鷲は、まさに海山の食の幸の宝庫であり、非常に楽しめる、かつおトク感に満ち満ちたイベントになることと思います。
 わしも行きたいのはやまやまですが、残念ながらこの日は予定があって参加できません。
 くやしいので、ぜひ次回から考えてもらいたいことを提言して退散することにします。

2016年5月18日水曜日

mogcookがカラーミーショップ新人賞

 ネットショップ運営大手 カラーミーショップ が選出している「カラーミーショップ大賞2016」の特別賞(新人賞)に、
三重県紀北町にある
mogcook(モグック)
が選出されました。

 mogcookがある紀北町は熊野灘に面した漁業が盛んな地域です。
 ここで、赤ちゃんの離乳食用の食材として、食べやすく加工した魚や離乳食の宅配を行っているお店であり、平成26年から事業がスタートしました。
 子供の食生活に関心があるものの、調理に手間がかかる魚を敬遠しがちだったママさんたちの絶大な支持を受け、昨年には「第9回キッズデザイン賞 子どもたちを産み育てやすいデザイン部門賞」を受賞している人気店でもあります。

■mogcook   http://mogcook.com/

■カラーミーショップ大賞2016   https://award.shop-pro.jp/2016

2016年5月17日火曜日

社長に大事なのは素質か、努力か

【読感】町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争 諏訪貴子著 (日経BP社)

 この本の著者であるダイヤ精機(株)社長の諏訪貴子さんが、日本の製造業中小企業の経営者代表といった立場でマスコミに登場するのはよくお見かけしていたのですが、その時は ~何となくですが~ どこかの大手家具チェーン店の女性社長のように、一流大学を出て、外資系だかの大手企業に勤務し、機が熟したので親が創業した企業に二代目として就任したヒトなのではないか?といったような印象を持っていました。
 しかし、この本によると、諏訪さんが社長を引き継いだきっかけは、ある日、前社長である父親が体調を崩して緊急入院し、その日のうちに「余命四日間」と医者から宣告されたことがきっかけだったそうです。まったく青天の霹靂の不幸な出来事から諏訪さんの運命が大きく変わったのです。
 従業員30名ほどの小規模企業では、製造から営業から経理から、あらゆることを社長が一人で仕切っているケースがほとんどです。とにかく当座をしのぐために、誰かが会社の跡を継がなくてはならない、そこで、父親から可愛がられ、頼りにもされていた ~しかしこの時点で専業主婦であった~ 次女の諏訪さんに白羽の矢が立ったということだったのです。

2016年5月16日月曜日

尾鷲まるごとヤーヤ便が募集を開始

 春夏秋冬の年4回、尾鷲の旬の特産品が届けられる頒布会
 尾鷲まるごとヤーヤ便 
の今年度の申し込みが始まりました。
 料金は26,800円なので、一回あたりでは6,700円ということになります。
 わしの家に届いたパンフレットによると、送られてくる内容はこんな感じのようです。

夏便(7~8月) 尾鷲のマグロとカツオを食べつくせ!!
・マグロ(とろびんちょう)ブロック 200~300g
・炭火焼かつおタタキ 250~300g
・海鮮ごはん(タコ飯、鯛おこわ)
・良栄丸まぐろ漬け丼の素
・かつお生節
 など全10アイテム

2016年5月15日日曜日

「市民の伊勢志摩サミット」直前学習会に行ってみた

 5月23日と24日の両日に、四日市市で開催される 市民の伊勢志摩サミット に向けた直前学習会が実施され、誰でも無料で参加できるとのことだったので行ってみました。
 市民の伊勢志摩サミットとは、5月26~27日に三重県で行われるG7主要国首脳会議に合わせて、日本内外のNGO、NPOが連携して、力強い市民社会の形成をめざし、地域課題や国際的な課題をテーマとした提言作りや情報の発信を目的に行われるものです。
 主催は、2016年G7サミット市民社会プラットフォームなる市民団体と、東海「市民サミット」ネットワークなる市民団体。いま三重県内に溢れている「サミットを応援する」ための官製イベントとは一線を画しています。
 そのためか内容も硬派で、各国首脳を笑顔と花でおもてなししよう、などといったくだらない内容は一切ありません。市民の伊勢志摩サミットでの主内容となる、シリア難民や食糧安全保障、災害、子ども、環境、グローバリゼーションと健康、気候変動・生物多様性・防災、平和、教育、などといった16のテーマによる分科会の紹介や、最後に採択される予定の「市民宣言」の原案紹介などがありました。
 中でも、名古屋NGOセンターの西井理事長による「G7伊勢志摩サミットで何が話されるのか」という講話は面白かったので、簡単にメモしておきます。

2016年5月13日金曜日

三重県総合博物館「伊勢志摩企画展」に行ってみた

 津市にある三重県総合博物館で、伊勢志摩~常世の浪の重浪よする国へ、いざNOW!~ と題した企画展が開催されているので行ってみました。
 この企画展は、G7主要国首脳会議(通称伊勢志摩サミット)の開催と、伊勢志摩国立公園指定70周年を記念したもので、伊勢志摩地域の魅力を、人・モノ・文化の交流や信仰を切り口に紹介するとともに、豊かな里海を再生する取組を通じて伊勢志摩のこれからを考るという趣旨だとのことです。

 三重県総合博物館の特長というか、クセと言っていいと思いますが、土器や石器から、書籍や文書、仏像、神像、鏡、浮世絵、明治以降の観光指南書や絵はがき、ポスターなど、色々な時代の色々な文物がてんこ盛りに展示されていて、良く言えば800円の入館料でたくさん見られてお得だし、悪く言えば統一感というか一貫した哲学があまり感じられない、史料のごった煮的な展示でした。
 それはともかく。
 わしのお目当ては、三重県に60年ぶりに里帰りしたという木造妙見菩薩立像(重要文化財)でした。

2016年5月12日木曜日

伊勢志摩はこの程度では盛り上がらない件

 地元ではいま一つ、盛り上がりにかけているG7主要国首脳会議(通称伊勢志摩サミット)ですが、オバマ大統領による広島訪問の決定と、パナマ文書によってタックスヘイブンを使った課税回避への批判が強まってきたことで、ここに来てようやく世間の耳目が集まってきたように感じます。 

 先月末の共同通信社による志摩市民アンケートの結果では、サミットについて「盛り上がっていない」と回答した人が、何と半数以上にのぼりました。しかし、はばかりながら、このことはわしが以前このブログでとっくの昔に指摘していたことです。
 一方で、5月11日付けの中日新聞によると、伊勢市の商店街が主催した商店主向けのセミナーで、講師のブランド総研なるコンサル会社の社長が、「地元が盛り上がっておらず、おもてなしの精神が伝わってこない」などとコメントをしたそうです。
 こうした残念な人々が、なぜこのような勘違いをするのかは、地元住民以外にはわかりにくいことかもしれませんので、ごく簡単に説明しておきましょう。

2016年5月11日水曜日

まず生活の質を守ること

 朝日新聞などによると、住宅街などにある道幅の狭い「生活道路」での事故を減らすため、警察庁は小型の速度違反自動取り締まり装置(オービス)の運用を埼玉、岐阜の両県で始めたとのことです。
 生活道路は、道幅が狭いため違反車両を止める場所がなく、警察官による取り締まりが難しかったのですが、オービスの導入によりその場で違反車両を止める必要がなくなります。警察庁は効果や課題を検証し、全国への普及につなげていきたい考えとのことです。
 わしは知らなかったのですが、すでに岐阜県大垣市などでは試験運用が始まっており、設置の様子がYoutubeにアップされています。


2016年5月10日火曜日

地域再生はなぜ失敗の連続なのか(その2)

【読感】地域再生の失敗学 飯田泰之ほか著 光文社新書

 5つの章からなる本書「地域再生の失敗学」からもう一つ紹介したいのは、東洋大学経済学部教授の川崎一泰氏による「官民連携の新しい戦略」という章です。マニアックな内容になりますのでご容赦ください。

 日本の政府は国債残高が1兆円を超える危機的な財政状況です。また、同じように地方自治体も財政が厳しいことは多くの方がご存知でしょう。今までは国と地方の財政上の関係は、多額の納税をする大企業が集まる東京などの都市部から国が税金を集めて、それを補助金や地方交付税として全国の(大都市部以外の)自治体に分配するイメージでした。つまり、国を通じて東京-地方間での財政均衡化(地域間移転)が図られていたのです。
 しかしバブル期以降は、国・地方とも税収入よりも支出が恒常的に上回るようになり、財政の形も「地域間移転」から、国債・地方債という借金に依存する、つまり財政のツケを将来の子孫に回す「世代間移転」に変化してきます。
 ここで誰もが疑問に思うであろうことは、ではなぜわれわれは自らの負担を増やすという選択、つまり増税をする決断ができないのか?ということでしょう。


2016年5月9日月曜日

地域再生はなぜ失敗の連続なのか(その1)

【読感】地域再生の失敗学 飯田泰之ほか著 光文社新書

 地方創生に関しては、現在さまざまな本が出版されており、毎日のように新刊が出ている印象すら受けます。そのすべてを読むことなど常人にはできないし、その必要もないと思いますが、この本は間違いなく読む価値ある一冊です。
 その理由は、議論の目線の高さがちょうどいいことと、地方創生は論点が多岐にわたる中でそれぞれの分野の第一人者がわかりやすく語っており、そして著者の飯田氏がうまく話を引き出していていろいろな角度から核心に迫ることができることです。
 地域の再生とは、何となくぼんやりとはイメージできますが、本書では「地域の平均所得が向上すること」と定義した上で議論が進みます。もちろん所得向上が地域再生とイコールではないし、文化の伝承やコミュニティの維持も重要ファクターです。しかし所得が向上しなければ地域を維持していくことすら難しくなります。このため、すでに1960年代から地域経済の活性化は大きな政治課題でしたし、実際に、農山漁村振興、過疎地・離島振興、商店街振興、ふるさと創生などなど、国や自治体はたくさんの対策を講じてきました。
 しかし、これらは全体としてみれば結果的に失敗であり、これら官製の振興策が目指してきたものと、地域が求めている経済振興策も大きく異なってきているのが実情です。

2016年5月8日日曜日

問題の本質は「何人か」ではない

三重県移住・交流ポータルサイトより
 平成27年度における三重県の「空き家バンク」の成約数が79件となり,、前年度に比べて3倍も増えたほか、三重県外からの移住者も124人に上ったことが各紙で報じられています。(たとえばYOMIURI ONLINEはこちら
 中部経済新聞によると、空き家バンクとは「空き家を売却もしくは貸したい所有者」と「空き家を購入もしくは借りたい定住希望者」を結びつけるために、行政が地域の不動産事業者と情報を共有して取り組む制度であり、要するに、Iターン・Uターン希望者に対して地域の自治体がふさわしい空き家を紹介し、不動産業者が家主、移住者双方への生活上のアドバイスも含めて売買や賃貸借の斡旋をする、という制度のことです。
 三重県内には29の市町があります(はんわし注:三重県には村はないため)が、このうち18の市町が空き家バンクを活用しており、なかでも高齢化率が高い熊野市や尾鷲市など県南部の市町が積極的であり、空き家バンクの成約も7割は県南部が占めているとのことです。(4月28日付け)

*空き家バンクがあるのは、いなべ市、東員町、四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市(美杉地域)、松阪市(飯南・飯高地域)、多気町、大台町、鳥羽市、志摩市、南伊勢町、大紀町、尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町の10市8町

2016年5月5日木曜日

梶賀のあぶり真空パックをばらしてみた

 三重県尾鷲市にある小さな漁村である梶賀町(かじかちょう)が注目されています。
 尾鷲特有のリアス式海岸の先端部にあって、高度成長期以前、第一次産業が主力産業であった時代には、ここは漁場が目と鼻の先にある圧倒的な競争力を持つロケーションだったわけですが、今となっては市街地から遠く離れた地理条件が裏目になり、戸数は約100戸、人口は170人余りにまで減少しています。
 しかしここ梶賀町には、100年以上前から保存食として地域に伝わる「あぶり」という郷土食があります。数年前から地元のお母ちゃんグループが、それまで梶賀町以外に広く知られることがなかったあぶりを特産品として地域外に広く売り出すべく真空パック化し、「梶賀のあぶり」として商品化したところ、これがブレークし、今では尾鷲市を代表する地域特産品となっています。
 わしも尾鷲に行くと時々あぶりを購入していますが、正直、一般的にはまだまだあぶりは知られておらず、梶賀町だけで作られる小魚の燻製だの、手間暇かけた完全手づくり商品だのと聞いても、いまいちピンとこない方は多いと思います。
 そこで、いったいどんなふうな商品なのか、どんな味なのか、バラいてみた様子をご紹介しましょう。

2016年5月2日月曜日

伊勢市で広島・長崎原爆展が

 広島市と長崎市は、今月末に三重県志摩市で開催されるG7主要国首脳会議(通称伊勢志摩サミット)に合わせて、22~29日の館、会場に隣接する伊勢市で「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」を開催すると発表しました。

 サミット参加者に対して原爆の悲惨さをアピールし、核兵器廃絶を働き掛けることを目的としており、被爆した生徒の学生服や水筒、時計などの資料・レプリカ24点のほか、写真や解説文で原爆被害の実態を伝えるとともに、28日には広島で被爆した山本定男さん(広島市在住)が当時の状況を証言するそうです。

 広島市は平成12年九州・沖縄サミットの際は沖縄県糸満市で、20年の洞爺湖サミットでは札幌市で原爆展を開いており、伊勢志摩サミットでの開催も今年1月に公表していました。
 過去2回の原爆展には、どの参加国・機関の首脳も来場したことはないそうであり、アメリカのオバマ大統領が広島市訪問を具体的に検討していると伝えられる中、核廃絶への各国首脳の対応が伊勢志摩サミットの大きな焦点の一つとして世界の注目が集まりそうです。